プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 JCJ機関紙の締め切りの週なので林博史さんの講演のまとめに手が回りませんでした。すみません。
 林さんの講演を順をおってまとめるのではなく、レジュメの項目ごとにまとめます。

 まず「おわりに」という項目にそって林さんが話したこと。講演趣旨につながるポイントです。後ろにレジュメを転記しておきます。

 「慰安婦」問題は過去のことを持ち出して日本を非難するととる人もいます。林さんは慰安婦がなぜ問題になってきたか。そして米下院決議がなされるようになったか、歴史的推移を説明しました。
 日本軍従軍慰安婦が名乗り出たのは90年代の初め。韓国の軍事独裁政権がなくなり民主化の進展で、元慰安婦が証言するようになりました。
 その後、世界では旧ユーゴ内戦で集団的なレイプが起こり世界に衝撃を与えます。戦場で性暴力は起こりがちだと言っても、組織的な性暴力が目立ってきた。ルワンダ内戦などでも同様です。そうした組織的な戦時性暴力が繰り返されるのは、性暴力に対する不処罰がある。遡れば、日本軍による従軍慰安婦制度があって、東京裁判でも責任が問われなかった。そういう考え方のうえに開かれたのが2000年の国際女性戦犯法廷です。

 日本の戦争犯罪の追及が不十分なのは、現在の支配層が戦争犯罪の責任者の子どもや孫であるなど、支配層の連続性も原因だと林さんは指摘します。日本人の売春婦(当時は醜業婦という)を中国へ送るには、海外渡航として、出身地の警察の許可が必要で、その書類には町村金五の署名があるそうです。今の官房長官の父親ですね。
 韓国や台湾など日本統治下の国では、直接に住民を管理したのは現地の人で、女性を騙して集めてきた者も朝鮮人が多かった。慰安婦制度を問題にすることは韓国社会も断罪することになるので、長く抑圧されてきた。民主化、人権意識の発展によって過去の見直しが行われるようになった。

 「なぜ、今頃になって」という疑問に、林さんは、女性への戦時性暴力は今もある現代的な問題であること。民主化によって被害女性のカムアウトが可能になったことを説明しました。

 林さんはまた、過去の歴史責任を否定する日本の頑なな姿勢は、アメリカの東アジア政策でも障害になっていることも指摘しました。
 続き、にレジュメを転記したのでお読みください。
  おわりに

なぜ日本の戦争責任が問われるのか
 各地でくりかえされる戦時性暴力 ←日本軍「慰安婦」の不処罰
 1990年代、世界の認識の転換 国家間の賠償問題→女性の人権、人間の尊厳の回復
 2000.10 安保理けつぎ「すべての国家には、ジェノサイド、人道に対する罪、性的その他の女性・少女に対する暴力を含む戦争犯罪の責任者への不処罰を断ち切り、訴追する責任があることを強調する。」
 これを発展させたのが、2000.12 女性戦犯国際法廷 →日本のメディアによっても草津、中傷
 この流れのうえに米議会決議

冷戦下で日本の支配の継続 戦争責任のあいまい化 植民地支配・侵略戦争を正当化する志向
 東アジアでの冷戦構造 日本の植民地支配・占領の構造の温存(支配層の継続)
 →東アジアでは、民主による民主化(韓国、』台湾、フィリピン、インドネシア、ビルマ、その他)、
  中国の自由化
  民主化 戦後の軍事政権・独裁政権の民主化にとどまらず、日本支配下に作られたこうぞうの民主化
  韓国 盧武鉉政権 日韓交渉の記録全面公開 自国の問題点も
 東アジアの冷戦構造の解体・各国の民主化 → 日本の植民地支配・軍事占領の遺産の成算を意味する 
 現在、東アジアで問われているのは、20世紀全体の総括と清算
東アジアの未来にとって、日本が変わること(植民地支配・侵略戦争を自己批判し、その責任をとり、清算すること)は重要な意味を持つ


米議会決議の意味  東アジア冷戦構造の本格的な解体 米中関係の進展
  →日本の戦争正当化論が、アジア太平洋地域の平和と安定にとって障害

しかし、日本では、いまだに旧来の日米同盟論、アメリカに守ってもらっているという冷戦意識が継続
 植民地責任・戦争責任は過去のものとしか認識できない日本人たち
 東アジアの平和的改革の足を引っ張り続ける日本政府・日本メディア・日本社会
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/134-8e08b107

「従軍慰安婦」問題が示す重大な岐路

2007.3.8.20:00ころ [戦争犯罪]慰安婦・慰安所に関してオンラインで
2007-11-27 09:47 | 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」

 | ホーム |