プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


JCJ(日本ジャーナリスト会議)神奈川支部11月集会

 シンポジウム 「市民メディアの未来と可能性」

 市民が市民の目線で、自らカメラを回し編集してインターネットで放送する市民メディア。新しい表現方法としてコミュニケーションの場を広げています。
 近年、各地域でたくさんの市民メディアの団体が生まれて活動を行っており、神奈川でも横浜市民放送局などをはじめ多くのグループが地域情報を発信しています。
 この市民メディアの現状や、関わっている人たちの思い、自らが情報を発信する意味や、この先、どれだけマスメディアに迫っていけるか。放送の内容やテーマがどこまで視聴者を捉えていけるか、そして電子書籍やスマートテレビの登場、機器やネットなどハードの進化でどこまで身近な存在になりうるかなど、メディアの世界が近い将来、劇的に変わるだろうと言われる転換期のいま、市民メディアの将来性や可能性を実際に市民メディアに携わっている方たちを中心にしてシンポジウム形式で探っていきます。

コーディネーター 鈴木賀津彦さん(東京新聞記者・横浜市民メディア連絡会)
パネリスト    橋本 康二さん (横浜市民放送局)
         木村 静さん(ヨコハマ・ポートサイド・ステーション)ほか交渉中


日時  11月27日(土) 午後2時~5時
会場  もみじざか・じょいぷらざ(神奈川婦人会館)3F第4会議室
    横浜市西区紅葉坂2   TEL 045-231-2567
    JR・地下鉄 桜木町駅下車徒歩8分
参加費  500円

主催  日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
スポンサーサイト
 今、ポートサイドステーションでやっている、「いらない!APEC第2弾―政府が推進する成長戦略をさまざまな観点から批判する」という集会の生中継を見ています。

http://portside-station.net/2010/10/17/6401/

集会の内容

≪おはなし≫ 「APEC成長戦略ハイレベル会合」が8月7、8日、別府市で開催され、成長戦略の5本の柱が合意されました。各分野からの問題提起を受けて考えてみましょう。
★批判1. 「あまねく広がる成長とは」<グローバル経済への抵抗>~フィリピントヨタ問題からみえてきたこと~遠野はるひさん(フィリピントヨタ労組を支援する) ★批判2. 「安全な成長とは」<東アジアの軍拡競争>~軍事の視点から~木元茂夫さん(すべての基地にNOを・ファイト神奈川) ★批判3. 「横浜に向けた取り組み」<テロ対策に名をかりた過剰警備&訓練>~寄せ場から~近藤昇さん(寿日雇労働者組合) ★批判4. 「持続可能な
成長とは」<原発推進は温暖化対策?>~反原発の立場から~山口泰子さん(ふぇみん婦人民主クラブ横浜支部)

{APECって何?} 11月13、14日に開催される「アジア太平洋経済協力(APEC)」は、21の地域や国の首脳が集まる会議です。「これらの地域の経済の発展を目指す」として「成長戦略」「地域経済統合」「人間の安全保障」を掲げていますが、実際には「自由貿易の促進」「軍事協力の強化」「労働運動の弾圧」と新自由主義経済を促進するための会議です。そもそもAPECは非公式な会議であり、何も決める権限を持つはずないのに、今や私たちの生活につながる政治の鍵を握る大きな力となっています。 APECが掲げる「成長」や「発展」はほんとうに私たちのためになるのでしょうか。さまざまな観点から考えてみましょう!
http://blog.livedoor.jp/noapeckanagawa/archives/849522.htm
アジア記者クラブ9月定例会

徹底討論 尖閣問題で試される日本の対中理解 日本の論理が通用しないこれだけの理由

日時 2010年10月16日(土)13:30~16:00

会場 総評会館201会議室*(東京都千代田区神田駿河台3ー2-11)

参加費 会員・学生1000円、ビジター1500円、年金生活者・生活が大変な方(自己申告)1000円

ゲスト 加々美光行さん(愛知大学現代中国学部教授)


主催 アジア記者クラブ(APC)
   〒101-0061東京都千代田区三崎町2-2-13-502
   ※Tel&Fax:03―6423―2452  
    最新の情報は、HPでご確認ください  


追記 ゲストの体調不良のため中止という連絡がきました。

続きを読む »

「やっぱ9条 in ヨコスカ」分科会 
メディアは基地をどう伝えているか 基地報道と九条


 昨年の政権交代後、鳩山前首相は普天間基地移設先を国外・県外で模索しました。それに対して中央メディアは自民政権時代の日米協定支持を再三報道し、日米同盟最優先を主張しました。
一方、地方メディアはどうか。基地を抱える神奈川新聞・沖縄タイムスの現場責任者にご登場いただき、両紙の報道姿勢、中央メディアとの違いや、基地についての共同企画連載記事についてなどを語ってもらいます。

日時 10月9日(土)14時~16時15分
場所 横須賀総合福祉会館5Fホール(横須賀芸術劇場の向かい・徒歩3分)
パネリスト
田口雅士(たぐち・まさし)氏 沖縄タイムス東京支社支社長
中村卓司(なかむら・たくじ)氏 神奈川新聞編集局次長・報道センター長
コーディネーター 河野慎二(こうの・しんじ)氏 JCJ運営委員・マスコミ九条の会・元日本テレビ社会部長

全体講演会終了後13時に芸術劇場4F入口前に集合されれば引率して、会場:総合福祉会館5Fホールに向かいます。なお総合福祉会館5Fホールはお弁当を持参すれば、飲食できます。
第二言論の結集「草の根アカデミー」第20回講演会

消費税のからくり
~消費税増税で失業率10%、自殺、年5万人超~

講師  斎藤貴男(ジャーナリスト)

日時 10月16日(土)18時10分開場、18時30分開始 21時ごろ終了

場所 文京シビックセンター地下1階 アカデミー文京学習室
    文京区春日1-16-21 03-3812-7111
    地下鉄後楽園駅・春日駅2分、JR水道橋駅10分

資料代 500円(会員無料)

主催・問い合わせ 草の実アカデミー
         FAX 03-3916-2676
         TEL 03-3916-2664(火・木・土日祝)

 | ホーム |