FC2ブログ

プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 日本マスコミ文化情報労組会議(通称MIC。構成団体:新聞労連、全印総連、民放労連、出版労連、映演共闘、映演労連、広告労協、音楽ユニオン、電算労)は、3月14日18:45~より「FIGHT FOR TRUTH!私たちの知る権利を守る3.14首相官邸前行動」を実施します。

  MIC声明(2月18日)
辺野古の海を土砂で埋めるな! サンゴを壊すな!3.11横浜集会

 沖縄の民意を踏みにじり、辺野古の海に土砂が投入され続ける。沖縄県の再三にわたる行政指導、いくつもの法手続きを無視して、米軍基地建設のために、生物多様性に富んだサンゴの海が壊されていく。こんな無法が、なぜ許されるのか!
  集会では、二月二四日に予定されている「県民投票」直 後の沖縄現地から、報告と問題提起を受ける。またサン ゴの生物学者が、政府・防衛省の「環境保護対策」のウソを暴く。多くの参加を!

日時 3月11日(月)18時半から
会場 横浜市開港記念会館2階6号会議室
最寄り駅 JR関内駅南口10分 みなとみらい線日本大通り駅1番出口1分

お話 ①沖縄からの訴え 高里鈴代さん(オール沖縄会議共同代表、基地・軍隊を許さない行動する女たちの会共同代表)
   辺野古のサンゴは今 大久保奈弥さん(東京経済大学経済学部准教授、サンゴ等海洋生物研究)

資料代 800円
主催 島ぐるみ会議と神奈川を結ぶ会
    代表世話人 仲宗根保(鶴見沖縄県人会元幹事長)  高梨晃嘉(元横浜市議)
後援 神奈川平和運動センター
    基地撤去をめざす県央共闘会議
連絡 090-4822-4798深沢(沖縄講座@横浜)

沖縄講座Ⅱ
チラシ 
 JCJ機関紙2019年2月号に、神奈川支部例会の記事を載せました。

 天皇代替わり儀式「政教分離」に違反
 象徴天皇制どう運用
 神奈川支部例会で豊編集委員講演
 国民の問題 もっと議論を
 
 神奈川支部は2月9日、横浜市・中区で例会「天皇の代替わりと憲法~国民主権・象徴天皇制・政教分離を考える」を開いた。朝日新聞編集委員の豊秀一氏が講演した。
 豊氏は昭和から平成への代替わりを取材した経験があり、前回は自粛ムードの一方で、天皇の戦争責任を考える集会などもあったが、今回は殆ど議論されていないと指摘した。
 そうした中、昨年11月に秋篠宮が天皇家の行事である「大嘗祭」について、内廷費の範囲で行うよう意見を述べたことは、政教分離の本質を突くもので、一報を聞いた社会部内では驚きの声が上がったという。
 一方、政府は前回の例を踏襲するとし、憲法との関係の検討は全くされていない。

 大嘗祭に公費支出
 豊氏は戦後に政教分離の原則が導入された背景として、戦前の国家神道について説明し、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の神道指令が皇室祭祀については何も触れていない点を指摘した。
 政府は大嘗祭に公費を支出する理由として、皇位の世襲制をとる憲法下で、国が儀式に深い関心を持つのは当然で大嘗祭は公的性格があるとしている。しかし豊氏は現代の大嘗祭の形式の多くが明治に作られたものであることを明らかにした。
 豊氏は即位の礼についても説明した。前回の代替わりの時は、三種の神器を継承する「剣璽等継承の儀」で政教分離違反にならないために、天皇の印章である御璽と国璽を並べて継承する形式が考案された。果たしてそれで宗教性が拭えるのか。
 「即位礼正殿の儀」についても、天皇が高御座に上ることを、大阪高裁判決は「天孫降臨の神話を具象化したものして、政教分離規定に違反する疑いを否定できない」と指摘しており、即位の礼の宗教性は否定しがたい。
 
 右派主導の元号法
 天皇が替わるごとに元号を替える一世一元制については、1950年2月に参議院法務委員会で、憲法の精神から見て妥当なのか調査したことがある。NHK会長や神社本庁やキリスト教の関係者等ほかにJCJの初代議長・吉野源三郎氏も意見を述べた。
 その後、人々が天皇の治世に結び付けて物事を記憶することは国民統合のために重要との考えから、右派が元号法制定運動を起こした。今の日本会議の淵源といえる。
 豊氏は憲法第1条には国民主権と象徴天皇制が併存しているという。憲法制定過程で日本側が条文に国民主権を入れることを渋った経過がある。本来は個別の法律名が書かれることはない憲法に、法律である「皇室典範」という名称が憲法第2条、第5条にもあり、支配層が戦前との連続性に腐心したとうかがえる。
 豊氏は大日本帝国憲法下、条文は一文字も変わらなかったが、大正デモクラシーも軍国主義も出てきたと述べ、象徴天皇制をどう運用するのかは我々国民の問題だと指摘した。
 講演の後は質疑応答。参加者からマスコミには天皇タブーがあるのではないか、など活発な意見が出された。
 参加者は28人。
   保坂義久





 2月24日、文京区民センターで開かれた「3・1朝鮮独立運動100周年 2・24東京集会」に行きました。
 3・1独立運動については、名前を知っているだけで詳しいことを知らなかったのですが、最初に上映された映像「植民地支配に抗って—3・1独立運動」に、簡潔にまとめられていました。
 集会は韓国からのゲストの報告を含め盛りだくさんの内容でしたが、もっとも感じ入ったのはプログラムに載っていた「宣言書」、100年前の1919年3月1日に出された宣言の文章です。

 途中から抜き書きします。

 日本は、朝鮮との開国の条約を丙子年〔1876年〕に結び、その後も様々な条約を結んだが、そこに書かれた約束〔朝鮮を自主独立の国にすることなど〕を破ってきた。しかし、そのことをわたしたちは、いま非難しようとは思わない。日本の学者たちは学校の授業で学生を前にして、政治家は演説や会議の場で、わたしたちが先祖代々受け継ぎ行ってきた仕事や生活を遅れたものと馬鹿にし、わたしたちのことを、文化を持たない民族のように扱おうとしている。彼らは征服者の位置にいることを楽しみ喜んでいる。わたしたちは、彼らが、わたしたちの作り上げてきた社会の基礎とこれまで大切に受け継いできた民族の大切な歴史や文化の財産とを、馬鹿にして見下しているからといって、そのことを責めようとはしない。わたしたちは、自分たち自身をはげまし、自分たち自身を立派で確かな存在にしていこうとしていることに忙しいのであって、ほかの人をあれこれ恨む暇はない。いま、わたしたちが行わなければならないのは、よりよい自分を作り上げていくことだけである。他人を怖がらせたり、攻撃したりするのではなしに、自ら信じるところにしたがって、わたしたちは自分たち自身の新しい運命を切り開こうと「しているのである。 (後略)

 
 文章の主意としては冒頭の「わたしたちは、わたしたちの国である朝鮮国が独立国であること、また朝鮮人が自由な人間であることを宣言する」という文が重要でしょう。また宣言を出した人々の思想がうかがえる点では次の段落の「このことは、これは自然にあるべき秩序としての天が命じることであり、時代の動きにしたがうものである。また、すべての人類がともに生きていく権利のための活動である。たとえ神であっても、これをやめさせることはできない。私たち朝鮮人は、時代遅れとなっていたはずの侵略主義や強権主義のせいで、他の民族の支配を受けるというこれまでにない経験をすることになった。・・・・・・」という部分に注目すべきでしょうが、3・1独立運動の非暴力主義的性格をうかがわせる部分だと思います。


 
宋連玉さん 講演会 S


講演会 3・1独立運動を闘った女性たち

2月23日(土) 18:00~  横浜中央YMCAYMCA(関内駅5分) 501会議室
参加費 800円 (会員500円 学生無料)
講師  宋連玉さん (青山学院大学名誉教授 文化センター・アリラン館館長)
主催  関東大震災時朝鮮人虐殺の事実を知り追悼する神奈川実行委員会
  
連絡先  FAX  045―942―7728
共催  公益財団法人横浜YMCA 一般社団法神奈川人権センター  神奈川県朝鮮人強制連行真相調査団

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»