プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 西山正啓監督の作品「梅香里」をJCJホームページで紹介した文章を再録します。
 2001年9月1日、掲載です。

 映画の鏡(2001年9月~10月)
 地域連帯で作られたドキュメンタリー
 在韓米軍による被害を告発 
          韓国映画『梅香里』(メヒャンニ)

  豊かな海村が米軍演習場に・・・

 梅香里というたおやかな名の村は、ソウルから60キロ南西にある。かつては海辺に梅が香り、海の幸ゆたかな干潟の沖に浮かぶ島には無数の海鳥が飛来したという。村人はすなどりして子を育て、おやつに海鳥の卵を採って与えたと古老は語る。
 1951年から、この村は米軍の戦闘爆撃演習場とされた。
 軍事政権下の韓国で米軍基地問題を語ることは禁じられ、不発弾や爆音、豊かな漁場に自由に入れない梅香里の人の苦しみが報じられるようになったのは、ソウルオリンピックの前年のことだった。
 作品の前半は梅香里で米軍基地反対闘争をしているチョンマンジュさんを中心に描かれ、干潟で牡蠣を採る場面、貝殻が30センチはあろうタイラギを焙り、それを肴に村人がマッカリを飲む場面など、生活のシーンが綴られる。
 空を渡る鳥の群れを追う詩的な映像には、しかし爆音を轟かせる爆撃機の姿が続く。
 ベトナム戦争が終った時に、余った兵器を処理するため大量の爆弾が投下されたと村人は証言する。かつて海鳥が飛来した島、画面にしばしば出てくる沖合いの島は爆撃の標的とされ、もとの三分の一になってしまった。

続きを読む »

機関紙「ジャーナリスト」の記事から、運動上で重要なもの、神奈川支部会員の執筆記事などを掲載します 

  JCJ機関紙07年1月号「映画の鏡」
 
 ビデオ・ドキュメント『君が代不起立』

 業務命令で教員たちに強制

 都教委の非人間的な政策


 日の丸・君が代強制の東京都教育委員会通達を違憲とした昨秋9月の東京地裁判決まで入っている。教員個人の内心の自由と自発性を基礎とする教育の本質を踏みにじる都教委。それに抗する教員を描いたドキュメンタリーだ。
 クローズアップされるのは中学校の教員、根津公子さんと養護教員の河原井純子さん。
 授業で「慰安婦」を取り上げたことなどで処分や嫌がらせの配転などを受けてきた根津さんは、卒・入学式の君が代斉唱にも不起立を貫く。停職処分を受けても、校門まで出勤し校門前に立つ。映像は生徒や途行く人々の反応をとらえるが、中には「先生を尊敬する」ときっぱり語る生徒も、戦争体験を問わず語りするお年よりもいる。
 河原井さんの教員としての仕事ぶりも、教え子とその母が感謝をこめて語る。
 強制することが教育の精神とは相容れないとして自分の信念を貫く教員の抵抗は、一人から始まるが決して孤立ではない。
 不起立で減給処分された男性教員は、「生活も苦しいし今度は妻に言い出しにくい」と率直な心情を吐露する。それでも10.23通達が出されて以降、それまで起立していても、君が代斉唱時に不起立を選ぶ教員が増えている。
 何かが自分の中で壊れるから、どこかへ時代が押し流されるからと危機感を抱くのではないか。そして数分間のささやかな、しかし重い行動を決断する。
 業務妨害で刑事告訴された元教員藤田勝久さんのケースや都教委による「再発防止研修」など、強制と弾圧の諸相も取り上げられている。
 印象的なのは処分側が次々と根津さんに形式的な業務命令を出すところ。地獄への道に敷き詰められているのは善意という警句があった。
 戦争への道に敷き詰められるのは右翼学者の論文ではなく、通達や業務命令なのだなと思わされる。
 根津さんたちの抵抗は政治運動ではなくこの作品も運動に随伴して宣伝することなく淡々と叙述しているが、上映運動は各地で盛り上がっている。
問い合わせ ビデオプレス 03-3530-8588

 君が代不起立サイト

««前のページ  | ホーム |