プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 安倍首相の突然の辞任にいろいろ批判がありました。
 きょうは、後継総裁の動きにニュースの主流が移ってきました。
 マスメディアの報道価値としては自然なのでしょうか。でもJCJで活動している立場から言うと、安倍政権そのものを情勢の中で位置づけた報道、メディアの責任を自省した言論が必要だと思います。

 昨年の夏から秋にかけて、小泉後継として安倍晋三候補が自民党内の多くの支持を取り付けたのは、参院選の顔として「勝てる候補」と思われたからでした。それは安倍氏の大衆的人気を見越してのことです。まだ小泉ポピュリズムの余韻が残っていたともいえるでしょうか。
 そして、安倍人気を煽ったのはメディアです。
 
 拉致問題への毅然とした態度というところだけ焦点をあて、安倍氏の政治信条や経歴には注意を払いませんでした。前年には安倍氏らのNHK番組への介入問題が大きく取り上げられたにもかかわらず、それがNHK対朝日の対立へとそらされて、自民党保守派の歴史認識を問う報道はまれでした。
 そうしたメディアの賞賛と不作為があって、安倍政権が誕生したと思えます。そもそも政治スタンス以前に、これまでなら政治家としてのキャリアが乏しいことが懸念されるはずの安倍氏が、実体のない大衆的人気と期待を集めたことに、マスメディアの責任は大きいと思います。
 今、マスメディアは、掌を返すように安倍氏を、そして自民党を批判していますが、自分達の見識も問われるのではないでしょうか。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jcjkana.blog102.fc2.com/tb.php/110-544352c3

 | ホーム |