プロフィール

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日で取材から紙面づくり+パソコン編集コースも併設
2013「春の編集講座」


日時 5月25日(土) 9時30分開場(10時開講 17時終了予定)

会場 横浜平和と労働会館3階:横浜地区労会議室
    (JR桜木町駅下車5分)

総合基礎コース(定員30人)
  ▽講義 「どうして新聞の形なのか」 「機関紙づくりのプロセス」など
  ▽取材
  ▽実習 「早づくり法」で紙面づくり
  ▽話し合い 実習紙面を使って

パソコン(PC)編集コース(定員8人)
     ▽講義
     ▽紙面づくり実習
     ▽話し合い
   パーソナル編集長ソフトがインストールされたPCをご持参ください
 

受講料(昼食付き)

   総合基礎コース
   会員団体=2000円 非会員団体=3000円
   
   PC編集コース
   会員団体=3000円 非会員団体=4000円


申し込み締切り切り 5月21日


当日、講座終了後、近くで編集講座「同窓会」を開きます。会費3000円程度
新入生も歓迎

主催日本機関紙協会神奈川県本部〒236.0004 横浜市金沢区福浦2.1.12
TEL 045(784) 6928 FAX045(784)6928
 メール  seiichiimaiアットマークyahoo.co.jp

共催 神奈川労働組合総連合・株式会社神奈川機関紙印刷所

 昨日7月28日は、横浜市従会館で開かれた、機関紙コンクール第二次審査に行きました。
 今年は、応募紙を事前に読むことを免除してもらったので、審査員ではなくオブザーバーという形です。
 8つの班に分かれて審査するうち、1班の審査に陪席しました。
 審査した機関紙は8つです。
 中には、団地の自治会の機関紙もありました。
 建設関連の機関紙も充実していましたが、医療生協の機関紙のレベルも高く、評価されていました。
 個別審査の後は、全体で話し合いました。
 「見出し」について、いろいろと意見が出ました。
 JCJ機関紙7月号では、神奈川のアスベスト訴訟を取り上げたので、その記事のコピーが配られました。
 
第43回神奈川県機関紙・ミニコミ紙誌 宣伝コンクール作品募集

 草の根の声を集める身近な機関紙、ミニコミ紙…。その活動を励まし、応援するのが「神奈川県機関紙ミニコミ紙誌宣伝コンクール」です。
 労働組合や団体の機関紙、職場新聞、PTA広報紙、学級新聞、自治会報、家族新聞から、ビラやポスー、パンフレット、映像…宣伝に関わるものならなんでも応募できます。
 応募作品は、大賞から努力賞まですべてに個別講評と賞状をお渡しし、編集のコツなどをアドバイス。作品のステップアップをお手伝いします。受賞式では、全応募作品の展示と審査結果の報告、交流会も開催され、交流とつながりが広がります。ぜひお気軽にご応募・ご参加ください。

 募集対象 2011年6月から2012年5月に発行された機関紙、広報、ミニコミ紙などの宣伝物全般

 申し込み方法  申込書」に記入し、応募作品とともに、機関紙協会神奈川県本部に送付。

 締め切り 2012年6月8日(金)


主催
日本機関紙協会神奈川県本部
〒236-0004 横浜市金沢区福浦2-1-12TEL・FAX 045(784)6928

後援 ㈱神奈川機関紙印刷所
   連合通信社
   神奈川労連
   自治労連神奈川県本部
   JCJ神奈川支部

続きを読む »

秋の編集講座
 1日で取材から紙面づくり
 +パソコン編集コースも併設


日時 12月3日9時30分開場(10時開講 17時終了予定)


会場 「建設プラザかながわ」6階会議室
    JR東神奈川駅、京急仲木戸駅下車3分

総合基礎コース(定員20人) 
 講義 「どうして新聞の形なのか」
    「機関紙づくりのプロセス」など
 取材
 実習 「早づくり法」で紙面づくり
 話し合い 実習紙面を使って

パソコン(PC)編集コース(定員8人)
 講義
 紙面づくり実習
 話し合い

 *パーソナル編集長ソフトがインストールされたPCをご持参ください


受講料(昼食付き)
 【総合基礎コース】 
 会員団体 2000円 
 非会員団体3000円
 【PC編集コース】
 会員団体 3000円
 非会員団体 4000円

主催 日本機関紙協会神奈川県本部
   〒236 0004 横浜市金沢区福浦2.1.12
   TEL045.784.6928
   FAX045.784.6928 

共催 株式会社神奈川機関紙印刷所


 編集講座「同窓会」を開きます。新入生も歓迎 
 当日、講座終了後、近くで開きます
 会費 3000円程度


神奈川県機関紙コンクールの個別審査で、送られてきた応募紙を読んでいます。
 送られてきたのは11紙。団体の支部で出している機関紙が中心です。
 全日本年金者組合の平塚支部、伊勢原支部、相模原支部、相模原支部女性だより、横浜西支部、神奈川土建一般労組の座間・海老名支部、座間・海老名支部主婦の会、横浜緑支部、南横浜支部、横浜建設一般労働組合の神奈川支部、津久井建業組合が出している機関紙で、A4で2ページのもの、4ページのものが中心です。

 応募紙は去年の号もありますが、今年3月以降のものも送られてきて、東日本大震災に言及しているものや、カンパの呼びかけなども多数あります。

 神奈川土建では、アスベスト被害の訴訟に取り組んでいて、座間。海老名支部の機関紙『謝知』には原告団の意見意見陳述書が掲載されていました。親子で工務店を経営して、父親が中皮腫でなくなった方の陳述です。
 アスベストの危険性は早くから知られていたのに、対策が遅れたのは国やメーカーに責任があるという訴えは、晩発性の健康被害が懸念される放射線が大きな問題となってる現在、いろいろ考えさせられます。

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。