プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


JCJ機関紙「ジャーナリスト」04年10月号から、松尾高志さんの寄稿を再録します。


米軍基地再編
新しい戦闘力に変容
日米同盟強化と一体



 在日米軍基地の再編成が問題として大きく浮上している。この問題をどう捉えるべきか、いくつかの論点を整理してみたい。
 第一は、この再編成を「日本本土と沖縄の基地問題」として限定して見ると視野狭窄となるということである。ブッシュ政権はこの再編成を「グローバル・ポスチャー・レビュー(GPR)」という言い方をしている。したがって、アメリカ軍の海外配置をグローバルに見直すという作業を推進していると、全体をとらえることが必要である。
 現在のアメリカ軍の世界規模での兵力配置は冷戦の終結時の残滓である。仮想敵国ソ連を包囲するような形で、それと戦う前進基地として兵力を配置していた。おおまかに言えば、ヨーロッパ10万人、アジア10万人態勢である。しかし、いまや冷戦が終結し、仮想敵国ソ連は消滅した。そして「新たな脅威」として「テロ」と「大量破壊兵器」およびその結合が現実のものとなっているとブッシュ政権は認識している。これらの脅威は米本土を直撃する。したがって、これまでの米本土――前進基地網――仮想敵国という地理的観念は過去のものである。だからその残滓をチャラにして、グローバルに海外兵力の再編成をしようとしているのである。
 第二は、では現在は何に焦点をあてて再編成をしているのかという問題を考えねばならない。ブッシュ政権は「9・11米中枢同時テロ」に対して「対テロ戦争」を開始し、現在もその戦争を継続している。この「対テロ戦争」をペンタゴン(米国防総省)は「グローバル・ウォー・オン・テラー(対テロ世界戦争)」と名づけている。この「テロ」と「大量破壊兵器」、そしてその両者の結合に対する「対テロ戦争は冷戦のような長期戦だ」(ラムズフェルド米国防長官の表現)ととらえている。ペース米参謀副総長は議会証言で「ウォー・ゲームの結果、10年から15年続く」という結果が出たと述べている。こうした「新しい脅威」に対処するための兵力の再編成だということである。現在、アフガニスタン、イラク、フィリピン(対アブ・サヤフ)で作戦を実施しているが、ペンタゴンはバルカン半島から中東、西南アジアを経て、東南アジア、北東アジアとつながる地域を「不安定な弧」と名づけて、ここでの「対テロ戦争」にそなえようとしている。こうした文脈での兵力の再配置をしようとしている。
 第三は、ペンタゴンは現在、ラムズフェルド国防長官の指導の下、軍改革(フォース・トランスフォーメーション)を進めている。これはアフガニスタン戦争やイラク戦争で示されたようなデジタル技術を駆使して、精密誘導兵器や軍専用インターネットによる、より少ない兵力による、よりスピードの速い、新しい戦争遂行能力を備えた軍隊に変容させようという構想である。ラムズフェルド国防長官によれば、ことが起きれば10日以内に戦地に軍を展開・配備して、30日間の戦闘で勝利し、その後の30日以内に戦力を回復させて、次の戦闘に投入できるような軍のあり方、戦争のやり方にするのだという。こうした「軍事革命」を推進しながらの兵力の再配置であって、これまでの軍そのままの再配置ではない。同じアメリカ軍といっても中身のちがった軍にしようというのである。
 最後に、これはアメリカ軍だけの問題にとどまらない。ブッシュ政権は「対テロ戦争」を「連合」(コアリッション)を編成して、同盟国・友好国の協力を引き出しつつ行うこととしており、米軍の再配置の協議はその国の対米軍事関係強化と一体のものとして推進しようとしていることが重要である。石破防衛庁長官(当時)が在日米軍再配置と「防衛計画の大綱」の見直しとの間で「整合をはかれ」と述べたのはそのためである。自衛隊と米軍との新たな関係強化が課題となっている。この問題を引き金の一つとして、自衛隊の変容(自衛隊バージョンのトランスフォーメーション)が進められようとしていることを見逃してはならない。
 防衛計画の大綱の見直しのための「安全保障と防衛力に関する懇談会」報告(10月4日、首相に提出)が新たな日米安保共同宣言、新たなガイドラインを策定すべきだと提言していることに示されるように、米軍基地の再編成と日米同盟のバージョンアップが同時並行で進められようとしていることに配視しておかねばならない。
 在日米軍基地の再編成はこうした複合事態であることの認識が必要である。
        (松尾高志) 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/53-8082e46d

 | ホーム |