プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター 総会シンポジウム
 『日本人「慰安婦」の被害実態に迫る!<第1弾>』
  ―なぜ日本人「慰安婦」被害者は見えてこなかったのか―

                     
日時 9月29日(土)13:30~16:30(開場13:00)
場所 早稲田大学国際会議場 3F 第一会議室
    (東西線「早稲田」下車徒歩7分・バス「西早稲田駅」下車5分)
  
資料代 1000円

日本軍「慰安婦」制度の被害者が名乗り出てから20年以上が経過しました。この間、アジア各地の女性たちの被害実態は少しずつ明らかにされてきましたが、日本人「慰安婦」の実態解明は大きく立ち遅れています。日本人「慰安婦」は「公娼制度下の女性たち」という漠然と刷り込まれた概念が、日本人「慰安婦」の被害者性を疎外してはこなかったでしょうか?
日本人「慰安婦」に向き合う上で重要なのは、「お金をもらっていたら被害者ではないのか」という問いへの検討、言い換えれば公娼制度、「慰安婦」制度における「性暴力」の概念を再定義することです。
シンポジウムでは、日本人「慰安婦」ワーキングチームの調査報告の第一弾として、なぜ日本人「慰安婦」被害者は見えてこなかったのかを問いつつ、調査を通して明らかになってきた実態を報告します。ぜひご参加下さい。

プログラム    
  コーディネーター・・金富子

 ・なぜ今、日本人「慰安婦」なのか?        西野瑠美子
 ・資料から見えてきた日本人「慰安婦」の徴集の実態   小野沢あかね
 ・雑誌(書籍)に残された日本人「慰安婦」
   順子 /菊丸 /鈴本文 /城田すず子  「慰安婦」ワーキングチーム
 ・雑誌に表象された日本人「慰安婦」から見えてくるもの  平井和子


●主催「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(バウラック)
      (バウラックは、VAWW-NETジャパンの後継団体です。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/739-e5d890a8

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。