プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内戦から社会正義の実現へ~
グアテマラ女性たちの運動は、今
おはなし 新川志保子さん


日時 6月8日(火)午後7時~8時45分  
場所 渋谷区女性センター アイリス

主催 アジア女性資料センター
問い合わせ アジア女性資料センター

いま私たちがやらなければならないことは!?
 
米軍再編に伴なう厚木基地空母艦載機部隊移駐計画が地域住民の願いを無視し着々と進
められています。このままで終わらせては、私たちの安心・安全な生活は守れません。い
ま、私たちが米軍再編をストップさせるために力を発揮することが求められています。そ
こで、浅井基文さん(広島平和研究所所長)・井原勝介さん(前岩国市市長)をお迎えし
て、講演と対談の2部構成で「みんなでとめよう!! 基地強化」を開催します。

日時 2009年7月11日(土)13時30分~

場所 廿日市市商工保健会館交流プラザ     廿日市市本町5-1  TEL 0829-20-0021 

資料代 500円

手話通訳&託児あり

第1部講演
「米軍再編と住民の生活」 井原勝介さん(前岩国市長)
「米軍再編とオバマ政権」 浅井基文さん(広島平和研究所所長)

第2部対談 井原勝介さん・浅井基文さん  

主催 岩国基地の拡張・強化に反対する広島県西部住民の会(西部住民の会)    
    〒738-0014
    廿日市市住吉2-2-16廿日市市民活動センター郵便受1-01号






竹島/独島問題の平和的解決をめざして
日本・韓国共同シンポジウム

シンポジスト
日本
池内 敏(名古屋大学教授)
 俵 義文(子どもと教科書全国ネット21事務局長)

韓国
許 英 蘭(ホ・ヨンラン、蔚山大学助教授)
 李 信 (イ・シンチョル、アジアの平和と歴史教育連帯共同運営委員長)

場 明治大学アカデミーコモン 9F309B教室
     (JR・地下鉄お茶も水駅下車徒歩5分)
資料代  800円

主催 日本・子どもと教科書全国ネット21
    韓国・アジアの平和と歴史教育連帯

後援 一般財団法人・歴史科学協議会/歴史学研究会
     歴史教育者協議会/日本史研究会
 
連絡先 03―3265-7606(子どもと教科書全国ネット21)


  2月5日に 『貧者の一灯』の試写会に行きました。そのとき貰った資料の中に、「岩国での米兵の犯罪」という表がありました。
 講和条約後の54年から2004年までの事件で、最近のものは記載されていません。

 その中の性犯罪(と思われるもの)の一部を書き抜いてみます。

 1963.2  米兵が民家に押し入り女性に乱暴し貴金属を奪う。
      8 米兵2人が女性に暴行をはたらき、裸体のまま崖から突き落とす。一命をとりとめたが精神障害を負う、
     11 米兵がバーのホステスを自宅で絞殺。
 1971.9  ホステスが自宅アパートで米兵に絞殺される。
 1974.8  入浴中の主婦が米兵に乱暴されそうになり抵抗。顔を数十回殴られる。
 1975.5  米兵が通行中の女性を材木置き場に引きずり込み、暴行を加えて逃走。
 1976.5  ホステスがアパート自室で米兵に絞殺される。
     .11 帰宅したホステスに米兵が乱暴。
 1977.8  米兵がホステス宅に侵入。ネックレスなどを盗み、寝ていたホステスを乱暴。
     .12 ホステスが岩国市門前町のハス田で米兵にナイフで首を切られ殺される。
 1984.3  一人暮らし女性が自宅で米兵にナイフで首を切られ殺される。
 1998.8  米兵2人が強姦目的で女子中学生・高校生を襲う。
 2002.5  米兵が20代女性に暴行をはたらき5日間のケガを負わせる。
 2003.4  米兵が20代女性2人に暴行をはたらき8~11日間のケガを負わせる。
     .8  米兵が強姦目的で女性を襲い、顔を殴るなどして24日間のケガを負わせる。

 
 深刻な犯罪も多いですね。1960年~75年はベトナム戦争の時期で米兵の心もすさんでいたでしょうが、その後にも犯罪は絶えません。
 毎年のように起きているとはいえませんが、同じ年に続けて起こっているのが気になります。最初の事件が起これば、米軍当局は「綱紀粛正」を唱えて、たとえ精神訓話に近い指導にせよ何かしらの対策を講じると思うのですが、実際は数ヵ月後にまた類似の性犯罪が起きる。
 「軍隊の暴力はつきもの」という言葉が想起されます。

続きを読む »


アジア・太平洋戦争を忘れない! 証言集会(14回目)

証言者 『銃剣は母を貫いた』 簫文虎さん(マレーシア・当時7歳)

 パリティンギ村では、数百人が日本軍に虐殺されました。
 簫文虎さんは母親が抱いてかばってくれたので命拾いされました。
 母親を貫いた銃剣のあとが今も7箇所残っています。

講演 林博史さん(関東学院大学)       
 《シンガポール 華僑粛清》を出版されたばかりの林博史さんは、沖縄・集団自決に関わる教科書問題や慰安婦」問題、BC級戦犯問題、基地問題、その他多方面における第一線で活躍されています。
 マレーシア、シンガポールから沖縄の壮大な講演です。
 沖縄から見ることで、アジア侵略がより鮮明に見える… 今、ぜひお聞きいただきたい講演です。

日時 12月8日土曜日 午後3時~

場所 エル・プラザ(JR根岸線 石川町駅 徒歩3分)
参加費 1000円(高校生以下無料)
主催 アジア・フォーラム横浜
   (連絡先 090-9346-5884 吉池)

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。