プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 支部機関紙「JCJ神奈川」15号から転載します。

 
 憲法審査会 国会傍聴から見えるもの 

 昨年2月以来、衆議院と参議院の憲法審査会を傍聴している。
「許すな! 憲法改悪連絡会」の高田健さんが傍聴券を手配してくれる。衆議院の審査は午前中、参議院は午後に行われる。筆記用具は持ち込み可だが、録音も撮影も禁止だ。毎回、事務局が用意する資料が用意されている。
 衆議院の審査は憲法の各章ごとに行われ、参議院はその都度のテーマを議論する。初めて傍聴した参議院の審査では、憲法改正国民投票の要件を18 歳に引き下げる点と、国民投票にあたっての公務員の活動制限について官僚の意見聴取をし、委員が自由討論した。
 5月16 日の審査では、緊急事態条項を憲法に盛り込むことについてで、東日本大震災を契機とした改憲論を反映している。
 衆議院の審査は第二章(戦争の放棄)の審査から、第三章(国民の権利と義務、第四章(国会)の審査を昨年に傍聴した。その頃までは民主党が多数を占めていた。
今年は衆議院の議員が大幅に変わり、第一章から審査をし直している。参議院は4月3 日に二院制に関する審議をおこなった。もっとも意見が述べられるのは、権利の平等に関する一票格差の問題と、ねじれ国会の経験から衆議院の優越を含む第五章の国会の規定だ。
 参議院の二院制の審査では、「衆・参一致すればカーボンコピーといわれ、決議が食い違えばねじれの弊害と批判される」という発言が興味深かった。
 96 条改憲について生活の党が批判的な意見を述べ、公明党も全体にまっとうな議論をしているのが印象的だ。(保坂義久)

スポンサーサイト

コメント

12日講演会 感想

先日12日講演会の感想です。(場違いですみません)

阿部裕さんのお話に大変感銘を受けました。
早速、北海道新聞社の高田昌幸著「真実 新聞が警察に跪いた日」を注文しました。
高田さんの高知新聞での活躍も応援したいと思います。

また、琉球新報社の田中防衛局長更迭の件に興味があり、関連記事などファイリングしていましたので、今回のJCJ賞受賞を喜ばしく思っていました。
新聞記者を育てるという発言を受け、今さらながらですが内間記者へ激励のお手紙を出しました。

マスメディアの歴史や内情に触れるとともに、JCJの活動に敬意を感じ、大変勉強になりました。
ありがとうございました。
2013-05-15 10:32 | 横須賀市 平森 #- URL [ 編集 ]

ジャーナリズム運動

平森さま

 講演のご感想ありがとうございます。
 1955年の創設以来、JCJの活動は連綿と続いていますが、時代の変化により運動の課題も変わってきていると感じます。わたし(保坂)個人がJCJの活動メンバーになったのはバブルに向かう頃でしたが、その当時は「メディア不信」ということはそれほど言われていなかったように記憶しています。
 また、個人がインターネットで発信する時代が来ることも想像できませんでした。
 しかし、いまのマスメディアに対する人々の不満や不信は、あるいはその原因は、20年以上前に指摘されていた課題と共通するものがあると思います。
 記者などがジャーナリストである前にマスメディア企業の社員という意識の方が強いこと。歴史的なものの見方が薄いこと。部数や視聴率の競争。簡単に解決する課題ではありませんから当たり前かもしれませんが、長い間、同じような分析をして運動しているという既視感があります。そして、JCJがなかなか一般社会に届くような運動を作れていない現実もあると思っています。
 これから、このブログでも古い機関紙記事の紹介などをしていこうかな、と思います。
 今後ともよろしくお願いします。
 
2013-05-25 11:27 | JCJ神奈川支部ブログ #LOQLkoko URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/792-8bbb98fd

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。