FC2ブログ

プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


今年も、「JCJ神奈川」を神奈川県の機関紙コンクールへ応募しました。
審査対象として4号分を送るので、神奈川支部の例会の報告記事が載っている号を選びました。

版面を画像として載せるほうがいいのでしょうが、スキャンしていないので、55号の1面トップの記事から、見出しとリード。
4月14日の例会の報告です。

支部例会 国民投票法
渡辺氏「大きい広告の影響力」
岩崎氏「番組の内容こそ問題」

さまざまな問題点が指摘されている国民投票法。JCJ神奈川支部は4月14日、横浜市の開港記念会館で「国民投票法とメディア」をテーマに例会を開いた。講演は川崎合同法律事務所の渡辺登代美弁護士と放送レポート編集長の岩崎貞明氏。後半は藤森研支部代表のコーディネートでクロストークと質疑応答を行った。23人が参加した。 日本機関紙協会神奈川県本部 神奈川県機関紙・ミニコミ紙誌宣伝コンクール
第49回作品募集作品募集
 
 学び・励ましあうコンクール
 学びと励ましあいのコンクールです。 応募作品は労働組合・団体の機関紙、広報紙、職場新聞、PTA広報紙、学級新聞、自治会報、家族新聞から、ビラやポスター、パンフレット、ウェブサイト、映像などなど宣伝に関わるものならなんでもOK。
 すべての応募作品に個別講評を添え、編集のコツをアドバイスします。

 個別審査とグループ討議で各賞を決定
 現役の機関紙・広報紙などの編集者が審査委員。応募作品はじっくりと個別審査し、グループで討議。紙面の印象だけでなく、記事や企画の価値、団体にとって応募作品がどういった役割とになっているかなど、さまざまな角度からアプローチします。

 結果発表授賞式・交流会を開催
 全応募作品・個別公表を展示。9月15日(土)13時より
 12時より応募作品を展示  横浜市内で開催(予定)
 
募集要領
募集対象  2017年6月から2018年5月に発行された機関紙、広報、ミニコミ紙などの宣伝物全般
申し込み方法 「申込書」に記入し、応募作品とともに、機関紙協会神奈川県本部に送付してください。
締め切り 2017年6月1日(金)

審査基準と審査方法・日程、審査委員会
 
審査基準
①書くべきことを工夫して書いているか。読者にとって魅力ある企画があるか。読者に向けた編集姿勢か
②記事・見出し・レイアウトなどの編集技術の水準
③編集体制の成功度、読者参加
④活動や運動の前進に寄与する紙面になっているか
⑤さまざまな努力の度合い

審査方法と審査日程
第1回審査会(6月22日)
応募作品の審査分担と審査方法を確認。持ち帰り
個別審査
第2回審査会 (7月28日)
個別審査の結果をもちより、種別ごとに討議、総合審査を行う。応募作品への個別講評の分担。
第3回審査会 (7月29日)
最終的な賞の選考と総評の決定

審査委員会の構成
審査委員長 安部 剛(横浜市従労組教宣部長・協会神奈川理事長
審査委員 機関紙協会理事、講師と団体・個人の編集者、編集経験者が担当。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/930-be2a3be1

 | ホーム |