プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 JCJ機関紙「ジャーナリスト」2013年2月号掲載の記事を転載します。
 このエントリーに写真を載せたデモと沿道の「対抗活動」です。
 韓国の国旗も交じっていたのですが、うまく写真が撮れませんでした。
 (あんまり近寄るのがはばかられたもので……)
 韓国嫌いな人もこの「対抗活動」の中にはいると思うのですが、大同団結を優先したのでしょうか。
 
 
 デモを罵る集団
 旭日旗と星条旗


 1月27日に日比谷野音で開かれたオスプレイ配備反対の大集会。集会は無理でも、その後のデモには間に合うかと銀座に向かった。
 地下鉄を降り地上に出ると、ちょうどデモ隊が通りかかるところに出くわした。
 聞こえてきた喚声は、しかしデモ隊のものではなかった。沿道にいた日の丸、旭日旗、星条旗を掲げた一群が、デモ隊に向かって罵声を浴びせていた。拡声器を持って、上品ならざる日本語でスピーチする者もいる。どこまでがデモに対抗する集団なのか判然としないが、旗の数だけで30は下らないだろう。中には小旗だが韓国国旗も一つあった。
 デモ隊は「沖縄の41自治体の代表が集結した要請行動」と、ごく普通の日本語でアナウンスしながら進んでいく。
 「右翼」と丸めた言い方はあえてすまい。かつて旭日旗と星条旗が激闘を繰り広げた歴史にも、日の丸を振って沖縄の本土復帰が祝われた過去にも思いが及ぶことなく、デモ隊に向かって罵声をあげる若者たちは、どういう知識を得ながら育ってきたのだろうか。
      (保坂義久)

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/782-0171695b

 | ホーム |