プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
制作者との対話
TVドキュメンタリーを通して メディアリテラシーを養う

会場  市民メディアセンターMediR
     東京都新宿区高田馬場2-7-11コーポ高田101

日程  11月15日(日)15:00~18:00
「証言でつづる現代史・こうしてベルリンの壁は崩壊した」(2008年1月放送 BS-1)

(前)ライプチッヒ市民たちの反乱 (後)首都が揺れた
 今年前半の4回にわたる講座の好評に応えた続編。11月9日、ベルリンの壁崩壊から20年目を迎える。東欧の民主化は、社会主義の自壊説から陰謀説まで様々な情報が飛び交ってきた。東独だけでなく東欧全体の社会主義体制を揺るがす発火点は、地方都市ライプチヒの市民デモから始まった。強権体制の下で市民は何を考え、民主的権利をどのように獲得しようとしたのか。その自発的な歩みを記録した番組のディレクター、長塚洋さんをお迎えして、番組を鑑賞の上、映像は何を伝え、何を記録していたのか、制作者と徹底討論したいと思います。


問合せ  アジア記者クラブ

電話 & Fax 03-6423-2452
ゲスト 長塚洋さん(テレビディレクター、フリー)
東京都在住。1958年生まれ、1986年早稲田大学文学研究科修了。
1998年 ANB「ザ・スクープ/激震の中で~大蔵省新人キャリアの一年」
2000年 CX「ザ・ノンフクション/ぼけてラプソディ」(朝日市場では『老いてラプソディ』)
2001年 ANB「スーパーJチャンネル/落語家・北朝鮮を行く」
2005年 NTV「きょうの出来事/温泉街 迷走ダムに悲鳴」(八ッ場ダムに翻弄される地元住民のリポート)
2009年 TBS「報道特集/冤罪大国アメリカの教訓~無実の死刑囚130人の衝撃」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/427-58ea9699

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。