プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


いつのまにかオキナワの空の下を歩いてきた
―ぼくは、基地の島沖縄に、どうしてこだわるようになったのか?―

 この4月から開始した「沖縄定期便」は、これまで4回を数え、おかげさまでなんとか定着しそうです。今後も、その日、その時の状況をご報告します。
 さて、今回の企画は、1989年5月の第1回の沖縄訪問から22年が経過した今日名で、オキナワを歩き続ける中で、写真展を開催し、絵葉書を刊行し、スライド&トークを繰り返し、基地の島沖縄へのこだわりを深めてきた契機を、撮影現場(時間)と表現の場(時間)を掘り返しながら報告します。95年9月に起こった米兵による少女強姦事件から受けた衝撃、2004年4月・9月・11月の辺野古の闘いから受けた衝撃と「お前は何をしにきたのか?」という鋭い問いかけ…。個人との出会い、歴史を振り返る意義、自然を振り返る中での自分史の原点回帰など。

 よそものの私ができることは、たかが知れています。しじゃし、東京生まれの世田谷育ちの私は、東京に住む「日本人」(ヤマトンチュウ)の筋を通したいのです。
 考えおよばないことがたくさんあるかもしれません。それでも私が歩きながら考えて来たことを語り、皆様と対話が弾めば、新たな発見もあるでしょう。
 22年間お長きにわたることなので、2回(連日)に分けてお話します。

第1回 1989年5月~2004年4月まで。1970年~の前史にも触れ、沖縄に現実・人々の生活を具体的に見てこなかったことの反省も避けて通れません。
第2回 2004年4月~今日まで。「3・11」以降の問題や従来の「反戦・平和」論の見直しにも言及します。
 そうは言っても、ヤマヒデがやることです、沖縄の空の下に広がる魅せるスライドも存分にお楽しみください。(2011年10月3日)


日時 11月26日(土) 18時開場 18時30分~21時
   11月27日(日)   同上

会場 ピープルズ・プラン研究所
   文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
   地下鉄有楽町線江戸川橋駅1B出口を上がり左へ。
   一休橋信号を左折3軒目。徒TEK 歩5分。
   TEL 6424-5748
 
会場費 800円

主宰 フォトプラザ・ヤマモト
    TEL&FAX 03-5996―0779   

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/660-af0a646f

 | ホーム |