プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 06年6月25日発行の機関紙「ジャーナリスト」1面から、九条かながわの会の記事を再録します。


「九条の会」2年
身近なところが大事


いま、全国で「九条の会」が急速に広がっている。発足から2年で、地域分野別に5172もの「会」が結成された。(6月10日現在)これを支えてきたのは、一人ひとりの熱い思いだ。その運動の広がりの一端を神奈川で取材した。 清水雅彦

「自民党の人も入ってくれないかな。九条だけは守ってほしい」。こう話すのは、昨年11月に発足した「九条かながわの会」で事務局を手伝う中島素子さん。自身のことを「ボーッとしている市民」などと謙遜するが、ポスター、チラシなどの発送作業や電話応対はもちろんのこと、名簿の整備、会のホームページも担当する。事務局体制は中島さんを含めた5人と1人の応援で支えられている。全員がボランティアだ。
   中島さんが事務局をはじめたキッカケは、昨年2月25日に開かれた「九条の会」を聞く県民のつどい。5,000人以上が参加したこの集会に1時間前から並び、運よく第1開場に入ることができた。「ただ不安に思っているだけでなく、参加したかった」。当日の配布資料に賛同者の名前がたくさん載っているのを見て「こんな運動があるんだ。私も賛同したい」と思った。「九条かながわの会」でボランティアが必要なことを知り、さっそく申し込んだ。
 「一番大事なことは、身近なところに伝えることですね」。中島さんは、これまで生活クラブなどの活動に10数年関わってきた。「九条かながわの会」に対し、あそこは何々党系の組織という声を聞くが、そうではない。自分の考えを人に伝えることは苦手だが、九条についてはハードルは高くない。
2・25集会の感動は、いまも忘れることができない。「こういう力があれば、九条を守れるんじゃないか。これが大きくなれば・・・」。そのごく一部にでもなれればいいなと思った。特別なイデオロギーは持っていないし、労働組合活動をしてきたわけでもない。
日本は戦争をしない国で、そういう時代に生まれてよかったと思ってきた。「自衛隊」というから自衛だけと思っていたのに、どうして海外へ行くのか?PKOなどの活動を見て、それまでの「不沈空母発言」などとつながり、危機感を持つようになった。
 「私みたいな人がいっぱいいなくちゃいけないですね。そういう人がたくさん参加してくれればいいな。そこが広がらないとダメですね」。九条がこんなにすばらしくて、いまこれほど危ないのかと思ったのは最近のことだ。
 戦争には反対でも、国際貢献が必要とか、北朝鮮が攻めてきたらという人たちとは対話ができると思う。憲法と現実が乖離しているときに、現実に合わせるというのはおかしい。これまでの解釈をとめられず、そのままにさせてしまった。「戦争する国にならないように、いろんな力を合わせられるのはいいですね。その中に自分を加えていただけでよかった」。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/44-d5e11d29

07年6月10日・日曜日  今日の番組から

 07年6月10日・日曜日   ニュースショーは沢山ある。私は編集のできないこれらの番組は、放送局が編集などで手が加えられないので、やらせや誤魔化しがしにくいので好きだ。 日曜のチョッパナは時事放談だ今日は藤井裕久氏とアメリカのジェラルド・カーティスさんが日
2007-06-10 16:39 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

安倍って人はどうしてこう問題企業の広告塔になるのか~アパに続きコムソンも

 アパグループとの方々との楽しげな(?!)ワインの会の記念撮影(ここ←九リリック)に続き、コムソンの宣伝にも駆り出されていたことがネットで伝えられている安倍、その雄姿を留めておきます。 話題のコムソンタイムズは、こちら。 ちなみに、安倍は折口会長との対談
2007-06-10 12:05 | 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士

 | ホーム |