プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


JCJ12月集会

安保・沖縄・東アジア
報道の批評精神はどこへ

ものごとを事実に基づき、少数意見も見落とさず、的確に批評して、豊富な判断材料を読者に提供する。本来、報道の側が持つべきバランス感覚と批評精神が揺らいでいる。日米同盟に微塵も危険性や疑問を抱かない安保論。尖閣諸島問題をはじめ日中・日ロなど東アジア外交をめぐる報道もどこまで本質に迫っているか。日米安保50年、日韓併合100年にあたる今年、改めて問う。


日時 12月8日(水)午後6時半から

会場 自動車会館 (東京・市ヶ谷)
   東京都千代田区九段南4-8-13 電話03・3264・4719

講師  中馬 清福氏 信濃毎日新聞社主筆 

コーディネーター  桂 敬一氏

参加費 1000円(学生500円)

主催  日本ジャーナリスト会議(JCJ)=東京都千代田区猿楽町1-4-8松村ビル401
    電話03・3291・6475  ファクス03・3291・6478  
中馬 清福氏

1935年鹿児島市生まれ。東京都立大学卒、朝日新聞社に入社。論説委員、代表取締役専務・編集担当などを歴任。2005年から信濃毎日新聞社主筆。著書に「新聞は生き残れるか」(岩波新書)、「考−混迷の時代と新聞」(信濃毎日新聞社)、「密約外交」(文春新書)など。
 

桂 敬一氏
1935年生まれ。日本新聞協会勤務を経て、東京大学新聞研究所教授。2006年立正大学を定年退職。ジャーナリズム研究者として活躍。「マスコミ9条の会」呼びかけ人。著書に「現代の新聞」(岩波新書)など。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/566-4511fc78

 | ホーム |