プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 「しかし それだけではない 加藤周一 幽霊と語る」が明日、渋谷シネ・アンジェリカで公開されます。
 JCJ機関紙に以下の文章を書きました。


 死者は追想するものではなく対話するものだろうか。
 1919年生まれ、08年12月に亡くなった評論家加藤周一氏の前に現れるのは東大時代の恩師の神田盾夫(ラテン語)渡辺一夫(フランス文学)という碩学と出征して戦死した友人たち。
 加藤氏は彼らを「幽霊」と呼び「幽霊たちは意見を変えない」と言う。
 戦争中、時流に流されなかった神田教授たちは戦後も一貫して戦争を否定してきた。しかし真珠湾攻撃に熱狂した圧倒的多数派の人々は、戦後には一転して戦争を否定し、最近はまた戦争を容認している。
 再び国家が個人に死を強いる時代が来ないために、加藤氏は九条の会の提唱者の一人となり、老人と学生の共闘を呼びかける。06年に東大の駒場キャンパスで開かれた集会で、学生たちに「就職してごらんなさい。すごい圧力を受けますよ」と語る加藤氏は日本社会の同調圧力の危険性を見すえている。
 皇居の上空をB29が通ったら無事ではないと大真面目に語る者がいて、それに異議を唱えるのは危険だった時代。理性を敵視した戦時下日本を忌避する加藤氏は、41年の12月8日には文楽の公演を楽しんでいた。氏の日本文化に対する知識は広く知られている。
 このドキュメンタリーでも自らの非命を予感する源実朝に寄せる思いが語られ、能舞台の映像とともに日本文化の特質を語る加藤氏の言葉が示される。
 長年にわたり加藤氏に親近した桜井均氏(プロデューサー)は、強風になびく樹木、漁火の明滅する水平線など美しい映像を加藤氏のインタビューに交え、抒情にも叙事にも偏らずに加藤周一という戦後の精神を直叙する。(保坂義久)




   
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/469-3b1e1bc7

 | ホーム |