プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


JCJ神奈川支部通信49号(04年9月25日発行)から04年9月に横浜弁護士会で行われた古関彰一獨協大学教授の講演の記事を転載します。藤森研さんの記事と同じ号に掲載されたものです。憲法の成立過程の研究で有名な古関さんですが、このときは国際紛争の分析から説得力のある平和への構想が語られました。

憲法9条を人権概念の根本に~古関彰一さんの講演~

 9月10日に横浜弁護士会館で開かれた古関彰一獨協大学教授(憲法学)の講演会に参加した。「原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会」の呉東正彦弁護士にご案内をいただいた。
 講演タイトルは「憲法9条をいかに保持するか」。今、改憲の動きが加速し、その際の改憲論は9条を中心としたものだ。古関さんは「9条を守れ、と言っているだけでは守れない」とし、9条を新しくとらえなおす考え方を提示した。
 古関さんは、冷戦後に戦争のあり方が変化していることを論じた。国家対国家の戦争は減り、アフガン、パレスチナまた旧ユーゴ紛争のような国家対集団や集団同士の争いが増えた。戦争の原因も政治体制の選択より宗教や貧困が重要なファクターとなっている。そうした戦争、紛争では大国の政治統制がきかず、核兵器を頂点とした軍備の抑止力も意味をなさない。絶望に追いこまれたテロリストにとって、軍事的大量報復は抑止にならない。
 戦争は国権の発動であり、行政権力が軍隊の編成や投入の権利を持っている。だが今の戦争は国家権力の発動ではなく、私兵同士が争う形態も多い。古関さんはノルウェーの研究所がまとめた、冷戦後111件の戦闘行為のうち、国対国の争いは6件という数字を引用した。
 また、イラク戦争などアメリカの行っている戦争は、アメリカ単独ではなく、国連安保理決議を得た連合軍か、国連決議が得られない場合でもアメリカを中心とした有志連合が編成される。アメリカにしてみれば世界のどの国にもアメリカの要請に応じて軍事行動に加わる準備をしておいて欲しいはず。日本の有事法もアメリカからみればそういう意味合いだろうと古関さんは分析した。
 地域紛争やテロが主となる時代では、戦争は日常生活に密接に関係する。日本では1999年以来、周辺事態法、有事立法、さらには国旗国家法などの法案が成立し、教育基本法の改正ももくろまれている。
 アメリカでは96年の「反テロリズム法」や01年の「愛国者法」によって市民の権利が侵害され、グアンタナモ基地には裁判も経ずにテロリストとされた市民が拘束されている。
 古関さんは「戦争と平和」の問題が国際政治情勢の問題だけではなく、国内政治の問題であるとする。そして憲法9条について、人権概念の基礎に位置付けることが重要だと論じる。憲法9条の根底には、武力によって物事を解決しない非暴力の思想がある。日本国憲法は他の多くの国のような国家緊急権(明治憲法でいえば非常大権)を定めていない。
 憲法9条を堅持するには、戦争の原因を積極的になくすための努力が必要だと、古関さんは主張する。古関さんが例示したカナダでは、「人権と民主の発展のための国際センター」という財団が設立されて、外務省から予算が出ているという。財団は世界各地に人を派遣し政策提言をしたり、相手国の人材の研修に協力したりする。またNGOの活動も援助するという。
 日本政府の行う日の丸を掲げた国際貢献と違う行き方を古関さんは考えているようだ。日本も経済援助に限らず、警察官、医師、看護師などの派遣や民主化支援を行うが、日本国憲法の平和主義を国是として、アメリカ中心の有志連合軍への動員は否定する構想のようだ。
 -テロリズムを生み出す貧困や政治腐敗の解決を図らずに、世界中で軍事力を用いるアメリカへの同調は、憲法9条の精神にもとる。また対テロの闘いを理由にした「戦時体制」の進展は、市民的権利の侵害につながる。この2点をはっきり認識することが、9条改憲への理論的対抗になる-
 古関さんの講演の趣旨は以上ではないかと私には思えた。 (保坂義久) 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/39-12b48a37

07年6月4日・ 朝日新聞の切り抜き

 07年6月4日・ 朝日新聞の切り抜き 安倍内閣支持率が急落した。今朝の朝日にそのグラフが載っていたので切り抜いてみた。    テレビを見ていると、自民党議員の対応は、菅直人が厚生大臣のときの責任だと言っているが、己たちの責任回避に大童している感じだ。いっそ
2007-06-04 16:01 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

07年6月4日・月曜日 海外編の素朴な疑問

年6月4日・月曜日 今日はテレビと新聞の中から海外編の素朴な意見を書いてみます。 暗い話は後にまわして、     今まで2度ほど同じような話を聞きましたが、奇跡はおこるのですね。奥さんの献身的な看護がないと覚醒した時に体が動かなかったと思います。 寝ている
2007-06-04 14:54 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対する共同声明文の英語版

村野瀬@派遣秘書@ 私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対しますhttp://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/です。下に掲載するのは、「私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します」の共同声
2007-06-04 01:52 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室

 | ホーム |