プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


VAWW-NET ジャパン2010年ワークショップのご案内

2010年はご存知の通り、故松井やよりが提唱し、VAWW-NET ジャパンが主催団体の一つとなった「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」(2000年12月)が開廷して10年目、「慰安婦」問題が韓国の女性運動から提起されて20年目、そして「韓国併合」100年(1910年8月)の年まわりにあたります。

 そこで、VAWW-NET ジャパンでは、今年前半期には、「慰安婦」問題の解決をめざす視点から、以下のように2月・3月に<特別編①②>を行ったうえで、「韓国併合」100年をむかえる8月を前に<「韓国併合」100年と「慰安婦」問題①②③>のワークショップを開催します。(後半期は「法廷」10年特集等を予定)。

<特別編②> 西野瑠美子(VAWW-NET ジャパン共同代表)

  「『あいだに立つ和解論』とは何か」

 最近、「慰安婦」問題、国民基金(女性のためのアジア平和国民基金)などをめぐって、韓国、そして日本に、「あいだに立つ和解論」が登場し、それが韓国以上に日本社会で反響を呼んできました。西野さんはいまなぜ「和解」が叫ばれるのか、そこに被害者が不在なのではないか、と根本的に問い直すために、『インパクション』(172号、2010年1月)に同名の論文を発表しました。

 「韓国併合」100年を迎える今年、西野さんの問題提起を通して、「和解」の意味を問い直すとともに、「慰安婦」問題の解決のために何が必要か、をいっしょに考えたいと思います。


【日時】 3月25日(木)6時開場、6時30分開始
【場所】 早稲田大学22号館 8階 会議室  
   (早大の国際会議場・図書館の門の道をはさんで斜め向かいの黄色のビル)
    東京メトロ東西線「早稲田」駅徒歩5分
【資料代】 800円

          
今後の予定

4~6月は、以下のように<「韓国併合」100年と「慰安婦」問題>シリーズを予定しています。乞うご期待!(★日程が決定いたしました。)


4月22日(木) <「韓国併合」100年と「慰安婦」問題①>
  宋連玉(青山学院大学教授、朝鮮ジェンダー史)
    「朝鮮植民地支配と朝鮮人女性ー公娼制度・「慰安婦」制度から考える」

5月20日(木) <「韓国併合」100年と「慰安婦」問題②>
  金栄(ルポライター)
    「植民地期朝鮮北部の軍隊と慰安所・遊廓」

6月17日(木) <「韓国併合」100年と「慰安婦」問題③>
  朱秀子(在日の「慰安婦」裁判を支える会)
    「在日の「慰安婦」宋神道さん裁判―個人・裁判・運動を振り返る」

  
 VAWW-NET ジャパン事務局 



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/483-f4819b20

 | ホーム |