プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ラテンアメリカの反「新自由主義」の潮流は世界を変えるのか

日時  08年10月25日(土)19時00分~21時00分
会場  新宿リサイクル活動センター 東京都新宿区高田馬場4-10-17 高田馬場駅徒歩4分
参加費 会員・学生1000円、ワーキングプア(自己申告)1000円、ビジター1500円
         予約の必要はありません
問い合わせ アジア記者クラブ
        東京都千代田区三崎町2-2-13 三崎信愛ビル502 / 03-3261-1128


講師  小倉英敬さん(常盤会学園大学教員・元外交官)

 ラテンアメリカの反「新自由主義」の流れが堰を切ったように押し寄せている。1999年のベネズエラに始まり、エクアドルでは9月末、米国の影響下にあった旧支配体制を擁護してきた憲法の改正を国民投票で承認し、石油資源による収入の貧困層への分配が支持された。ペルーでも時期大統領選挙で左派政権誕生の機運が盛り上がりを見せている。ボリビアでは、天然資源を産出する地域の分離独立を促す水面下工作とモラレス政権打倒工作が発覚し、米国大使の国外追放、それにベネズエラも同調し、米国が両国大使を追放するという外交的応酬が続いている。
 しかし、米州機構は1973年のチリと異なり、外国勢力のボリビアへの介入には一致して反対する方針を確認したばかりだ。今月の定例会は、中南米全域に広がりつつある反「新自由主義」の潮流が、従来の「左翼政権」と違った要素を多分にもった「左派政権」として民衆の支持を集めている背景を指摘する小倉英敬さんをゲストにお招きして、この潮流が格差解消の流れにつながることで日本や欧米の矛盾に解決のヒントを与えることになるのか、解説していただきます。


 
小倉英敬さん(常盤会学園大学・国際コミュニケーション学科教員)
 元外交官。駐キューバ大使館勤務時代は、ラウル・カストロ国家評議会副議長(現議長)との関係構築に尽力した宮本信生大使の下で政務担当書記官を務め、駐ペルー大使館時代は、ツパックアマル革命運動(MRTA)による大使公邸占拠事件で人質を経験。帰国後、退官。『封殺された対話――ペルー日本大使公邸占拠事件再考』(平凡社、2001年)、『侵略の
スポンサーサイト

コメント

運動型新党・革命21準備会のスタートのお知らせ

はじめまして。
 貴ブログへの突然の書き込みの非礼をお許しください。
 この度、私たちは「運動型新党・革命21」の準備会をスタートさせました。
 この目的は、アメリカを中心とする世界の戦争と経済崩壊、そして日本の自公政権による軍事強化政策と福祉・労働者切り捨て・人権抑圧政策などに抗し、新しい政治潮流・集団を創りだしたいと願ってのことです。私たちは、この数十年の左翼間対立の原因を検証し「運動型新党」を多様な意見・異論が共存し、さまざまなグループ・政治集団が協同できるネットワーク型の「運動型の党」として推進していきたく思っています。
(既存の中央集権主義に替わる民主自治制を組織原理とする運動型党[構成員主権・民主自治制・ラジカル民主主義・公開制]の4原則の組織原理。)
 この呼びかけは、日本の労働運動の再興・再建を願う、関西生コン・関西管理職ユニオンなどの労働者有志が軸に担っています。ぜひともこの歴史的試みにご賛同・ご参加いただきたく、お願いする次第です。なお「運動型新党準備会・呼びかけ」全文は、当サイトでご覧になれます。rev@com21.jp
2008-10-14 17:02 | 革命21事務局 #2jqmHG1U URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/271-7cdfe9b8

 | ホーム |