プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 相羽さん執筆の記事に関連して
同じ号(27号)の記事を2本、採録します。


横須賀のピースフェスティバル

米英軍のアフガン攻撃が行われる中、空母キティホークの「母港」横須賀はどんなだろうか。神奈川支部有志(相羽宏紀、友枝隆生、保坂義久)で10月21日に横須賀・三笠公園で開かれたピースフェスティバルに行ってみた。
 いろいろな展示がある。横須賀の反基地運動の歴史を振り返ったパネル展示。旧軍港市転換法(軍転法)説明の展示。厚木基地とNLP(夜間着陸訓練)コースを示した展示もある。
 ひときわ大きい展示は、横須賀基地で原子力空母が事故を起こした時に、どこまで被害が広がるかを示したもの。東京や千葉までも放射能汚染されることを示している。その危険性を指摘しているのが、12月15日にお話を聞く予定の原子力空母の横須賀母港化問題を考える会 http://www.pasopit.co.jp/cvn/ だ。
 公園の奥の方はバザー会場になっていて家族連れで賑わっていた。
 この日は横須賀港見学の船に乗ることもできた。今回は有事で米軍基地のある湾(横須賀本港)に入れない。そのまま地下は燃料倉庫だという吾妻島の先を通り過ぎ、自衛隊基地のある方の港(深浦湾)に進む。
 横須賀基地には弾薬港もあり、アメリカで起きたようなテロがあったら横須賀市は火の海になると説明者は心配する。母港化反対署名などもアメリカの軍事行動以来応じてくれる市民が増えたということだ。

個人情報全国一斉ミーティング横浜集会

 10月27日、横浜市従会館で「個人情報同時多発ミーティング横浜集会」が開かれた。
 9月2日に日比谷野外音楽堂で開かれた個人情報保護法反対集会を準備・実行したグループが、同日に全国一斉に集会を開くことを企画し、グループメンバーのうちで神奈川に関わりのある者が横浜集会を実行した。
 会場は横浜市従会館、講師は臺宏士毎日新聞記者、伊田浩之週刊金曜日デスク、鈴木邦男一水会顧問にお願いした。
 まず個人の遺伝情報管理の問題などに取り組んでいる河原ノリエ氏が発言。個人情報保護法案で学術研究が個別規定の対象から外されたことで、学問に名を借りた遺伝情報の収集が野放しになる危険を指摘した。
 続いて伊田デスクはこの法案によってなぜ取材が制限されるのかをわかりやすく説明した。法案の取材過程から取材してきた臺記者は、IT戦略会議や住民基本台帳法改定で、個人情報保護法が社会的要請になったこと。それが途中で民間規制色の強いものに変質したことを語った。鈴木氏はメディアの側にも特権意識があると批判を展開した。
 参加者は神奈川で盗聴法反対運動をしている人、日経ネットビジネス記者、一般の会社員など多彩で、JCJ神奈川支部からは3人が参加した。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/7-f673cfd6

 | ホーム |