プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


災害救助隊

 昨日の午後5時から、神奈川県民センターで開かれた 「自衛隊は災害救助隊になれるか? 東日本大震災ー自衛隊の活動を検証するという集会に参加した。
 「すべての基地に「No!」を・ファイト神奈川」の主催の集会だ。

 最初に「ファイト神奈川」の木元茂夫さんが、東日本大震災への自衛隊の災害出動について報告した。木元さんは、負傷者が津波にさらわれてしまったので災害救命医療の役割は少なかったことなどを資料を使って示した。今度の災害の特徴と津波の恐ろしさをあらためて感じた。
 
 次に「立川自衛隊監視テント村」の加藤克子さんが、立川基地と自衛隊の災害出動について報告。
 続いて、「非核市民宣言運動・ヨコスカ」の新倉裕史さんが、自衛隊を災害救助隊にすべきという議論と、それを警戒する元自衛隊の佐藤正久参議院議員の議論を示した。
 「戦争に協力しない!させない!練馬アクション」の池田五律さんは、自衛隊が今度の災害救助活動で得た国民世論の支持について、「一億一心」の危うさを語った。


 新倉さんは、自衛隊のような組織の役割があることは認める一方で、自衛隊は多くの人命を救出したが、救命者数を出動数で割った数で比較すると、自衛隊が5・5人で1人を救助したのに比べ、消防救援隊は1・3人で1人、さらに地元の仙台消防局は0・35人で1人の割合になることも指摘した。

 加藤さんは、仮に災害が中国や北朝鮮で起き場合、日本社会はどういう反応を示したのかと問い、不寛容な社会からの脱却が必要だとした。

 新倉さんは、自衛隊の災害救援に対して大多数の国民が評価している現実に向き合いながら、自衛隊を海外派兵させないようにする運動の大切さを語った。
 池田さんは、このようなときこそ、軍隊はいらないという原則論に立つ必要があるとした。
 
 それぞれの平和活動家の個性がうかがえる興味深い集会だった。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/641-86ae132e

 | ホーム |