プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 NHKスペシャル「パール判事は何を問いかけたのか」を見損ねたのですが、以下の記事を見て感想を一言。

asahi.com 8月14日付け記事

東京裁判のパル判事の遺族と面会へ 安倍首相が表明
2007年08月14日18時51分

 安倍首相は14日、今月下旬のインド訪問の際、極東国際軍事裁判(東京裁判)のパル判事の遺族と面会する予定を明らかにし、「パル判事は日本とゆかりのある方。お父様のお話などをお伺いできることを楽しみにしている」と述べた。官邸で記者団の質問に答えた。

 パル氏は連合国側の判事として唯一、東条英機元首相らA級戦犯全員の無罪を主張した。この点について「面会はアジア諸国を刺激するのでは」と記者団に聞かれると、首相は「いや、そんなことにはならないと思いますね」と語った。


 http://www.asahi.com/politics/update/0814/TKY200708140335.html

 記者が「アジア諸国を刺激するのでは」と尋ねたというので思い出したことがあります。
 パール(パル)判事は、東京裁判で、戦勝国が敗戦国を事後的な法の適用で裁くことを批判したわけですね。究極の東京裁判批判であるとすれば判事の遺族を日本の首相が訪問することが、「日本以外の国を刺激するのでは」という質問はありえるでしょう。
 でも、それがどうしてアジア諸国なのでしょう。パール判事の日本弁護が最も不快な国は、米・英だと思えます。

 私が思い出したのは国連研究で著名な河辺一郎さんの話です。
 この春、JCJ出版部会の折、愛知大学の河辺一郎さんにお会いしました。機関紙の編集が終わって、後の交流会に参加したら河辺さんもいたよ、ということなのですが、その時、河辺さんの言うには、「靖国や慰安婦の問題は対中国、韓国の問題ではなくて対米関係の問題だよ」と某大新聞記者にいっていたけど、理解しなかった。アメリカで慰安婦決議などの動きが出てから『おっしゃっていた意味がわかりました』と言い出したよ」
 
 日本のメディアにとって、首相の靖国参拝は中国、韓国から批判される問題、「従軍慰安婦」もアジア諸国との問題という思考の枠があるようです。
 でも東京裁判で日本の戦争犯罪を裁いたことは、アメリカにとっては自国の正統性の問題でしょう。今でもアメリカにとってパール判事の考え方は絶対に受け入れ難いものだと思います。
 ですから、安倍首相に「面会はアメリカを刺激するのでは?」と記者が質問してもおかしくありません。実際に聞いた記者がいるのかもしれませんが、アサヒコムの要約するところとはならなかった。

 そもそもアメリカの立場からは、軍国主義を打ち破って日本を民主化したのが、一番の成功体験でしょう。けれど日本の保守政権には「靖国」をはじめ戦前体制を何とか復活させようとする底流がある。矛盾を内包しているわけです。
 「靖国」や日本の戦争犯罪をアジア諸国との関係に限定しようとするには、マスメディアがこの矛盾を直視したくないからなのか、と思わないでもありません。

 
 ところでパール判事は、世界の国が武力を捨てるべきだと考えていたといいます。
 参照

 パール判事の遺族が、安倍首相に、「戦争放棄を定めた日本国憲法9条のの平和主義は素晴らしい」と言ったら、どう報道されるでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/87-270d3255

中島岳志『パール判事――東京裁判批判と絶対平和主義――』(白水社)

今回の書籍の主人公は、ボースとおなじベンガル地方でおなじ年に生まれたラーダービノード・パール。あの極東国際軍事裁判(東京裁判)にて、「全員無罪」の意見書を提出したパール判事である。
2007-08-27 16:59 | FRENCH BLOOM NET-main blog

[終戦記念日]靖国参拝に思ったこと

靖国神社 早朝から参拝者の列 小泉前首相の姿に一時騒然(2007/08/15  産経新聞 キャッシュ)この日は昨年に続き小泉純一郎前首相が参拝した。午前8時20分ごろ、小泉前首相がモーニング姿で現れると、安倍首相や閣僚ら
2007-08-18 19:56 | ◆ 美しい壺日記 ◆

 | ホーム |