プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部1月例会
神奈川選挙区から野党共闘の可能性を考える


先の衆議院選挙では民進党が分裂するなかで、新たに誕生した立憲民主党が野党共闘の成果もあって、健闘しました。
 野党共闘の接着剤の役割を果たしているのが「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(略称:市民連合)です。市民連合は2015年12月に、安保関連法案阻止の運動の中から組織された団体で、野党統一候補の推進や支援を行っています。2016年7月の参議院選挙では、32の一人選挙区すべてで市民連合推薦の野党統一候補の擁立を果たしました。
 各地に市民連合が作られ、神奈川や横浜でも組織を立ち上げて活動しています。
 今後、市民連合は何ができるのか、そして野党共闘はどう進んでいくのか、その核となる立憲民主党は期待に応えられるのか。
JCJ賞を受賞し、鋭いジャーナリズム性に定評ある神奈川新聞の連載、「時代の正体」で取材を続ける田崎基記者と市民連合横浜で活動している廣井丈二氏に、神奈川選挙区を例に、野党共闘の可能性について語ってもらいます。

日時 2018年1月27日(土) 午後4時~6時

会場 かながわ県民センター 301会議室 (横浜駅西口徒歩5分、ヨドバシカメラ裏)

講師 田崎 基 氏(神奈川新聞報道部・時代の正体取材班) 
   廣井 丈二 氏(市民連合横浜・事務局)

参加費  500円
主催  日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
連絡先 保坂 080-8024-2417
スポンサーサイト
 スポーツジャーナリズム研究会のサイトから。

 日馬富士 暴行事件 国際化と日本精神主義の限界

緊急2月集会

緊急2月集会
安倍政権、憲法改悪を国会に発議のかまえ

講師   中野晃一上智大教授  望月衣塑子東京新聞記者
日時   2月3日(土)午後2時
場所   エデュカス東京7階ホール
資料代  800円
主催   日本ジャーナリスト会議(JCJ) マスコミ9条の会

8513-1.jpg
 1997年の5月に設立総会を開いた後、7月5日に例会を開催し、JCJの香港取材ツアーに参加した支部会員の話を聞きました。

 9月の例会では、平和委員会の松尾高志さんが「日米ガイドラインの見直し」について講演、11月には、横浜弁護士会の間部俊明さんに「「BC級戦犯裁判 何がどうさばかれたのか」と題して講演していただきました。

 98年の例会は、4月 田立耕蔵氏の「わたしは731部隊員だった」という話を聞き、5月16日の支部総会では支部代表の石埼一二さんの「ビッグバン 規制緩和 アジア金融危機 それでどうなる?日本経済」講演を行いました。

 10月には神奈川新聞記者の池添徳明さんが「書くべきことを書くということ」という講演を、11月には「豊島の環境問題を考える」という明治学院大学大学院生の桑垣玲子さんの話を聞きました。
12月13日、神奈川支部恒例の「新酒を楽しむ会」に行く途中、横浜駅の根岸線ホームで、京浜急行の白い車両を見ました。
 「縁起がいいかな」(白ヘビじゃない)と思って、デジカメで写真を撮ろうかと思ったけど、バッグからカメラを出すのが億劫なのでやめて、すぐにきた電車に乗りました。
 翌日、新聞社のネット記事でいろいろ載っていましたから、写しておかないでちょっと残念。
 まったく、鉄道に疎いのですが。

 お酒の写真を代わりに載せます。
 「琵琶のさざ浪 もろみ酒」(埼玉・毛呂山町 麻原酒造) 「粉雪 にごり酒」(神奈川・海老名市 泉橋酒造) 「雪色ぽえむ 初孫」(山形・酒田市 東北銘醸) 「亀齢 六拾八」 (東広島市 亀齢酒造) 「亀の翁」 (新潟 三島郡 久須美酒造)の順です。

お酒 17年 web

酒瓶とビーカーと参加者銘々の紙コップに5色のシールを貼って、お酒が混ざらないようにして飲み比べました。

 | ホーム |