プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


  JCJ神奈川支部は1月27日、例会「神奈川選挙区から野党共闘の可能性を考える」をかながわ県民センターで開いた。県内の情勢を取材している神奈川新聞報道部・時代の正体取材班の田崎基氏と、市民連合横浜☆ミナカナ事務局の廣井丈二氏が講演。講演後、藤森研JCJ神奈川支部代表の進行で質疑応答が行われた。参加者は27人

 田崎氏は昨年の衆院選の結果を、県内18の小選挙区ごとに分析した。まず目に付くのは、比例復活を含め、自民党が全区に立てた候補者の当選。次に、野党共闘の効果があったところとして立憲民主党が勝った選挙区(4区・6区・12区)、立民と共産党が比例復活した選挙区(1区・7区・10区)を分析した。今後の共闘の課題は共産党の比例票をどう確保するかだと述べた。
 安倍首相が掲げる改憲4項目のうち、高等教育無償化・緊急事態条項・合区解消は法律レベルで対応ができるものとしたうえで、本丸である9条に自衛隊を明記する項目について語った。田崎氏は、現行憲法は軍事を想定していないので自衛隊をコントロールする仕組みがない、本来であれば改憲で国のありかたを変えるには何年もの議論が必要と指摘し、安倍首相の拙速を批判した。
 

続きを読む »

スポンサーサイト

 | ホーム |