プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 選挙の一票格差について、「選挙無効」の判決が相次いでいます。裁判所は立法府の不作為を重く見ているようですが、憲法審査会の議論を聞いていると、今の議員には一票格差が民主主義の根幹だという意識が薄いのではという疑念を持ってしまいます。
 憲法審査会ニュースに載っている委員の発言から一票の格差に関係するものを掲出します。
 並べる順番はニュースの掲載順ではありません。

 3月21日の憲法審査会の議論、第3章(国民の権利および義務)では、みんなの党の畠中光成委員が党を代表する意見として以下の発言をしました。(発言の関連部分を掲出)

 畠中 光成君(みんな)
・ 一票の格差については、多くの違憲判決が出ている。これを早急・的確に是正するため、我が党は全国集計の比例代表制導入を主張している。この制度は一人一票が実現する、区割りの必要がないなど、利点が多い。また、選挙制度は、国民側から見てわかりやすいことが必要である。憲法審査会においても、選挙制度について憲法の観点から議論すべきである。

 
 第四章(国会)では、一票格差について以下のような意見が出ました。


 西川 京子君(自民)
・ 国会議員の選挙制度について、憲法に人口以外の面積等の要素を規定すべきだ。さらに、人口比が増えている大都市部において非常に低い投票率で当選している現状に鑑み、地方の議員定数について、環境や自然を守る意味でも一定の配慮をすべきである。

髙鳥 修一君(自民)
・ 国会議員の選挙制度については、行政区画等とともに面積も考慮すべきだ。人口割だけで定数是正を繰り返すと、都市部との格差がますます広がる。水、エネルギー、人材等も地方が供給し、都市部の便利な生活が成り立っている。国土の均衡ある発展を目指す観点から、人口以外の要素を憲法上認めるべきだ

中谷 元君(自民)
・ 47 条に基づいて決定した選挙制度について、司法が違憲や無効と判断するのが三権分立の関係から許されるのか、疑問である。同条は、国家の意思を決定する際、地域性の考慮など政治的裁量も許されると理解できるし、都道府県を単位として国民の意見を集約することもあってよいのではないか。民意を吸い上げる立法の判断に反する司法に対しては、立法府の中に憲法裁判所などを設けて議論すべきである。

篠原 孝君(民主)
・ 一票の格差について、一方で平等の視点があってもよいが、国会議員はその視点だけで選ばれてよいか。それでは、都市住民のなすがままに日本の在り方が決められてしまう。地方に住む者がいるからこそ、農業等が営まれ、特色が維持されている。ふるさと納税制度のように、居住していない地方の選挙区で投票する制度が考案されてもよいのではないか。今は住民票万能主義で、これでは都市と地方の格差は増すばかりだ。

泉原 保二君(自民)
・ 他国によって過疎地域の土地買い占めが始まっている。過疎地対策の観点からも、選挙区を、単純な人口比例ではなく、その面積を勘案して画定することに賛成である。
・ 議員の任期が残り1 年となると解散風が吹き出すが、解散のできない方法はないものだろうか。また、参議院議員の任期は6 年と長いため、任期を4 年とし、2 年ごとの改選とすべきだ。

大島 敦君(民主)
・ これまでは都市部で稼いで、地方に財政的な措置を行うことで、我が国の均衡ある発展が図られてきた。しかし現在では、高度の経済成長が望めない中、都市圏の中心部とその周辺部分とでは選挙区の意向が大きく異なってきている。個人的には、一票の格差は近付ける方向の中で、こうした地域の事情をも勘案しながら、議員定数について決めていくのが良いのではないかと思う。


畠中 光成君(みんな)
・ 国会議員の選出方法について、地方の実情を理由に、人口以外の要素を憲法上明確に認めるべきという意見があったが、「地方のことは地方で決める」という我が党の考え方からすると違和感がある。
・ 43 条より国会議員は「全国民の代表」という性格を帯びるわけで、一人一票という法の下の平等を軽んじるのは民主主義の根幹にかかわるのではないかと思う。


西野 弘一君(維新)
・ 首相公選制は行政の長をどう選ぶかということなので、大塚委員の指摘は当たらない。
・ 国会議員は飽くまで国民全体から選ばれたものであり、国民全体を見る自覚を持って仕事をすれば、都市と地方の格差が広がることはありえない。人口比例に基づく平等原則を憲法に明記すべきである。


 一票格差とは無関係ですが、西野委員のいう「大塚委員の指摘」は以下の発言です。

大塚拓君(自民)
・ 緊急事態には54 条で対応できるという意見があるが、緊急事態に国を挙げて選挙が実施できるのか。実施できない場合が想定されていないのが現行憲法であるということを指摘したい。
・ 首相公選制を導入すべきという意見があるが、行政のトップを公選するのは、共和制の二元代表のもとで、その片方を選ぶのが一般的である。天皇を元首と位置付けるならば、首相公選制とは不整合ではないかと思える。
スポンサーサイト
 参議院の憲法審査会に続き、3月14日と21日の衆議院の憲法審査会を傍聴しました。
 14日は憲法第1章、第2章の審議、21日は憲法第3章、第4章の審議でした。
 衆議院憲法審査会事務局が準備した論点表と憲法調査会の議論をもとにした参考資料が傍聴席置いてありました。
 14日も21日も、最初に衆議院法制局法制企画調整部長の橘幸信氏が、論点表を基に説明。そのあと、各議員が自由討議しました。
 
 総選挙を受けて委員の構成がかわり、傍聴席からみて左側の議長席から左側の自民党議員の席は、楕円形に並んだ席の、半分以上を占めています。ただ、両日とも自民党議員の席に空席が5つ6つありました。

 発言内容は以下の憲法審査会ニュースに載っています。

憲法審査会ニュースバックナンバー

 
憲法のつどい2013鎌倉~原発と日本国憲法~

日時 5月31日(金)18時30分開場 19時開演
場所 鎌倉芸術館大ホール(1500人) JR大船駅 徒歩10分

講師 
 内橋克人
「合意なき国策よ、さようなら」と私たちは声をあげ続けなければなりません。福島の悲劇に学ぼうとしない政治家を、二度とふたたび国会に送ってはなりません。 
 落合恵子
 核兵器に容易に変わり得るものを持つことを、恒久の平和を約束した憲法を持つ国に生きるわたしたちは、決して許容してはいけないはずです。      
 金子勝(慶應義塾大学)
 福島原発事故問題の根は深い所にある。不良債権問題から原発問題まで誰ひとり責任を取っていない。2013年は「失われた30年」になるか、21世紀型の新しい産業を生み出せるか問われる。

入場券 1000円(高校生以下500円)
前売り開始 3月15日より 保育申し込みは、5月21日(火)まで

入場券購入は、FA, メール、店頭で(鎌倉駅周辺の4書店)、スタッフ、
 FAX 0467-60-5410、0467-24-6577、氏名・住所・電話・FAX・予約枚数を書き申し込ムと、入場予約券を送ります。

 メールは、iza(アットマーク)kamakura9-jo.jp、氏名・住所・電話・FAX・予約枚数を書き申し込むと、返信メールを送ります。

【問い合わせ電話】0467-24-6596  鎌倉・九条の会
今日は午後1時30分から開かれた参議院憲法審査会を傍聴しました。

 開かれたのは四十一委員会室。議題は二院制です。
 最初に事務方の人が、参議院憲法調査会「二院制と参議院の在り方に関する小委員会」における議論の概要、というレジュメに沿って説明しました。
 レジュメは傍聴席の後ろに置いてありました。もう一つ、参議院憲法調査会「日本国憲法に関する調査報告書」(平成17年4月)の中から「二院制と参議院の在り方に関する小委員会調査報告書」という本文がA4で7枚の文書もありました。ノンブルが267から280までですから、全体の報告書の抜き刷りなんでしょうね。

 その後に委員が自由に意見を述べました。
 どの委員がどんな発言をしたのかは、後で議事録が公開されると思います。
 二院制に関する意見のポイントは、参議院が必要か、ということ。必要であるならば参議院の独自性をどうするのか。ということです。
 参議院の審査会ですので、一院制を主張したのは、「維新」の議員だけでした。他の議員では、参議院は行政府をチェックするために必要で、衆議院と参議院の役割を違えるようにすべきではという意見が大半を占めました。

 二院制の議論で、キーワードと言える言葉があります。「ねじれ」です。衆議院で議決されても、参議院の構成が衆議院と異なり、衆・参両院で多数党が異なると法案が通りません。そうした意思決定の遅れがあっては、情勢に機敏に対応できないという議論が最近は強いようです。憲法では衆議院の優越を認めていて、衆議院で3分の2以上で可決すれば法案は成立すると規定です。この衆議院の優越の規定をどうするにかも論点となりました。
 また衆議院と参議院の議決が異なる時は両院協議会で協議することと定められていますが、その協議会に党首や幹事長、政策立案者などを含めて実質化すべきだという意見を述べた議員もいました。
 3月末にJCJの総会が開かれます。それに向けて支部から活動報告の文書を出します。
 支部例会をまとめたのでここにも載せておきます。

 2012年度に開いたJCJ神奈川支部の例会は以下の通り。

 4月19日(木)
「食と放射能・内部被曝」
 横浜市健康福祉総合センター8B会議室 
 講師 長谷川倫雄医師(さがみ生協病院)

 6月23日(土)かながわ県民センター 1502会議室
 海に浮かぶ原子炉!横須賀・原子力空母の危険性~福島原発事故の中で考える
 講師 原子力空母の母港化を阻止する三浦半島連絡会事務局長  新倉泰雄氏

 11月22日(木) 
 横浜市健康福祉総合センター8F会議室
 第1部
 「これからのメディアとのつきあい方 ~テレビが何かおかしい!?」
 解説:JCJ神奈川支部代表 伊東 良平(元テレビ神奈川プロデューサー)
 第2部
 「ミニ写真講座~おまかせモードからもう一歩」
 担当:JCJ神奈川支部事務局長 清水雅彦(日本機関紙協会神奈川県本部事務局次長)

 12月13日(木)場 所 横浜市従会館3階会議室
 新酒を楽しむ会
昨日7日、神奈川支部例会「いま憲法が危ない!」を開きました。正確な数は後で確認しますが、JCJ支部会員を含め44人の参加者がありました。ありがとうございました。
 岡田尚弁護士の講演は、A4で10枚のレジュメをもとにして、①総選挙結果とその分析、予想されるこれからの改憲の動き、憲法を護る側のこれからの取り組み、について説明するものでした。
 レジュメで「憲法は今でも生きて、活きている」という項目のもとに、憲法を武器に闘った裁判を列挙した部分。憲法9条違反を争った「砂川事件」を始め、全逓東京中郵大法廷判決(27条、28条が争点)、景観の権利を13条の幸福追求権として追及した国立高層マンション訴訟などを列挙した話は、特に興味深いものでした。
 岡田氏は、環境権や知る権利などの規定を設けなくても今の憲法で十分であるとし、加憲論、創憲論を批判しました。
 最後に岡田氏は、改憲を阻止しようとする側の協同の動きについても言及しました。
 この集会については、神奈川支部の通信と、JCJ機関紙でも報告するつもりです。
3月7日の集会の会場、大きな部屋に変更しました。

JCJ神奈川支部緊急集会
いま憲法があぶない!
わたしたちが出来ることは~暮らしの中から憲法を考える


日時 3月7日(木) 午後6時30分から8時30分
会場 横浜市健康福祉総合センター 8F会議室
講師 弁護士、九条かながわの会・事務局長 岡田 尚 氏
参加費  500円
主催 JCJ神奈川支部
「今、沖縄はどうなっているのか!?」

日時 2013年3月6日(水)
    午後の部 午後2:00~4:00
    夜の部  午後7:00~9:00 ※どちらも同じ内容です。

講演 今、沖縄はどうなっているのか!?-オスプレイ強行配備から見える日本-

講師 島田善次さん(普天間海兵隊基地爆音訴訟団団長、日本キリスト教会宜野湾告白教会牧師)

場所 日本キリスト教会 横浜長老教会-横浜市神奈川区桐畑10-8
   -東急東横線反町駅または京急線神奈川駅を下車徒歩5分、サカタのタネ裏の桐畑公園の2軒隣

 島田さんは普天間基地の近くに在住。長く基地問題に取り組んできました。「辺野古移設」が言われるようになった時には、いち早く「これは基地強化。オスプレイを導入しようとしている」と指摘されました。ぜひご参加ください。

共催 日本キリスト教会 横浜長老教会
    本牧・山手九条の会
    外国人住民基本法の制定を求める神奈川キリスト者連絡会

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。