プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム



レイバー映画祭2008


日時  9月20日(土)

会場  全水道会館ホール(東京・水道橋)

参加費 (通し券・出入り自由)
      一般 : 1500円
      前売 : 1200円(電話・メール予約も)

問い合せ    レイバーネット日本 TEL03-3530-8590

プログラム

10.00 開場

<第一部 時代をこえて>

10.30 「蟹工船」 山村聡 1953年 109分
  戦前の蟹工船は海のタコ部屋といわれた。全国からかき集められた労働者は、極度のドレイ労働に耐えかね、ついに立ち上がった。小林多喜二の原作を映画化した作品。解説=松本昌次

12.30 昼食休憩

<第二部 鉄道民営化は何をもたらしたか>

13.15 「今夜、列車は走る」 アルゼンチン ニコラス・トゥオッツォ 2004年 110分
 アルゼンチンの小さな鉄道の町。ここにも民営化の波が押し寄せ、ある日突然、路線の廃止が通達される。会社を放り出され、路頭に迷う5組の鉄道員の家族を追った劇映画。08年4月、日本で初公開された。

15.25「人らしく生きよう-国労冬物語」 ビデオプレス 2001年 100分
 現代リストラの原点といわれる国鉄分割民営化。無法に仕事を奪われた鉄道員・家族は、15年にわたって苦難のたたかいを続けた。01年劇場公開後、全国300ヶ所・海外7ヶ国に上映運動が広がった。

<第三部 短編セレクション>

17.25 「すべて消えろ」 仏・ジャン=マルク・ムトゥ 1996年 15分
   フランスの底辺労働者の実態を描いた作品
 「2008年シカゴのメーデー」 米国・レイバービーツ 2008年 15分
 「レイバー新作3分ビデオ」(お楽しみびっくり企画) 10分

<第四部 韓国労働運動の息吹>

18.30「私たちは風の中に立つ-トンイル紡織労組のたたかい」 韓国 イ・ヘラン  2006年 105分
 「女工」と蔑まれた女性たちがついに立ち上がる。御用組合幹部による糞尿攻撃にもたえ、守り抜いた志。労働組合の原点を描いたこのドキュメンタリーは、30余年の韓国民主化運動の歴史をも照らし出す。
20.30 閉会
 *各回、制作者・関係者によるトークあり。第四部は歌あり。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/234-f80b4ef1

都立三鷹高校の土肥先生を「別件」で事情聴取する都教委の傲岸ぶり

東京都教育委員会からの職員会議での挙手・採決禁止通達に異議を唱える土肥先生について、 2008-05-14 【転載・緊急署名は今日までです!】 「都立三鷹高校の校長を応援しよう!」 http://ameblo.jp/garbanzo04/entry-10096630123.html に「わんばらんす」の...
2008-09-10 07:17 | Like a rolling bean (new) 出来事録

 | ホーム |