プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 
イラク戦争を考える連続講座第26・27・28回 私が見たイラク戦争
「イラクは今」連続現地報告

②「最新バグダッド映像報告」~シーア・スンニ 宗派抗争に揺れる街
玉本英子さん(ジャーナリスト)
2007年6月11日(月)午後7時~9時
世田谷区烏山区民センター3階 第6会議室
  (京王線千歳烏山駅下車)(定員30名)
参加費:800円

 いま、バグダッドでなにが起きているのか? 今年の4月末、アジアプレスの玉本英子さんがバグダッド入り、現場で取材をしました。イラク戦争から4年。「戦争」はまだ続いています。自爆攻撃、狙撃の日々。不安におびえる住民、崩壊した生活。シーア・スンニ両派の抗争はいつまで続くのでしょうか。宗派抗争 緊張の最前線、市民の声などをバグダッドで撮影した映像とともにお話します。
?
※玉本さんがイラクから持ち帰った本場のイラクチャイを皆さまに振る舞います。日本では味わえない味をお楽しみください。

③「続・戦火のバグダッドから」
綿井健陽さん(ジャーナリスト)
2007年6月20日(水)午後7時~9時
世田谷区烏山区民センター3階 第4会議室
  (京王線千歳烏山駅下車)(定員45名)
参加費:800円

 綿井さんはイラク開戦から4周年を迎える3月、?約1年ぶりにバグダッド入りし、映画『リトルバーズ』の主人公達にも無事再会を果たした。「あらゆる場所やできごとが非常に見えづらくなった。聞く人によって大きく話が異なって、情報が錯綜する。外国人だけでなく、イラクの人たちの行動範囲がきわめて限定されて、『不可視』の部分で何が起きているのか把握できていない。」二次情報、三次情報ばかりがイラクから世界に飛び交う中、「それでも、何がどうわからないのか、何がつかめないのか、『現場でその「わからなか」を知っておきたい、肌で感じておきたい』と思う。」という綿井さんの見たバグダッドの今を報告して頂きます。

主催:今とこれからを考える一滴の会 
   03-5313-1525(留守がちですのでメッセージを残してください)
協力:世田谷市民運動いち 03-3706-7204

■イラク戦争を考える連続講座第29回 私が見たイラク戦争
「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」著者に聞く 陸上自衛隊と過ごした51日間
お話:金子貴一さん(ジャーナリスト)
日時:2007年7月10日(火)午後7時~9時
会場:世田谷区烏山区民センター3階 第7会議室
  (京王線千歳烏山駅下車)(定員36名)
参加費:800円 申し込みは不要です。直接会場にお越し下さい。

 金子貴一さんは、イラク・サマワに派遣された陸上自衛隊の民間人通訳として2004年2月から51日間を過ごし、その体験を『報道できなかった自衛隊イラク従軍記』として、今年3月に出版されました。 「51日間は、文化的な価値観の違いの橋渡しをしようと悪戦苦闘する日々だった」と振り返り、具体的な事例を通して、生き生きとしたイラクの人々の姿、自衛隊員の活動と悩み、そして問題点などが活写されています。
 今年、防衛庁は防衛省に格上げされ、海外活動が本来任務となりました。イラクに派遣された自衛隊員の多くにとって「この派遣はイラク復興のためであると同時に、自衛隊・防衛庁の存在意義を高めるための一大イベントであった」といいます。
 講演では、金子さんが従軍して体験してこられたこと、考えられたこと、そして「異文化間コーディネーター」「ジャーナリスト」として、いま伝えたいことについてお話して頂きます。

【講師からのコメント】
 イラクの人々にとっての真の幸せとは何か。
 イラクに携わるあらゆる外国人のイデオロギー、戦略、思想、宗教心、出身国での物事の進め方などの「異文化」が、いかに「イラク人の幸せ」を阻害することになるのか。イラク人の心の声に耳を傾け、彼らと共に悩みながら、自衛隊の「異文化間コーディネーター」として、「ジャーナリスト」として、大したことは出来ませんでしたが、活動をして参りました。この講演会の時間が、イラク問題を皆様と共に考えていく時間に出来たら幸いです。宜しくお願い申し上げます。

金子貴一(かねこ・たかかず)さんプロフィール
ジャーナリスト。1962年、栃木県生まれ。1988年、カイロ・アメリカン大学文化人類学科卒。在学中の85年よりジャーナリスト活動を開始。民放のカイロ支局を経てフリー。海外添乗員、英語・アラビア語通訳。
NGO「中国福建省残留邦人の帰国を支援する会」代表。NGO「ピースボート」講師、「ピースボート地球大学」アカデミック・アドバイザー、FBOオープンカレッジ講師。大阪市立大学非常勤講師などを歴任。
主な共著書に『カイロに暮らす』(日本貿易振興会出版部)、『地球の歩き方:エジプト編』(ダイヤモンド社)、別冊歴史読本『聖書とイエスの奇蹟』(新人物往来社)、文春文庫『「食」の自叙伝』(文藝春秋社)、『21世紀の戦争』(文藝春秋社)、『世界の宗教:知れば知るほど』(実業之日本社)。

主催:今とこれからを考える一滴の会 03-5313-1525(留守がちですのでメッセージを残してください)
協力:世田谷市民運動いち 03-3706-7204






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/42-2b5e347f

 | ホーム |