プロフィール

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JCJ機関紙5月号に掲載した神奈川支部のリニア新幹線予定地見学会の記事を転載します。

 神奈川支部
 リニア新幹線予定地を見学
 懸念される健康被害、地元に恩恵無く

 神奈川支部は4月18日、リニア新幹線の駅と車両基地建設が予定される相模原市で見学会を開催した。集合したのはかながわ駅が建設される横浜線橋本駅。駅前にある相原高校は伝統ある農業高校で地元市民の愛着も篤い。その高校を移転させて新駅を造る計画があり、校舎の改築もままならないという。
 相原高校から「リニア新幹線を考える相模原連絡会」の協力を得て、5台の車に分乗し車両基地建設予定地の鳥谷地区に移動した。車両基地はトンネルを掘削した残土を利用して作られる。広さは50haに及ぶという。
ほど近い宮ケ瀬湖畔の鳥居原ふれあいの館で昼食休憩した後、連絡会の人から説明を聞き、参加者が意見交換した。初めに説明をした中野渡旬氏は、リニアは地元には何の恩恵もなく、全体としても採算が取れそうにないこと。電磁波による健康被害の懸念。数日前に起こった青函トンネルでの事故のような危険性も指摘された。
 これまでJR東海に疑問を投げかけてきた中野渡さんによると、JR東海は環境に及ぼす影響や、安全性について、「法令を守っているから安心」「絶対に事故は起こさずに安全」と根拠を示さず繰り返しているという。
 地元の人からは、工事中の交通渋滞や騒音に加え、稼働後の汚染水排出の懸念も指摘された。
 また参加者から大電力を消費するリニアは、原発稼働を前提とした技術との発言もあった。
 リニアは全線の9割がトンネルと言われ、南アルプスを貫通する鋭角だ。実験線の工事で地下水脈が変わり水枯れが起こったことから、相模原でも水脈の懸念がある。
 交流会の後に訪れた造り酒屋では、JR東海に、万一井戸が枯れた場合の代替水源について申し入れをしていた。酒造家の懸念が朝日新聞やテレビ朝日で報道された翌日に、話し合いたいと連絡があったという。
 マスメディアの影響力を示す一例だが、現地の活動家は、マスコミ報道が、リニア新幹線を夢の未来技術のように持てはやす傾向が強いことに、不満を訴えていた。
神奈川支部
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/861-e9981997

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。