プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JCJ神奈川支部で後援していただいたことのある松沢弘さんが提訴した行政訴訟の判決があります。

反リストラ産経労行政訴訟判決と集会


日時 9月30日(木)午後1時10分

場所 東京地裁527号法廷 
   地下鉄・丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」下車A1出口


 フジテレビ・産経新聞グループ側の不当労働行為を容認した中央労働委員会の不当命令の取消を求めて、反リストラ産経労が提起した行政訴訟(被告=国=中労委)の判決の言い渡し

判決報告集会
      午後2時から4時まで、
      弁護士会館 東京地裁判所の隣り 508ABC室 
スポンサーサイト
 神奈川の機関紙コンクールの記事をJCJ機関紙「ジャーナリスト」9月号に掲載しました。

第41回「機関紙コンクール」の表彰式
カラー印刷の機関紙、増える
JCJ神奈川賞は3団体に


 機関紙協会神奈川県本部主催の第41回「機関紙コンクール」の表彰式が、9月11日、神奈川区のかながわ建設プラザで開かれた。JCJ神奈川支部は神奈川の機関紙運動と連携し、機関紙コンクールにJCJ神奈川賞を出している。
 今年のJCJ神奈川賞には、神奈川県建設組合連合会の「けんせつ通信」、通信産業労組横浜北分会の「つなしま」、首都圏建設アスベスト訴訟神奈川原告団の「原告団ニュース」が選ばれ、「つなしま」は機関紙大賞と異例のダブル受賞となった。
 NTTの闘う労働組合、「通信産業労組横浜北分会」は、わずか4人の組合員で、組織外にも影響を与える充実した紙面が評価された。「けんせつ通信」、「原告団ニュース」は、ジャーナリスティックな内容がJCJ神奈川賞の対象となった。
 表彰式には来賓として伊東良平JCJ神奈川支部代表他が出席、伊東代表から受賞者に賞状が手渡された。伊東代表は挨拶の中で、神奈川の機関紙の水準の高さを評価し、受賞作の内容を賞賛した。
 神奈川の機関紙コンクールでは、101紙の応募紙を38人の審査員が分担して精読し、個別講評を書く。単なる評価ではなく学習の場ともなっている。
 今年の特長としてはカラー紙面が増えたこと、年金者組合、医療生協などの支部機関紙の応募があげられる。
 JCJ機関紙「ジャーナリスト」2010年9月号の記事です。

10月9日~10日 横須賀で全国交流集会
 「九条かながわの会」の集会に参加


  JCJは10月9日(土)、10日(日)の両日、神奈川県横須賀市で全国交流集会を開催する。
 9日に横須賀芸術劇場(京急線「汐入」駅下車)を中心に開かれる九条かながわの会の「やっぱ9条inヨコスカ」の全体集会や分科会に参加し、夜は全国交流集会のメンバーで交流を深める。
 全体集会は澤地久枝さん(ノンフィクション作家)とアーサー・ビナードさん(詩人)が講演。
 分科会は神奈川新聞と沖縄タイムス記者が共同連載企画を語る「メディアは基地をどう伝えているか」、映画「沖縄」(1969年製作)上映、海上からの軍港ウォッチング(要予約)、俵義文さんを講師とした「教育と九条~横浜市歴史教科書問題と日の丸君が代問題」、仲築間卓蔵さんが戦艦三笠の前で語る「坂の上の雲学習会」、米兵犯罪現場の調査など盛り沢山。
 交流集会参加者はそれぞれを「取材」し、翌日の会議で全体化する。
 翌日は、横須賀中央駅近くのヴェルク横須賀へ移動し、そこでJCJ独自の会合を持つ。昨日の体験を話し合い、神奈川県平和委員会の鈴木和弘さんから神奈川の基地の現状を学ぶ。
 基地の街・横須賀の現状を知り、九条の会の運動の高揚を体験できる機会として多くの会員の参加を期待している。
 詳しいことはJCJ事務局まで。

やっぱ9条inヨコスカ
フォーラム  
アジアとの歴史和解と平和共同体の実現をめざして

日時 9月19日(日)  開場13:00 13:30~17:00

会場 明治大学駿河台キャンパス・リバティータワー2階1022教室
       (御茶ノ水駅下車徒歩5分)

今年は、日米新安保50年、韓国併合100年、そして、敗戦後65年の年…。
日本は殖民地支配と侵略・加害によってアジアの人々と諸国に大きな苦しみと損害を与えました。
それから100年、65年たった今日、日本はアジアとの歴史和解をいまだはたしていません。

平和な東アジア共同体を実現させるためには、日本が犯した植民地支配と侵略・加害について、
アジアとの歴史和解は避けて通れない課題ではないでしょうか。

日本は何故65年もの間この課題を解決できなかったのでしょうか。
このフォーラムでは、こうした問題について、3人の方に縦横に語っていただきます。

パネリスト
 辻井 喬(作家・詩人、日本中国文化交流協会理事長、日本芸術院会員)
 東郷 和彦(駐ロシア公使・条約局長・欧亜局長・
         駐オランダ特命全権大使などを歴任、京都産業大学教授)
コーディネーター
 小森 陽一(東京大学大学院教授)


資料代 1000円(学生500円)

主 催 アジアとの歴史和解をめざす会(準備会)
連絡先 03-3354-2555 (ピープルズ法律事務所)
九条かながわの会の集会。今年は横須賀を会場に多彩な催しが開かれます。


『やっぱ九条 in ヨコスカ~基地の街で平和を考える』

10月9日(土)11:00~18:00
横須賀芸術劇場とその周辺

オープニング・講演…澤地久枝さん&アーサービナードさん

その他、多彩な分科会&フィールドワーク&エンディング


 ブログ

 チラシ

 九条かながわの会

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。