プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JCJ機関紙7月号から転載します。

 神奈川支部
 原発付近に米軍ヘリ墜落
 取材をもとに報道の問題点を指摘


 6月25日に開かれた神奈川支部例会でJCJ代表委員の中村梧郎氏が、地震・津波被害と原発事故避難地域を取材したスライドを見せながら、原発報道の問題点を語った。
 中村氏は4月上旬に現地に入り、南三陸町や浪江町を取材した。
 浪江町沿岸部は放射線量が高く、行方不明者の捜索もできない。
 原発には自然災害以外のリスクもあると中村氏は指摘する。
 愛媛県の伊方原発付近に米軍ヘリが墜落。現場は米軍が封鎖して現場検証した。伊方原発は普天間基地から岩国基地の飛行ルートにあたる。弾薬を積んだ航空機が墜落すれば大事故になる。
 原発から出る核燃料廃棄物処理の問題も、全く解決されていない。
 岐阜県瑞浪市では原子力発電環境整備機構(NUMO)が、深い立抗を掘っている。NUMOは将来、高濃度放射性廃棄物の地下貯蔵を目指している。日本は断層が多く、地下貯蔵も危険性があるが、地下貯蔵に肯定的な研究者の意見だけを取り上げた記事が、共同通信を通じて、NUMOの広告を入れて、パックニュースとして配信された。
 中村さんは、風力、地熱などの自然エネルギー利用は規制が多く、燃料電池発電や小規模水力発電などにも電力会社は熱心ではないという。
 中村さんは、「ただちに影響はない」という表現について、ダイオキシン問題と比較して批判した。
 参加者は28人。集会はJCJCASTが生中継して、現在も録画を見ることができる。
    (神奈川支部)
スポンサーサイト
神奈川県機関紙コンクールの個別審査で、送られてきた応募紙を読んでいます。
 送られてきたのは11紙。団体の支部で出している機関紙が中心です。
 全日本年金者組合の平塚支部、伊勢原支部、相模原支部、相模原支部女性だより、横浜西支部、神奈川土建一般労組の座間・海老名支部、座間・海老名支部主婦の会、横浜緑支部、南横浜支部、横浜建設一般労働組合の神奈川支部、津久井建業組合が出している機関紙で、A4で2ページのもの、4ページのものが中心です。

 応募紙は去年の号もありますが、今年3月以降のものも送られてきて、東日本大震災に言及しているものや、カンパの呼びかけなども多数あります。

 神奈川土建では、アスベスト被害の訴訟に取り組んでいて、座間。海老名支部の機関紙『謝知』には原告団の意見意見陳述書が掲載されていました。親子で工務店を経営して、父親が中皮腫でなくなった方の陳述です。
 アスベストの危険性は早くから知られていたのに、対策が遅れたのは国やメーカーに責任があるという訴えは、晩発性の健康被害が懸念される放射線が大きな問題となってる現在、いろいろ考えさせられます。
現場を40年歩き続けた人の話を聞こう!

樋口健二 原発と裁判
──裁判官までグルになった国策を暴く

日時 7月26日(火) 午後2時~4時

場所 弁護士会館 会議室 502

   千代田区霞が関1-1-3
   メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線
    霞ヶ関駅/B1-b出口直結

話し手 樋口 健二 氏 (フォトジャーナリスト)

[略歴]
1937年、長野県生まれ、74歳。東京綜合写真専門学校卒業
同校助手を経てフリーに。日本写真芸術専門学校副校長
1960年代から四日市公害を皮切りに、
高度成長のかげで苦しむ人々の姿を追い続ける
足とカメラと楽天性が仕事を支えてきた
2001年、ドイツの市民団体による「核のない未来賞」教育部門賞を受賞

[主な写真集・著書]
<最新写真集>原発崩壊(2011/合同出版)
はじまりの場所──日本の沸点(2006/こぶし書房)
樋口健二報道写真集成日本列島'66-'05(2005/こぶし書房)

参加費/1,000円

ブログ
http://ameblo.jp/idobata-cafe311/entry-10919060389.html

学校現場に内心の自由を求め、『君が代』強制を憲法に問う裁判
 北九州「君が代」訴訟=ココロ裁判 最高裁判決の日


7月14日(木)!
 傍聴行動と集会「ココロ裁判は何を闘ってきたのか」へのご参集を !!

傍聴行動
日時 7月14日(木)14:20整理券配布、15時開廷
集合 最高裁前
 判決後、最高裁前で抗議・アピール行動をやります

集会「ココロ裁判は何を闘ってきたのか」
日時 7月14日(木)18:00~
会場 文京区民センター3F(地下鉄:三田線「春日駅」、丸ノ内線「後楽園」)
発言 ココロ裁判原告(たけもりまきさん、牟田口カオルさん、ほか)
 支援者から 駆けつけてこられる方々からの発言を予定しています。ぜひ!

呼びかけ人 北村小夜、京極紀子、チェソンエ、桜井大子

後援 「日の丸・君が代」強制反対の意思表示の会
   「日の丸・君が代」の法制化と強制に反対する神奈川の会

9月19日に明治公園で大規模な反原発デモがありますが、
 (さよなら原発 集会
 8月6日にも、6月11日の新宿デモ(サウンドデモ)と同じ主催で、デモが行われるという情報がありますね。

 炎天下と予想されますから、それなりに準備が必要でしょう。
 日程の情報だけ流れてきたので、コースなどはわかりません。
 8月6日は広島の「原爆の日」ですから、原爆と原発との関わりが意識されることになるのか、も興味深いところです。JCJ神奈川支部で4月18日に開いた集会でも、核兵器と原子力発電は別のものではない、ことが指摘されていました。 
 原発の核分裂反応は制御されていますし、ウランの濃度が違いますから、その点では原発と原爆は当然違います。しかし、「日本は唯一の被爆国で核兵器には反対だけど、原子力の平和利用はいいこと」というだけで、原子力に関する現実が、簡単に割り切れるのものなのか。
 あらためて日本の原子力発電の歴史を振り返ってみる必要があると思います。
 
笹の葉と短冊を持って集まる人もいるかもしれませんね。


★大緊急!

【7月7日】 菅首相は玄海を再稼動させるな! 首相官邸前アクション

玄海原発2、3号機の再稼動に向けた動きが加速しています。**海江田経産相が6月29日に佐賀県入りして、**岸本玄海町長と古川佐賀県知事に再稼動を要請。岸本町長は7月4日、再稼動に正式同意し、**古川知事も会談後に「安全性はクリアされた」と表明しています。知事は、**7月8日の佐賀県主催の県民説明会、**11日に予定されている県議会特別委員会での審議を踏まえて、ゴーサインを出すと見られています。さらに、**知事が菅首相の佐賀県訪問を要請する中、菅首相の動向が焦点として浮上しています。


原子力安全委員会は、国による安全審査の基準となる「**安全設計審査指針」「耐震設計審査指針」の見直し(完了まで2~3年)**に着手したばかりです。また、福島第一原発事故調査・**検証委員会も発足したばかりであり、事故原因の解明はこれからです。そもそも、**安全審査や原子力規制そのものに失敗した原子力安全・保安院に「安全」**を保証する資格はありません。
こうした状況で再稼動させるのは言語道断です。さらに、**過酷事故の被害が広範囲に及ぶことが明らかになった中で、**立地自治体と立地県の首長の了解のみで再稼動を決定することは、**到底許されるものではありません。

私たちは、**地元佐賀県や北九州における再稼動反対の取り組みに呼応して、**菅首相に再稼動させないことを迫る緊急の首相官邸前アクションを**呼びかけます。要請文やプラカード、**横断幕や鳴り物などの持ち寄り大歓迎です。ぜひご参加ください!

【日程】 7月7日(木)

【集合時間】 午後6時30分 (8時頃まで予定)

【集合場所】 国会記者会館前
(アクセス 地下鉄:丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前」下車すぐ)
※首相官邸前でアピール行動を行い、**内閣府に菅首相あての要請文を提出します(要請文の持ち寄り歓迎)。**佐賀からのアピールも紹介予定。

【呼びかけ】 福島原発事故緊急会議
[連絡先] ピープルズ・プラン研究所
(TEL) 03-6424-5748 (FAX) 03-6424-5749
(情報共同デスク) http://2011shinsai.info

【賛同】脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会(eシフト)
    東電前アクション
    プルトニウムなんていらないよ!東京
    環境と暮らしを考える集い



ヤマヒデのスライド&トーク 沖縄定期便第2回

沖縄の米軍基地と「日本」
 2011年5月~6月の現実から

日時 7月2日(土)18時開場 18時30分~21時

会場 世田谷市民運動いち
   世田谷区豪徳寺1-41-6  TEL03-3706-7204
   小田急線豪徳寺駅・世田谷線山下駅げしゃとほ5分

カンパ 800円

主催  フォトプラザ・ヤマモト
    03-5996-0779 
    

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。