プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JCJの役割 

 更新が滞っていてすみません。
 年があけてから支部活動を何もやっていないのですが、JCJの紹介も中途半端になっています。

 昨年の暮にJCJ全体の会議で、活動を活発にして会員や読者を増やすにはどうするのか、相談しました。その時に、そもそもJCJはどういう組織か説明しにくいから、人も誘えないね、という意見が出ました。
 目的を定めた規約があって、それに定められた組織があって、機関紙・ホームページ・ブログがある組織ですから「外から見えない」というのは本当はおかしいのです。
 でも、活動メンバーでも、JCJを何のためにやっているの、と聞かれると、どう答えてよいものやら。

 メディア関係の集会などにいくと、「JCJみたいな組織がもっと頑張ってくれないと」と激励されます。メディアの不祥事とか、NHKを政府が統制しようとしているとか、いろいろな問題で、メディアに働いている人、ジャーナリズムに関わる人が連携して運動を展開すれば、いろいろ違うんじゃないの、と思うことは自然ですね。
 それに応えた運動ができていない。

 沖縄、辺野古の事態がマスメディアでは取り上げられない。憲法を護る運動もニュースで扱われるには稀だ。野田聖子と佐藤ゆかりの女の争い、にニュースを仕立てて、「政治」をつたえたことになるのか。
 いろいろな場合に、「メディアはもう少しちゃんとして欲しい」と思う人は多いでしょう。
 でも、JCJ活動に一般の市民が加わってくれれば報道がよくなるかといえば、別に変わるわけではありません。
 では、なぜ、こうした運動が必要だと思って続けるのか。そこを具体的に説明しないと共感は得られない。

 もちろん一人、二人の記者が頑張っても状況が変わらないことは、市民の側もわかることですから、JCJ活動に即効性を求めているわけではないでしょう。でも、頑張っている現場の記者、制作者、編集者などが、力づけられるような運動が、メディア・ジャーナリズムのそばにあれば、なにがしかの効果はあるだろうとみんなに思ってもらえるか。
 そのためには、具体的な活動が必要です。なるべく、弾圧されたジャーナリストを応援するような運動のサポートを心がけたい。
  「表現の自由を考えるシンポジウム」

 もう一つ、運動シーンで、メディアに関わることはあまり知られていません。
 例えば「情報通信法」の動き。また、放送法の改定の問題点も、あまり報道されませんでした。NHK会長人事について、政府・与党の意向が強く働いていることも注意をよばないのではないか。財界出身の会長でNHKの経営を効率化する、とのイメージが先行しているのかもしれません。
 マスメディアの世界の課題を、市民の運動シーンに伝えていくのも、JCJの役割かと思います。
 いろいろな課題がありますので、神奈川に限らず、このブログでもお伝えしてい期待と思います。
 よろしくお願いします。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/143-63f769b0

朝日社説「希望社会へ…」-国の言い分を検証すべき。

朝日社説(1・21、ウェブ魚拓)は「希望社会への提言」で社会保障を扱い、将来図をどのように描くのか、その一端を示している。提言の核心は、福祉サービスを地方政府に委ねるという点である。分かりやすくいえば、国の責任から地方の責任に移すということだ。ただし、...
2008-01-22 16:10 | 花・髪切と思考の浮游空間

日米軍事同盟を必要とし、イラク戦争、アフガン戦争は違法ではないとする人物の悪質きわまる妄言

戦争は難しいですよ 日本が満州事変を「起こすことができた」理由を列挙します。 1.軍事偏重予算を何十年も継続し、軍備を充実してきた。 2.朝鮮半島を日本領とし、関東州と南満州を実効支配していた。 3.中国が内戦状態で、日本軍と対抗できる軍事組織がなか?...
2008-01-22 10:58 | 未来を信じ、未来に生きる。

人間、軍事、平和ー人類は共に生きる存在だと断定しない好戦主義者の悪質性ー

軍の完全否定はできない。現場を知っているから、平和維持軍がなければ交渉出来なかったという話・・リアルでしたね。で、その中で9条を掲げた和平交渉の重要性、日本の担うべき真の立場を述べてるんですが・・そこ、あまり詳しく放送されてなかったですねえ。 ほんと、...
2008-01-22 10:58 | 未来を信じ、未来に生きる。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。