プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジア記者クラブ3月定例会

3・11までなぜ書けなかったのか メディアの責任とフクシマ原発事故

ゲスト 永田浩三さん
   (武蔵大学教授・元NHKプロデューサー)

 今も放射能汚染が続く福島原発の大参事を招いた3・11大震災からまもなく1年を迎える。遅きに失した観は否めないが、NHKの教養番組に続く形で、大手活字メディアにおいても昨年末から、『原発とメディア』、『この国と原発』などの検証記事が、「報道の役割が果たせたのか」、「事故を 防げなかったのか」という視点から連載や特集の形で掲載されるようになった。しかし、55年体制下でマスメディアが旗振り役となり、ときの自民党 政権が原子力ルネサンスを謳い文句に築き上げてきた巨大な利権構造にメスが入ることはない。
どのように原子力産業に疑問を呈する少数意見がマスメ ディアから排除されたのか。なぜ原子力村にメディア出身者が多いのか。共犯関係があったのではないか。こうした疑問への答えはまだ出ていない。活 字メディア以上に番組制作現場でも原子力産業に疑問を呈する、あるいは警鐘を鳴らす番組の制作者には圧力
がかかってきた。そうした総括こそがいま 必要なのではないか。
3月定例会では、長年NHKのテレビドキュメンタリーの制作現場を支え続け、現在は武蔵大学で教鞭をとる永田浩三さんをゲストにお招きします。 NHK時代、原水爆に関する企画はOKされても、原発の平和利用に疑問を投げかける企画を通すことは難しかった永田さん自身の経験なども踏まえ て、3・11以前、そしてそれ以降に、マスメディアの中で何が起きたのか、メディアの責任を検証するヒントにしたいと思います。

日時  2012年3月21日(水)18時45分~20時45分

会場  明治大学リバティタワー7階1073教室
(東京都千代田区神田駿河台1-1)

交通 JR・地下鉄「御茶ノ水」・都営線「小川町」下車

費用 ビジター1500円、会員・学生・年金生活者・ハンディのある方1000円

主催 アジア記者クラブ(APC)・社会思想史研究会


連絡先 アジア記者クラブ(APC)
〒101-0061東京都千代田区三崎町2-2-13-502
    TEL&FAX03-6423-2452 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/693-ac707aed

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。