プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジア記者クラブ2月定例会

北朝鮮の権力継承をどう見るのか 歪曲報道の洪水を検証する

ゲスト 文浩一さん(一橋大学経済研究所特任准教授)

日時 2012年2月24日(金)18時45分~20時45分
会場 文京シビックセンター5階(AB会議室)・先着60名
     東京都文京区春日1-16-21
交通 地下鉄「後楽園」・都営線「春日」下車
費用 ビジター1500円、会員・学生・年金生活者・ハンディのある方1000円
主催 アジア記者クラブ(APC)

連絡先 アジア記者クラブ(APC)
    TEL&FAX 03-6423-2452 
  


 日本では北朝鮮報道となると、どうしてこれほどエキセントリックになるのだろうか。金正日国防委員長の死去の際も120万の人民軍が暴走する、クーデターの可能性、体制内の大混乱、体制崩壊の危機、挙句の果ては拉致問題解決の可能性という根拠の示されない憶測や願望、デマとしかいいよう のない噂話が実しやかに日本中のあらゆるメディア媒体を席巻していた。北朝鮮に関する情報が、軍事パレード、飢餓、世襲体制という刷り込まれたイメージでしか語られない現実は異様としかいいようがない。定例会に以前お招きした韓国・東亜日報紙の金忠植さんは、日本の北朝鮮報道を「非論理的で、異常だ」と呆れていた。
こうした事態は、大手メディアから潜入取材を売りにする独立メディアまで同じ傾向にある。こんなことで隣国と正常な関 係を築けるのだろうか。

 2月定例会では、昨秋上梓された『朝鮮労働党の権力継承』の執筆者の一人、文浩一(ムン・ホイル)さんをゲストにお迎えします。文さんは日本で3年前に、北朝鮮でデノミネーションを伴う貨幣交換が大失敗に終わったと大々的に報じられたことに対しても、デノミの模範と称されるフランスでさえ成功まで4年の歳月を要したことを指摘し、北朝鮮のマクロ動向を通して経済改革の実態を明らかにしました。さらに、人口センサスの研究から朝鮮人民軍の兵力実数を西側で言われている120万人ではなく70万人であること、韓国や西側で350万人が餓死したと言われた90年代後半の餓死被害者数を33万人であることを明らかにしたことでも知られています。当日は、これらの文浩一さんの研究成果を踏まえて、北朝鮮の権力継承の実態と、日本のメディアや政府の認
識がいかに現実とかけ離れて混乱しているのか、その理由についても検証したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/687-7c1f3890

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。