プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)です。
年末の押し迫った時期に恐縮ですが、緊急の賛同呼びかけをさせて下さい。

現在、韓国・済州島における海軍基地建設問題が重大な局面を迎えています。住民の粘り強い反対運動にも関わらず、韓国政府は年末から年始にかけて、建設工事の着工に踏み切ろうとしています。


同じ北東アジアに暮らす者として見過ごすことは出来ないと考え、緊急声明を発し、韓国政府や日本政府、済州島の反対運動に届けたいと思います。
ぜひご賛同をお願いします。締め切りは【12月28日(火)いっぱい】、短期間ですがよろしくお願いします。ぜひお知り合いにも広めてください。

【賛同あて先】 kojis@agate.plala.or.jp まで
※件名に「済州島声明賛同」とお書きください。
1.個人名・団体名:ローマ字(英文)表記も併せてお書きください
2.肩書き、都市名(同上)
3.連絡先:メールアドレス

<賛同締め切りは12月28日(火)いっぱいです。>
【呼びかけ】 核とミサイル防衛にNO!キャンペーン

[参考情報] 今年1月に取り組まれた抗議署名運動の報告


【緊急声明】
韓国・済州島における海軍基地建設に反対します

韓国政府は現在、済州島における海軍基地建設のための工事着工を、住民の反対の声を無視して強行しつつある。北東アジアの平和を求める私たち日本の市民は、工事着工の中止と基地建設計画の全面撤回を要求する。


基地建設は、ユネスコの世界自然遺産にも登録された珊瑚礁に回復不能な打撃を与えると同時に、住民の漁業と生活をも破壊することになる。


新たな海軍基地は、韓国のみならず日米をも含む「ミサイル防衛」対応イージス艦等の配備・寄港拠点となることは必至である。それは、中国に対する軍事的包囲網の強化であり、緊張を拡大することは明らかだ。済州島は軍事攻撃の対象ともなり、住民の生命はむしろ脅かされるだろう。


北東アジアでは、現在、軍事的緊張が高まっている。関係国は、本来なすべき軍事演習中止と緊張緩和ではなく、武力による威嚇と軍備増強の道を進んでいる。それは、軍産複合体に格好の市場を提供することにもなる。


北東アジアに残る冷戦構造を終わらせ、持続可能な平和を確立しなければならない。そのために、軍事演習禁止ゾーンの設置や平和協定の締結、地域的軍縮措置こそが求められている。さらに、すべての外国軍基地の縮小と撤去が必要だ。

沖縄・辺野古、高江にも、韓国・済州島にも軍事基地はいらない。北東アジアに新たな軍事基地など必要ない。不信の海を信頼の海へ、対立の海を平和の海へと変えなければならない。

私たちは、基地建設に反対する済州島住民に心から連帯のエールを贈る。
そして、韓国政府に対して、済州島における軍事基地建設計画を全面撤回するよう強く要求する。

2010年12月28日

済州島における軍事基地建設に反対する声明・賛同者一同
スポンサーサイト
 JCJ機関紙10月号から転載します。

 海上から見る基地の町・横須賀
 
 メディアの連携が必要 基地の街横須賀で交流
              沢田 正(広島支部)


10月9日から10日にかけ神奈川県横須賀市で開かれた全国交流集会に参加、米軍基地の存在を肌で知り、学ぶことが多かった。
 初日は「九条かながわの会」5周年イベントに合流。全体会の講演では、澤地久枝さんが「沖縄はアメリカにとって戦利品。香港でさえ99年で返還された。戦利品といえども永久に使っていいものではない」と訴え、大きな共感をよんだ。
 午後は沖縄タイムス・長崎新聞・神奈川新聞の合同企画「安保改定50年」を沖縄と神奈川の記者が語る分科会をのぞいた。神奈川の記者が「メディアは、これは沖縄の問題、これは神奈川の問題と分断シてきた。地域エゴを乗り越え、日本全体の問題としてとらえようと思った」と語ったのが心に残った。
 次の「軍港めぐり」へ移動途中、基地正門前で写真を撮ったら衛兵にとがめられ、近くの交番から駆けつけた警官に画像の消去を求められた。「ここは基地外の公道だ。根拠法を言え」と問うと「協力をお願いします」と言う。「憲法に保障された表現の自由だ」と抗議してその場を離れたが、基地の存在を実感した。
 続いてチャーター船に乗り、神奈川県平和委員会の鈴木和弘さんの案内で広大な基地を海から見た。鈴木さんには2日目もJCJ独自の日程で、神奈川県の基地について詳細なレクレクチュアを受けた。艦内に第7艦隊の司令部がある旗艦ブルーリッジは今はほとんど日本から離れないが、装備の発達で日本にいても中東の戦闘を指揮できるという。広島県に隣接した岩国基地へ厚木基地の空母艦載機を移す計画が進行中だが、基地を抱える地域のメディアが連携する必要性を痛感した。  
 
10月9日、10日、横須賀で開かれたJCJ全国交流集会の機関紙記事を転載します。
 全体の見出し「 海上から見る基地の町・横須賀」「日米軍事同盟の実態まざまざ」として、地方支部の2人のかたに書いていただきました。
 
 先制ミサイルを撃つのは横須賀の米艦船 
        徃住嘉文(北海道支部)
   
「沖縄は大変だ。だが、神奈川は日本で最も危険だ」。9、10両日、横須賀市内で開かれたJCJ全国交流集会は、神奈川県内にある在日米軍基地の深刻な実態を学ぶ場となった。
 初日、29人が横須賀港内の基地を港内遊覧船から見た。原子力空母は不在だったが、岸壁には放射線作業施設が建つ。
まるで街の中の原発だ。
 第7艦隊司令部は旗艦ブルーリッジ艦内にある。昔は戦場まで走って指揮したが、通信技術が発達した今は、一見平和な横須賀から遠い戦場の殺戮を統制する。
 案内役の神奈川県平和委員会の鈴木和弘さんは、湾岸戦争の時、横須賀の意味を痛感したという。駆逐艦の船体に、発射した数だけ、トマホークの絵を誇らしげに描いていた。その数61発。最多発射賞という。「何をいうんだ、最多殺人賞じゃないかと思った。アフガン、イラク戦争でも先制の第一撃ミサイルは、横須賀母港の艦船からだ」
 県内には在日米海軍司令部、日本の自衛艦隊司令部(以上横須賀)、米陸軍第一軍団前方司令部、陸自中央即応集団司令部(以上キャンプ座間)もある。文字通り日米軍事同盟の拠点だ。しかし艦船に限れば騒音は少なく、若い米兵が問題を起こすのも電車で遠征する東京の盛り場。経済は基地依存で、地元の反基地運動は容易ではない。
 交流集会は、九条神奈川の会の「やっぱ九条inヨコスカ」集会に合流する新形態で開かれた。9日は澤地久枝さんの講演や、基地報道のありかたなど七つの分科会で論議を深めた。10日は鈴木さんが講演し、「沖縄を返せ、基地を返せ、の声を再び」と誓い合った。 
        
JCJ新聞部会ゼミナール

報告「見てきた北朝鮮の断面」

講師 関東学院大学教授・丸山重威氏

日時 12月20日(月)午後6時半から 
  
会場 京橋区民館・1号室  (東京都中央区京橋2-6-7)
     地下鉄銀座線京橋駅・6番出口徒歩2分)

参加費  50円(学生無料)

主催 日本ジャーナリスト会議新聞部会
   
問い合わせ JCJ事務局 03・3291・6475

続きを読む »

 昨日8日、JCJの12月集会が開かれました。
 内容は、JCJ機関紙部ブログにまとめました。

 日米同盟の絶対視や民主党政権の変質など、共感する人が多い講演だったと思います。
 特に、新聞(マスメディア)のありかたを問う点で、JCJの役割をあらためて考えました。
 JCJの多くの人もマスメディア状況は危機的だと指摘するわけですが、それは、ある主張、例えばTPPには参加すべきではない、とか、在日米軍は沖縄から撤退すべきだ、などの立場を新聞や放送局がとらないというのではない。両論併記ですらないマスメディアの偏りに対して、異議を唱え、別の言論を構築し対と思います。
『非実在青少年規制』改メ『非実在犯罪規制』へ、都条例改正案の問題点は払拭されたのか?

 <パネリスト予定者>
河合幹雄(桐蔭横浜大学法学部教授・法社会学者)
呉智英(評論家・日本マンガ学会会長)
兼光ダニエル真(翻訳家)
とり・みき(漫画家)
西谷隆行(日本雑誌協会・編集倫理委員会委員)
保坂展人(前衆議院議員・ジャーナリスト)
水戸 泉/小林来夏(作家)
山本弘(作家)
藤本由香里(明治大学准教授)
山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)
他にも出演者随時交渉中。上記の方以外からの開場発言も予定されています。


日時  2010年12月6日(月) 
   18:30(開場)・19:00(開演)・21:15(終了)
場所 中野ZERO小ホール(東京都中野区中野2-9-7、03-5340-5000)
(JR/東西線中野駅南口から徒歩8分)

参加費 無料  事前申し込み不要

主催 「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」
協力 「コンテンツ文化研究会」



 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。