プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


JCJ日経支部の機関誌「ジャーナリスト」117号(2016年8月13日付)を読んでいます。

目次を記しておきましょう。

第1部 「改憲」めぐるせめぎ合い劇化 野党共闘か自公・補完勢力か
   「衆参3分の2体制に挑戦」―「4野党と市民」の共闘で改憲阻止
   幻想ふりまく「道半ば」 アベノミクス再構築の危うさ―日経社説の検証  
   最新・日本経済新聞研究(6)―「議題設定機能」を取り戻せ


第2部 世界大動乱、歴史の転機、試練続くメディアの自立性
   グローバル化が招いた世界の動揺―ISと中国に加え英・EU、トルコも震源
   自伝的ジャーナリスト人生論(1) ジャーナリスト人生の原体験  松田浩
   機関紙担当より

 印象に残ったのは、松田浩氏の「自伝的ジャーナリスト人生論」。
 松田氏は元日本経済新聞記者。長年、放送分野を取材し立命館大学教授に転じました。
 松田氏は陸軍幼年学校、旧制東京高校、旧制東北大学と進学し、大学入学の年(1950年)にイールズ事件に遭遇します。
 イールズ事件とは、GHQ民間情報局教育顧問のイールズ博士の講演を、東北大学の学生が阻止した事件。占領政策の転換で、教育分野でもレッドパージをしようというGHQの意向が背景にあったようです。憲法に保障された学問の自由を守ろうという学生たちの闘いが、新聞では共産党員の妨害事件のように扱われて、松田氏はショックを受けたといいます。
 大学新聞の記者だった松田氏は、1952年の「血のメーデー」の現場にも立ち会います。デモ隊に対する警官隊の暴力から始まった事件の顛末を目撃した松田氏は、翌日の新聞報道が事件をデモ隊の組織された暴力と描いたことに驚き、あらためて新聞記者となって内側からジャーナリズムを変えようと決意したそうです。
  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/883-d2c8b54c

 | ホーム |