プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


12月3日には、この集会もあって迷います。

シンポジウム 調査報道をどう進めていくか

「3・11」の大震災に伴う福島第一原発の災害をめぐっては、「大本営発表ばかりの報道だった」などの激しい大メディア批判が沸き起こった。その一方で、「ジャーナリズム復権のためには、発表報道を克服して調査報道を重視すべきだ」との認識や動きも確実に広がっている。
  調査報道の現状はどうなっていているのか。課題は何か。可能性をどう広げ、豊かにしていくか。調査報道にかかわってきたジャーナリストや研究者たちが縦横に議論する!

日時 12月3日(土)13時30分~16時30分 (13時開場)
会場 上智大学2号館 508 教室
   JR・地下鉄四ッ谷駅下車  千代田区紀尾井町7-1
資料代 500円

基調報告「 調査報道を阻むもの〜当局との二人三脚をどう断ち切るか」
     高田昌幸(ジャーナリスト、元北海道新聞報道本部次長)

シンポジウム 「調査報道をどう進めていくか〜課題と可能性を探る」
       依光隆明 (朝日新聞特別報道部長、元高知新聞社会部長)
       田昌克 (共同通信社編集委員)
       小俣一平 (東京都市大学教授、元NHK社会部担当部長)
       田島泰彦 (上智大学教授)

コーディネーター橋場義之(上智大学教授)


連絡先  上智大学・田島研究室気付
       FAX 03-3238-3628
      
協力
  花伝社(『調査報道がジャーナリズムを変える』本年5月出版)
  旬報社(『権力vs調査報道』本年10月出版)
  平凡社(『新聞・テレビは信頼を取り戻せるか: 調査報道を考える』本年11月出版予定)
スポンサーサイト
機関紙協会の編集講座と重なっているので、どちらに行こうかと悩んでいる集会。

「脱原発でひらく新しい日本」

日時 12月3日(土)10時30分~16時30分

場所 プレスセンター・ホール
   (東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル10階)

交通 地下鉄・内幸町駅、霞ヶ関駅

参加費 1000円

     
第1部 「フクシマ」克服の道筋を問う(10時35分~12時)
    司会進行  岡本 厚さん(「世界」編集長)
発言者 澤地久枝さん(作家) 「国策」になぜだまされ続けてきたのか
    金子 勝さん(慶応義塾大学教授) 再生エネルギーは新しい世界をつくる

 《昼休み 12時~12時 45分》

第2部 脱原発と政治の役割・責任(12時 45分~14時30分)
    司会進行  桂 敬一さん

発言者 川内博史さん(民主) 
    小池あきらさん(共産)
    福島瑞穂さん(社民)

第3部 メディアの責任とジャーナリズムの課題(14時30分~16時20分)
    ーヒロシマ・沖縄・フクシマを貫くもの――
    司会進行  桂 敬一さん

発言者 鎌田 慧さん(ノンフィクションライター)
    佐藤 敦さん(東京新聞特別報道部長)
    松元 剛さん(琉球新報政治部長)
    岡本 厚さん(「世界」編集長)


主催 12・3「脱原発でひらく新しい日本」実行委員会


協賛 出版労連原発問題プロジェクト委員会
   MIC(マスコミ文化情報労組会議) 
   広島マスコミ九条の会 
   京都ジャーナリスト九条の会

続きを読む »

 JCJ機関紙「ジャーナリスト」に掲載した神奈川支部の登戸見学会の記事です。

 10月8日、神奈川支部では、旧陸軍登戸研究所の見学会を開いた。
 川崎市多摩区にあった登戸研究所は、1937年(昭和12年)に陸軍科学研究所が東京・新宿から移転してきたもので、広大な敷地は現在、明治大学のキャンパスとなっている。
宮永さん(旧陸軍登戸研究所の保存を求める市民の会)の案内で、まずキャンパスの一角にある弥心(やごころ)神社を見学。続いて動物慰霊碑まで移動した。
 慰霊碑は実験動物の慰霊碑とされるが、研究者には中国人捕虜に生体実験をした心の負い目もあったのではないかと、宮永さんは推測する。
 研究所の本館前のロータリーに植えられていたヒマラヤ杉があり、幹回りが二抱え以上ある巨木に育っている。
 当時の建物は殆どなく、キャンパス内の道の端にある消火栓、コンクリート製の弾薬庫が、僅かな遺構だ。
 中国紙幣の偽札を印刷・貯蔵していた木造の建物も、老朽化で昨年に取り壊された。建物の部材が、明治大学平和資料館に展示されている。
 資料館は生物・化学兵器を研究していた第二科の建物を利用している。
 宮永さんの案内で資料館を見学した。偽札の実物も展示されている。偽札の使用は国際条約により戦争犯罪として禁じられていたが、日本軍の関係者は情報提供の見返りに、訴追を免れたという。
 風船爆弾も登戸研究所で開発された兵器だ。アメリカでは、日本軍が風船爆弾に生物兵器を載せることを懸念して、パニックを恐れ、風船爆弾のことを秘密にしていたという。
 登戸研究所は、スパイの道具を開発したり、偽札を印刷したり、諜報戦に関わり、その存在は極秘にされていたが、大きな研究所には相応に人手も必要で、地元の学生などの募集もしていたという。資料館で視聴したDVDには、当時の関係者の記念写真なども記録されていた。
 興味深い企画だったため、参加者はJCJ会員以外の一般含め35人だった。(神奈川支部)
原子力空母・市民の会設立13周年記念講演
迫り来る三浦半島活断層地震と原子力空母災害の恐怖

講師  蟹江 康光さん(元横須賀自然・人文博物館学芸員)
    

日時 11月23日(水・祭)午後1時30分開会~

場所 逸見ウェルシティ5階 第1学習室
   JR横須賀駅。京急逸見駅 徒歩5分

資料代  500円

主催 原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会
  
連絡先 045-827-2713 横須賀市民法律事務所

    参考
 
 13日のかながわ九条まつりは、晴天に恵まれ無事に終了しました。
 大通公園は、横浜のメインの観光地ではなく、人通りはそう多くはないのですが、犬の散歩で立ち寄る人や、家族連れなども見かけました。
 ブースを出展したグループ以外にも、神奈川県内の九条の会の人なども多く参加したのだろうと思います。主催者の発表で3000人の来訪者があったということです。
 ブースを出展したグループ同士の交流にもなったと思います。
 会場ではさまざまな署名活動も行われていました。


 全景2

 JCJ・マスコミ九条の会は、塗り絵、「原発は必要?いらない?」のシ―ル投票をしました。テントの中では集会やデモの映像を上映しました。
 
 塗り絵


 
 明日はかながわ九条まつりです。

 九条かながわの会のHPにあるチラシに詳細が記されています。

  かながわ九条まつり

日時 11月13日(日)11:00~15:00 
会場 大通公園(横浜JR関内駅前)

内容の一部 

展示・学習コーナー
原発事故問題
横須賀原子力空母問題
放射線測ります
横浜市教科書問題
平和川柳
各国語の九条キルト
農産物
・相談コーナー(無料)
年金・社会保障・医療・法律

お天気は持ちそうですね。
秋の編集講座
 1日で取材から紙面づくり
 +パソコン編集コースも併設


日時 12月3日9時30分開場(10時開講 17時終了予定)


会場 「建設プラザかながわ」6階会議室
    JR東神奈川駅、京急仲木戸駅下車3分

総合基礎コース(定員20人) 
 講義 「どうして新聞の形なのか」
    「機関紙づくりのプロセス」など
 取材
 実習 「早づくり法」で紙面づくり
 話し合い 実習紙面を使って

パソコン(PC)編集コース(定員8人)
 講義
 紙面づくり実習
 話し合い

 *パーソナル編集長ソフトがインストールされたPCをご持参ください


受講料(昼食付き)
 【総合基礎コース】 
 会員団体 2000円 
 非会員団体3000円
 【PC編集コース】
 会員団体 3000円
 非会員団体 4000円

主催 日本機関紙協会神奈川県本部
   〒236 0004 横浜市金沢区福浦2.1.12
   TEL045.784.6928
   FAX045.784.6928 

共催 株式会社神奈川機関紙印刷所


 編集講座「同窓会」を開きます。新入生も歓迎 
 当日、講座終了後、近くで開きます
 会費 3000円程度


 西山正啓監督のドキュメンタリー、「脱原発 いのちの闘争」の上映会が、11月、12月の上映予定です。

  映画「脱原発 いのちの闘争」11月・12月の上映会

 レイバーネットに12月6日の世田谷の上映会の情報が載っています。

 そこからそういう映画なのか抜き書きさせてもらいましょう。

 「原発震災を問う人々」シリーズ第一弾!「脱原発いのちの闘争」(102分)は、 鹿児島川内原発周辺の海岸で「温排水と海の生物の異変」を記録しつづけている、海がめ産卵・ふ化保護監視員・中野行男さんの活動と、5月18日に行われた「原発廃炉を求める連絡会260団体」対「九州電力」の原発の安全性をめぐる徹
底討論を中心に構成。九電株主総会(6月28日)当日に行われた人間の鎖行動、海江田経産大臣の佐賀(安全宣言)訪問、九電やらせメール発覚によって混迷を深める佐賀県庁への抗議行動など、住民による、住民の生存権を問う、いのちの闘争を記録したものです。



いつのまにかオキナワの空の下を歩いてきた
―ぼくは、基地の島沖縄に、どうしてこだわるようになったのか?―

 この4月から開始した「沖縄定期便」は、これまで4回を数え、おかげさまでなんとか定着しそうです。今後も、その日、その時の状況をご報告します。
 さて、今回の企画は、1989年5月の第1回の沖縄訪問から22年が経過した今日名で、オキナワを歩き続ける中で、写真展を開催し、絵葉書を刊行し、スライド&トークを繰り返し、基地の島沖縄へのこだわりを深めてきた契機を、撮影現場(時間)と表現の場(時間)を掘り返しながら報告します。95年9月に起こった米兵による少女強姦事件から受けた衝撃、2004年4月・9月・11月の辺野古の闘いから受けた衝撃と「お前は何をしにきたのか?」という鋭い問いかけ…。個人との出会い、歴史を振り返る意義、自然を振り返る中での自分史の原点回帰など。

 よそものの私ができることは、たかが知れています。しじゃし、東京生まれの世田谷育ちの私は、東京に住む「日本人」(ヤマトンチュウ)の筋を通したいのです。
 考えおよばないことがたくさんあるかもしれません。それでも私が歩きながら考えて来たことを語り、皆様と対話が弾めば、新たな発見もあるでしょう。
 22年間お長きにわたることなので、2回(連日)に分けてお話します。

第1回 1989年5月~2004年4月まで。1970年~の前史にも触れ、沖縄に現実・人々の生活を具体的に見てこなかったことの反省も避けて通れません。
第2回 2004年4月~今日まで。「3・11」以降の問題や従来の「反戦・平和」論の見直しにも言及します。
 そうは言っても、ヤマヒデがやることです、沖縄の空の下に広がる魅せるスライドも存分にお楽しみください。(2011年10月3日)


日時 11月26日(土) 18時開場 18時30分~21時
   11月27日(日)   同上

会場 ピープルズ・プラン研究所
   文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
   地下鉄有楽町線江戸川橋駅1B出口を上がり左へ。
   一休橋信号を左折3軒目。徒TEK 歩5分。
   TEL 6424-5748
 
会場費 800円

主宰 フォトプラザ・ヤマモト
    TEL&FAX 03-5996―0779   

かながわ九条まつり2011

日時 11月13日(日) 午前11時~午後3時

場所 大通り公園(JR関内駅徒歩1分)

内容 東北物産展
   ステージ演奏
   企画展示
   放射能測定
   手づくりグッズやお酒・飲食物販売      ほか


JCJでもブースを出します。

 | ホーム |