プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JCJ機関紙10月号から転載します。

 海上から見る基地の町・横須賀
 
 メディアの連携が必要 基地の街横須賀で交流
              沢田 正(広島支部)


10月9日から10日にかけ神奈川県横須賀市で開かれた全国交流集会に参加、米軍基地の存在を肌で知り、学ぶことが多かった。
 初日は「九条かながわの会」5周年イベントに合流。全体会の講演では、澤地久枝さんが「沖縄はアメリカにとって戦利品。香港でさえ99年で返還された。戦利品といえども永久に使っていいものではない」と訴え、大きな共感をよんだ。
 午後は沖縄タイムス・長崎新聞・神奈川新聞の合同企画「安保改定50年」を沖縄と神奈川の記者が語る分科会をのぞいた。神奈川の記者が「メディアは、これは沖縄の問題、これは神奈川の問題と分断シてきた。地域エゴを乗り越え、日本全体の問題としてとらえようと思った」と語ったのが心に残った。
 次の「軍港めぐり」へ移動途中、基地正門前で写真を撮ったら衛兵にとがめられ、近くの交番から駆けつけた警官に画像の消去を求められた。「ここは基地外の公道だ。根拠法を言え」と問うと「協力をお願いします」と言う。「憲法に保障された表現の自由だ」と抗議してその場を離れたが、基地の存在を実感した。
 続いてチャーター船に乗り、神奈川県平和委員会の鈴木和弘さんの案内で広大な基地を海から見た。鈴木さんには2日目もJCJ独自の日程で、神奈川県の基地について詳細なレクレクチュアを受けた。艦内に第7艦隊の司令部がある旗艦ブルーリッジは今はほとんど日本から離れないが、装備の発達で日本にいても中東の戦闘を指揮できるという。広島県に隣接した岩国基地へ厚木基地の空母艦載機を移す計画が進行中だが、基地を抱える地域のメディアが連携する必要性を痛感した。  
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/571-540e276f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。