プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 2月28日、東京・墨田区のKFCホールでひらかれたMIC(日本マスコミ文化情報労組会議)憲法民主言論委員会学習シンポジウム 「守ろう雇用 生かそう憲法 いまマスメディアに求められているもの」に行きました。
 豊秀一MIC議長の挨拶に引き続き、法政大学大原社会問題研究所長の五十嵐仁氏が基調講演。
 全国ユニオン事務局長の安部誠氏が年越し派遣村について特別報告しました。

 後半は五十嵐氏、安部氏に加え憲法学者の内藤光博専修大学教授、ジャーナリストの安田浩一氏をまじえ、岩崎貞明放送レポート編集長のコーディネートでパネルディスカッション。
 
 五十嵐氏は、構造改革路線へからの反転が明らかになった、潮目が変ったと強調。少子化や自殺者の増加の危機を指摘し、将来へ向けた政策課題として、
 ① 日本国憲法第25条や第27条などの理念を政治と生活に生かす「活憲」
 ② アメリカからの自立と独自のイノベーション戦略の策定
 ③ 労働再規制など、大企業の側ではなく労働者、生活者の側に立った政策転換
をあげました。

 安部氏は、昨年の派遣切りホットラインの実施のあと、派遣村構想がどのように実現していったかを語りました。
 厚労省の近くでやろうと、暗黙にみんなが思った、山谷へ炊き出しの実習に行ったと語る安部氏の報告は生き生きしていました。

 パネルディスカッションでも、憲法25条をめぐる学説の違い、外国人労働者の派遣切りなど重要な問題が語られました。
 
 次回以降、関連でエントリーをあげます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/324-c3694974

NO.993 小沢一郎氏の日米同盟論。

 民主党小沢一郎代表の日米同盟論が話題になっている。 防戦一方だった自民党からはいっせいに「国防を知らない論議だ」等と、反撃されてい...
2009-03-02 23:37 | 大脇道場

 | ホーム |