FC2ブログ

プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


「JCJ神奈川支部通信」2002年年4月25日号掲載の大野晃氏の講演の続きです。

ワールドカップとメディア (2)
  大野晃(スポーツジャーナリスト)

 サッカーくじとフーリガン
 サッカーくじの利益を日本では全体としてスポーツ振興に使うとしている。だがヨーロッパのサッカーくじはもっと目的がはっきりしている。ドイツでは各州がくじを発売することができる。利益は各州のスポーツ政策に使われる。イタリアはローマオリンピック開催の時に、オリンピックの費用を「出すために設立された。今でもイタリアオリンピック委員会の予算として使われる。イギリスはサッカーくじの会社がある。
 日本ではフーリガン対策も誤解が多い。もともとW杯はお祭りで、試合が終われば広場に繰り出して飲んで歌うものだ。専門のように扇動する人がいるのは確かだが、普通のファンも街頭で盛り上がるのは普通だ。過度の警備で警官の姿が目立ち、酒も飲めないとかえってファンは反発し、何かのきっかけで暴れる可能性もある。地元のファンがうまく付き合って外国から来たファンと交流するのが一番のフーリガン対策だ。

スポーツする権利
 もっとも重要なのは日本ではスポーツをすることが市民の当然の権利だという考え方が確立されていないことだ。戦後、著名な企業はグラウンドを持ち、従業員のスポーツを奨励した。それは福利厚生の一環だが、働く者の当然の権利という考え方にはならなかった。次々と作られた企業のスポーツ部もバブル崩壊以降、廃部が続いている。
 スポーツは世の中で働いている人が楽しむことのできる文化でなければならない。人々のスポーツ権を認め、国はそのための施策をしなければならない。
 1978年以出されたユネスコの宣言では、市民のスポーツをする権利を保障し、そのために政府やマスメディアの果たすべき役割を記している。


   
 スポーツとメディア
 マスメディアに対し宣言では、「スポーツが人間的な文化であることを十分に認識しなければならない」としている。
 マスメディアのスポーツ報道のなすべきことはこうして示されているが、現実にはマスメディアのスポーツ報道はそうなっていない。スポーツは娯楽としてしか扱われず、スポーツをめぐる社会的問題もスポーツ報道として報じられない。スポーツがいかに人間的で文化的な営みか。それを伝えなければスポーツのファン層も先細り、スポーツ人気も衰えて自分たちのコンテンツが危うくなるだろう。
 ヨーロッパの人たちと話すとわかるが、彼らは子どもたちがテレビゲームをやって、戸外で「スポーツをしなくなったことに大変な危機感を持っている。日本の学校体育が注目され、学校でスポーツをさせようという声も出ている。
 朝日新聞がW杯のオフィシャルスポンサーになった。ただスポンサーとしてのチケット割り当てがあるから、それを部数拡大に使っている。
 今までマスメディアがW杯のスポンサーになることは、報道機関としての見識が疑われるので、どこもやらなかった。今回の朝日新聞のケースで、同様のことをするメディアが出てくるかもしれない。(文責 神奈川支部通信編集部)

 ワールドカップ準備見学会

 スポーツとメディア (1)
 



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/938-08830b7c

 | ホーム |