プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9.30 4団体(MIC、JCJ、マスコミ関連九条、自由法曹団)学習会
「福島原発事故から考える ~国家と犠牲」


 3月11日の東日本大震災から数か月が経ち、被災地の復興に向けた支援が重要な課題となっています。被災地の地域社会の自律的な復興に向けて私たちに何ができるのか、が問われています。 一方で、今回の一連の出来事は、現在の社会のあり方に対する重大な問いかけを生じさせました。特に私たちを襲った「原発震災」は、日本のみならず人類の歴史と現在を根本から問い直すきっかけとなりました。国策として進められてきた原子力発電というシステムを「国家と犠牲」という観点から見直す必要があります。今回は高橋哲哉氏を講師に招き、ともに考えていきたいと思います。
 
基調講演 「福島原発事故から考える~国家と犠牲」
     高橋 哲哉(東京大学大学院総合文化研究科教授)

特別報告 「福島の課題」
    久保木亮介弁護士(自由法曹団・東日本大震災対策本部事務局長)

日時 9月30(金)18:30~20:30

場所 文京区民センター2-A会議室
    アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、
    地下鉄後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋)

資料代 500円

主催 MIC(マスコミ文化情報労組会議)、JCJ(日本ジャーナリスト会議)、マスコミ関連九条の会連絡会、自由法曹団 の4団体

問合せ MIC(TEL03-3816-2988) ※予約の必要はありません。会場に直接お越し下さい。


JCJ機関支部ブログに報告を書きました。
  

続きを読む »

スポンサーサイト
世界の核汚染と福島

日時 10月1日(土)14:15~

会場 世田谷・北沢タウンホール

講演 森住 卓氏

参加費 500円

問い合わせ  03-3418-3341(世田谷区労連)



連合通信社・情報懇話会21

第212回例会   時代を読む勉強会(2011年)

テーマ  「虚像超特急」
        ―リニア中央新幹線計画を問い直す―

日時  10月3日(月)午後6時20分~8時20分

講師  川村 生氏 (「リニア・市民ネット」代表/慶應義塾大学教授)

会場  港区立商工会館内第3、4会議室(東京都産業貿易会館6階)
    (東京都港区海岸1-7-8/JR浜松町駅から徒歩7分)

資料代 1000円


リニア計画の実像に迫る

 リニアは夢の乗りものか? JR東海が表明したリニア中央新幹線の2025年開業に、市民団体「リニア・市民ネット」が疑問を呈しています。今夏は節電が至上命令になったというのに、電力使用量だけを見ても在来新幹線の3倍、ピーク時には1時間5本で約27万kw(東京~名古屋)、または1時間8本で約74万kw(東京~大阪)。しかし、実はそれ以上の電力を必要とし、原発1~3基分です。今回の例会では、同団体の代表を務める川村晃生氏をお迎えし、リニアの実像を明らかにしてもらいます。

JR東海は第二のJAL?

 リニア事業はJR東海が単独で進めていますが、JR東海は現在、3兆円余りの借金を抱えています。2025年の東京―名古屋間の開業にかかる費用は5.4兆円。「リニア・市民ネット」は、さらに数倍に膨らむと予測し、しかも、そのツケは国民の税金にまわってくるのではと懸念しています。JR東海は第二のJALに? 川村氏の予想を伺います。

【講師の紹介】 かわむら・てるお 1946年生まれ。慶應義塾大学文学部教授。環境人文学専攻。もとは日本文学の研究者であったが、20年ほど前から環境問題の重要性に気づき、文学と環境問題の関係を主テーマとして取り上げている。市民運動にもかかわり、原発、道路、ダム、リニアなどの運動に携わっている。「全国自然保護連合」「リニア・市民ネット」「みどり・山梨」などの団体の代表を務める。著作に『日本文学から「自然」を読む』(勉誠出版)などがある。

主催=連合通信社 Tel 03-3454-1105 Fax 03-3454-6559 (東京都港区芝1-4-9)

【注】準備の都合から、できるだけ参加希望を事前にお知らせ下さい。

旧日本陸軍の秘密兵器研究
  ~旧陸軍登戸研究所見学会~


 昭和12年(1937年)、生田村(川崎市多摩区東三田)に作られた日本陸軍科学研究所の登戸研究所は、生物兵器、化学兵器の研究開発やニセ札作りなどを行っていました。
 研究されていたのは、ヘビの毒から作った毒薬、農産物を枯らす病原菌などの生物兵器、傍受や盗聴などの器具や隠し撮り用小型カメラなどスパイのための用具、実際にアメリカ本土攻撃に使用された風船爆弾など様々です。
この旧陸軍登戸研究所は貴重な戦争遺跡として保存され、資料館として活用されています。
 今回は、「旧陸軍登戸研究所の保存を求める川崎市民の会」の協力を得て、特別に見学会を開催します。
神奈川にある戦争遺跡を通してアジア・太平洋戦争の一端を振りかえってみたいと思います。


日時 10月8日(土)  午後2時~5時

集合場所  小田急線「生田駅」改札 午後2時までに集合

参加費   500円

 駅から現地まで移動します。人数を把握する必要がありますので、事前にご連絡ください
 (このブログの場合は、鍵コメントで連絡ということにします)

 「さようなら原発」一千万人署名市民の会の記者会見をやっています。

 jcj-cast

 大江健三郎、落合恵子、鎌田慧各氏が出席して発言。 


 追記
 終わってからも録画が見られます。

JCJの新聞部会がジャーナリスト講座を開きます。


《新聞・放送分野をめざす人のために
  JCJジャーナリスト講座》

第1回
日時 10月8日(土)午後1時半~5時 
会場 東京・神保町の岩波セミナールーム
   (東京都千代田区神田神保町2-3岩波アネクッスビル3階 地下鉄神保町駅A6出口 

講座①「海外取材のABC」(元米国特派員) 

講座②「特報部の仕事」(現場デスク)


第2回

日時 10月15日(土)午後1時半~5時 
会場 東京・神保町の岩波セミナールーム

講座③「取材とは何か。体験的取材報道論」
講座④「報道の文章とは。書くことのプロであれ」


事前に10月5日までに手書きで800字の課題作文をPDFファイルにしてメールで提出。その講評と添削指導を含む。

第3回

日時 10月22日(土)午後1時半~5時 
会場 日本橋公会堂集会室・第4洋室
   (東京都中央区日本橋蠣殻町1-31-1 地下鉄半蔵門線・水天宮前駅下車6番出口5分)


講座⑤「戦争と平和の問題を追う」(ジャーナリズム研究者)
講座⑥「原発震災報道を考える」(元NHK解説委員)

第4回

日時 10月29日(土)午後1時半~5時  
会場 八丁堀区民館6号室で
   (東京都中央区八丁堀4-13-12 地下鉄日比谷線・八丁堀駅A2番出口2分)


講座⑦「報道写真のためのカメラ術・撮り方のポイント伝授」(元朝日新聞写真部記者)

  自分で決めたテーマで撮った写真と簡単な説明文を10月22日までに事前にメールで提出。
   (詳細は後日連絡)

講座⑧「テレビ報道の現場から」(在京テレビ局ジャーナリスト)



定員   40人(先着順)

受講者資料代として1回1000円  4回まとめると3200円(支払いは会場で)

申し込みはメールかファクスで
①氏名②年齢③住所④電話番号⑤メールアドレス⑥参加希望日、を明記のうえ日本ジャーナリスト会議事務局へ
  メール jcj@tky.3web.ne.jp
  ファクス  03・3291・6478


主催・JCJ新聞部会  問い合わせ・JCJ事務局(電話03・3291・6475)




 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。