プロフィール

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放送を語る会・緊急集会
    
NHKの危機、今、何が必要か
~籾井会長発言が問いかけるもの~

 「従軍慰安婦は戦争地域にはどこの国にもあった」、(国際放送で)「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」。1月25日の新会長就任会見でこのような不見識きわまりない発言をしたNHK会長・籾井勝人氏。
 放送法を逸脱し、公共放送のトップとして不適格であることを自らさらけ出した籾井氏の発言に対して、視聴者や各界から厳しい批判や、会長辞任を求める声が沸き上がっています。
 NHKは安倍内閣の意向に沿う経営委員の任命や今回の籾井氏発言などで、公共放送としての存立の危機にあります。この状況に私たちはどう立ち向かったらいいのか、メディアに詳しい識者の方々のご意見を基に討論を深めます。

発言者  (アイウエオ順)
池田恵理子氏 元NHKディレクター、
   アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)館長
小田桐 誠氏 ジャーナリスト
醍醐 總 氏 東京大学名誉教授、
      NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ共同代表
田島 泰彦氏 上智大学教授
松田 浩 氏 メディア研究者
(司会は放送を語る会 戸崎賢二)

日時 2014年2月22日(土)13:30~16:30
会場 代々木区民会館・集会場
 交通 JR・都営大江戸線・代々木駅徒歩7分
     小田急線・南新宿駅徒歩5分
    (代々木駅西口から西へ向かう道路を進み、
     小田急線のガードをくぐってすぐ左側)

主催 放送を語る会  
協賛 日本ジャーナリスト会議・メディア総合研究所

お問い合わせは放送を語る会事務局まで  
小滝 090-8056-4161 今井 090-4678-7132
スポンサーサイト
NHK前抗議行動第2弾

籾井会長、百田・長谷川両委員は直ちに辞任せよ!   
-安倍総理・経営委員会の任命責任を問う!-

とき 2月12日(水)13時~14時

場所 NHK放送センター「西口」前(渋谷区神南2-2-1NHK放送センター)

呼びかけ 日本軍「慰安婦」問題解決全国行動

お問い合わせ アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館(wam)
       fax 03-3202-4634

NHKの籾井会長は、予算委員会の質疑でも不誠実な態度と発言を続け、到底NHK会長の任にふさわしくないことは、ますます明らかとなりました。
さらに、安倍首相の推薦でNHK経営委員になった百田尚樹氏が、都知事選で田母神俊雄候補を応援する街頭演説で、「南京大虐殺はな かった」と発言し、同じくNHK経営委員の長谷川三千子氏は1993年に抗議先の朝日新聞社で拳銃自殺した右翼団体元幹部を礼賛する追悼文を発表、
天皇が「ふたたび現御神(あきつみかみ)となられたのである」と、憲法違反の皇国史観、国民主権否定論者の姿を公にし、反省する気配もありません。

こんな人たちに、公共放送のトップや経営責任をまかせるわけにはいきません。
籾井、百田、長谷川の三氏は、直ちに辞任すべきであり、これらの経営委員を推薦し、任命した責任をとって、安倍総理はただちに辞任してください。
NHK職員のみなさん、どうか、勇気を持って、権力の暴走を監視する、その役割を放棄しないでください。
公正な放送を確保するために闘ってください。

籾井会長等三氏が辞任するまで、私たちは、市民に残された最後の手段として、受信料を支払わないことを、今日、NHKの経営委員会に伝えます。

思いを書いたプラカードを持参し、ご参加ください。

 * 当日は、共催団体、賛同団体 など 広く呼びかけるとともに、抗議行動の前に、NHK経営委員会宛の申し入れ書をNHK本局に届ける準備を進めています。

長生炭鉱水没事故72周年犠牲者追悼集会

942年2月3日、宇部炭田の長生炭鉱で起きた大規模な事故で犠牲になった193人の追悼集会。


2月8日
追悼式 11時~12時 長生炭鉱追悼広場
追悼集会 14時~16時10分 ヒストリア宇部 

長生炭鉱の“水非常”を歴史に刻む会 
籾井勝人NHK会長の発言に抗議し、即時辞任を強く求めます

 アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」

2014年1月25日、NHK会長のあなたはその就任記者会見で、「慰安婦」は「戦争をしているどこの国にもあった。ドイツになかったか、フランスになかったか。そんなことはないでしょう。ヨーロッパはどこでもあった」、また韓国は「日本だけが強制連行したみたいなことを言っているから話がややこしい。お金をよこせ、補償しろと言っている。しかしすべて日韓条約で解決している」と発言しました。
これを聞いて私たちは激しく憤り、強い危機感を抱きました。「慰安婦」制度の実態を知らずに歪曲された事実を吹聴することは、今も苦しみ続けて尊厳の回復を求めている被害女性たちを深く傷つけるものです。このような戦時性暴力の肯定と女性への人権侵害に無感覚な人が、NHKのトップに就任することがどれほど不適切で危険であるか、あなたは考えたことがありますか。


私たち、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)は2005年から、日本軍「慰安婦」制度の被害と加害の記録を収集し公開する活動を続けています。日本軍慰安所は、あなたが「オランダの飾り窓」と言っているような戦場の売春宿ではありません。日本軍と政府がアジア全域に、長期間にわたって組織的に設置・運営し、占領地や植民地の女性たちを監禁して強かんし続けた性奴隷制であり、世界に類を見ません。
このような事実は日本軍側の資料からも聞き取り調査や裁判記録ですでに全貌が明らかにされ、被害国だけでなく世界中の人々が知っています。戦時性暴力が重大な人権侵害で、根絶すべき戦争犯罪であるということも国際的な共通認識になってきました。このような戦争犯罪を肯定し、無頓着な人が報道機関の長におさまってしまうことに、私たちは憤りとともに恥ずかしさを覚えます。

続きを読む »

 NHKの籾井会長の就任会見での発言に抗議するアクションが、2月1日午後6時から7時まで、東京渋谷のNHK放送センター西口の前で行われました。

DSCN0893.jpg

 参加者のアピールを交え、NHKへ向けて、「籾井会長は辞任せよ」「NHK職員は闘え」とシュプレヒコールをあげました。
日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワークの声明。賛同募集しています。


橋下市長は暴言の責任をとって、直ちに辞任せよ!

籾井NHK新会長の辞任を求め、安倍政権の任命責任を問う!


 籾井勝人NHK新会長は1月25日の就任会見の場において、2001年に「慰安婦」問題に関連したNHKの番組に、当時の安倍晋三官房副長官らが圧力をかけ、番組内容を改ざんさせた事件を念頭に、政治とNHKの距離のあり方について尋ねられました。しかし、そのことには答えず、「慰安婦」問題について、「戦争地域にはどこでもあった」「『慰安婦』そのものは今のモラルでは悪い。だが、その時の現実としてあった」「ドイツ、フランスなどヨーロッパはどこでもあった」「戦争には付き物だ」「一番不満なのは、韓国が日本だけが強制連行したみたいなことを言うからややこしい。お金をよこせ、補償しろと言っているわけだが、日韓条約ですべて解決している。それをなぜ蒸し返すのか。おかしい」などと持論を展開したのです。

 私たちが籾井発言に大憤慨しているさなか、橋下徹大阪市長も、この籾井発言に味方を得たとばかりに、1月27日、再び得々と持論を展開したのです。「籾井発言はまさに正論。反論できる人はいない。僕が言い続けてきたことと全く一緒だ」「(『慰安婦』問題について、日本は)世界から不当な評価を受けていることにはしっかり言わないといけない。アメリカ人やヨーロッパ人は完全に勘違いしている」「『慰安婦』問題について、日本だけを袋叩きにする世界の態度はアンフェアーだ」このようなことを橋下市長が再び述べるとは、本当にあきれ果てたことです。

 記憶にも新しいことですが、橋下市長は2012年8月、「(強制連行が)あったというのであれば、韓国は(証拠を)出して」などと発言し、2013年5月には「なぜ日本だけが非難されるのか」「(戦場で)『慰安婦』制度が必要なのはだれだってわかる」「風俗業は必要だ。沖縄の米軍司令官に『もっと風俗業を活用して』と言った」などと、戦時下で女性の性を戦争遂行の道具として活用するのは当然と言わんばかりの女性蔑視発言を繰り返し、国内はもとより、国際社会からも大きな怒りの声を浴び、批判を受けました。その結果、「会って何になる」と韓国の「慰安婦」被害者から面談を拒否され、また、念願のサンフランシスコ市訪問も断られたのです。これらのことは、「政治家として失格」という烙印を国際的に押されたようなことなのです。それほどのことを経験しても、まだ「慰安婦」問題がどういう問題であるかを、橋下市長はわかっていないのです。

続きを読む »

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。