プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


日本機関紙協会神奈川県本部 神奈川県機関紙・ミニコミ紙誌宣伝コンクール
第47回作品募集作品募集
 
募集要領

募集対象  2015年6月から2016年5月に発行された機関紙、広報、ミニコミ紙などの宣伝物全般
申し込み方法 「申込書」に記入し、応募作品とともに、機関紙協会神奈川県本部に送付
締め切り 2015年6月3日(金)

審査基準と審査方法・日程、審査委員会
 
審査基準
①書くべきことを工夫して書いているか。読者にとって魅力ある企画があるか。読者に向けた編集姿勢か
②記事・見出し・レイアウトなどの編集技術の水準
③編集体制の成功度、読者参加
④活動や運動の前進に寄与する紙面になっているか
⑤さまざまな努力の度合い

審査方法と審査日程
第1回審査会(6月24日)

第2回審査会 (7月30日)

第3回審査会 (7月31日)

受賞式・交流会  
2016年9月10日(土) 午後2時~午後5時

主催 日本機関紙協会神奈川県本部

続きを読む »

日本機関紙協会神奈川県本部 神奈川県機関紙・ミニコミ紙誌宣伝コンクール
第46回作品募集作品募集
 
 草の根の声を集める身近な機関紙、ミニコミ紙…。その活動を励まし、応援するのが「神奈川県機関紙ミニコミ紙誌宣伝コンクール」です。
 労働組合や団体の機関紙、職場新聞、PTA広報紙、学級新聞、自治会報、家族新聞から、ビラやポスター、パンフレット、映像…宣伝に関わるものならなんでも応募できます。
 応募作品は、大賞から努力賞まですべてに個別講評と賞状をお渡しし、編集のコツなどをアドバイス。作品のステップアップをお手伝いします。受賞式では、全応募作品の展示と審査結果の報告、交流会も開催され、交流とつながりが広がります。ぜひお気軽にご応募・ご参加ください。
 
募集要領
募集対象  2014年6月から2015年5月に発行された機関紙、広報、ミニコミ紙などの宣伝物全般
申し込み方法 「申込書」に記入し、応募作品とともに、機関紙協会神奈川県本部に送付してください。
締め切り 2015年6月5日(金)

審査基準と審査方法・日程、審査委員会
 
審査基準
①書くべきことを工夫して書いているか。読者にとって魅力ある企画があるか。読者に向けた編集姿勢か
②記事・見出し・レイアウトなどの編集技術の水準
③編集体制の成功度、読者参加
④活動や運動の前進に寄与する紙面になっているか
⑤さまざまな努力の度合い

審査方法と審査日程
第1回審査会(6月19日)
応募作品の審査分担と審査方法を確認。持ち帰り
個別審査
第2回審査会 (7月25日)
個別審査の結果をもちより、種別ごとに討議、総合審査を行う。応募作品への個別講評の分担。
第3回審査会 (7月26日)
最終的な賞の選考と総評の決定

審査委員会の構成
審査委員長 佐藤充泰(横浜市従労組教宣部長・協会神奈川理事長
審査委員 機関紙協会理事、講師と団体・個人の編集者、編集経験者が担当。

続きを読む »

「JCJ神奈川」22号から転載します。

機関紙大賞に5紙
 建設プラザで機関紙コンクール表彰式
 JCJ神奈川賞は2紙

日本機関紙協会神奈川県本部主催第45回機関紙ミニコミ紙誌宣伝コンクールの表彰式が、9月6日に建設プラザかながわで開かれた。
 佐藤充泰審査委員長に続き、伊東良平JCJ神奈川支部代表など後援団体が挨拶した。
 伊東代表は、JCJ神奈川支部賞を受賞した機関紙の内容に具体的に言及して、その水準の高さを称え、また今年度のJCJ賞に東京新聞の論点明示報道が選ばれたことを紹介した。
 

続きを読む »

 機関紙協会神奈川県本部の機関紙コンクールの審査に行きました。 会場は、東神奈川の建設プラザ。
 審査は6班に分かれ、わたしは第1班で本部機関紙などの審査にあたりました。
 審査したのは以下の機関紙・ミニコミ紙です。

 1種A
 「みんなの若葉台」(若葉台連合自治会)
 「けんせつ神奈川」(神奈川土建一般労働組合)
 「職連ニュース」 (川崎北部建職連合組合」
 「横浜市従」 (横浜市従業員労働組合)
 「けんせつ通信」 (神奈川県建設労働組合連合会)
 「北央医療」(神奈川県北央医療生活協同組合)
 「神奈川県職労連」 (神奈川県職員労働組合総連合)
 「けんせつ横浜」 (横浜けんせつ一般労働組合)
 「川崎医療生協」 (川崎医療生活協同組合)
 
 10種
 「編集部だより」(若葉台連合自治会広報部)

 「みんなの若葉台」は、旭区の若葉台団地のコミュニティ紙で、様々な情報が載っています。
 今年は、その編集部の便りも併せて応募がありました。「編集部だより」はA4・横書きの書類のようなレイアウトですが、冒頭に置かれた写真が上手です。

 老舗の「横浜市従」は1面に大きく写真を使うのが特長。組合員のインタビューが主ですが、今回の審査紙には、神奈川フィル争議の人が取り上げられていました。

「職連ニュース」の「職」本当は「耳」の右に「云」がある字ですが、変換しなかったのですごめんなさい。
 題字は手書きで、地紋も大工道具の手書きイラスト。手作り感あふれた機関紙です。

 事前に審査紙が送られてくるので、読んで講評を書いておくのですが、今回は前もって7通しか書けませんでした。目を通すことは、全部に目を通しました。
 
 建設の組合機関紙にも、地震・津波被災地に思いを寄せる記事や、官邸前反原発行動に参加した報告などが載っています。
 医療生協の2紙は今年も充実していました。

 それぞれの機関紙を評価して、最優秀賞、優秀賞などの候補を絞り込み審査を終えました。

 
1日で取材から紙面づくり+パソコン編集コースも併設
2013「春の編集講座」


日時 5月25日(土) 9時30分開場(10時開講 17時終了予定)

会場 横浜平和と労働会館3階:横浜地区労会議室
    (JR桜木町駅下車5分)

総合基礎コース(定員30人)
  ▽講義 「どうして新聞の形なのか」 「機関紙づくりのプロセス」など
  ▽取材
  ▽実習 「早づくり法」で紙面づくり
  ▽話し合い 実習紙面を使って

パソコン(PC)編集コース(定員8人)
     ▽講義
     ▽紙面づくり実習
     ▽話し合い
   パーソナル編集長ソフトがインストールされたPCをご持参ください
 

受講料(昼食付き)

   総合基礎コース
   会員団体=2000円 非会員団体=3000円
   
   PC編集コース
   会員団体=3000円 非会員団体=4000円


申し込み締切り切り 5月21日


当日、講座終了後、近くで編集講座「同窓会」を開きます。会費3000円程度
新入生も歓迎

主催日本機関紙協会神奈川県本部〒236.0004 横浜市金沢区福浦2.1.12
TEL 045(784) 6928 FAX045(784)6928
 メール  seiichiimaiアットマークyahoo.co.jp

共催 神奈川労働組合総連合・株式会社神奈川機関紙印刷所

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»