プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みそかの満月

 今日は大みそかですが、空を見上げたら丸い月が出ていました。
 1990年代の後半にJCJの事務局長をしていた故宮本近志さんは講談社の文芸の編集者でした。
 あるときその宮本さんがある時、「今の作家はものを知らない。江戸時代の話を書くのに、大みそかに満月が照っていた、なんて書くんだから」とこぼしていました。明治以前は陰暦だということも考えないのか、ということですね。
 
スポンサーサイト
アジア記者クラブ1月定例会

なぜいま『坂の上の雲』なのか 司馬史観をどう見るか

日時 2010年01月28日(木)18:45~21:00
会場 自動車会館 大会議室 東京都千代田区九段南4-8-13(市ヶ谷駅2分

参加費 会員・学生1000円、ビジター1500円、ワーキングプア(自己申告)1000円

ゲスト 中村政則さん(一橋大学名誉教授)

 司馬遼太郎原作『坂の上の雲』の放映がNHKで始まった。司馬ファンにとっては待望のTV番組化だ。原作者の司馬は生前、この作品のTV番組(映画)化を「誤解を招く」として、頑なに拒んでいたことでも知られている。それがなぜいま、映像化されたのか。関係者の間では元々この作品は、NHKが日露戦争勝利100周年(2005年)にあわせて企画していたのだという声も聞かれる。来年は韓国併合から100年目に当たる。太平洋戦争を否定する人でも日清・日露戦争は止むをえなかったとする立場のは少なくない。明治の精神をルネッサンスのように語る声もある。政治的には左右の立場を問わず司馬遼太郎ファンは多い。1月定例会は、「『坂の上の雲』と司馬史観」(岩波書店)を上梓されたばかりの中村政則さんをゲストにお迎えし、なぜ司馬遼太郎に誰もが惹きつけられるのか、司馬史観の問題点を通して、なぜNHKが番組化に踏み切ったのか、『坂の上の雲』を徹底検証したいと思います。

続きを読む »

 12月19日に東京しごとセンターで開かれた緊急報告会「民族差別を許すな! 京都朝鮮学校襲撃事件」に参加しました。この集会は12月4日に起こった「在日特権を許さない市民の会」(在特会)による京都の朝鮮人学校への“抗議活動”に関して開かれたものです。この集会の開催にも在特会は妨害活動を自らのサイトで公言し、実際に会場の前で街頭宣伝活動をしていました。警察官とガードマンが不測の事態が起こらないように警備し、集会は無事に終了しました。
 集会は、京都での抗議活動を記録したDVDの上映、在特会に押しかけられた学校の校長の話、この報告会を企画・主催した東京造形大学教授の前田朗さんの話、在日本朝鮮人人権協会の人の話が続き、海外からの反応が紹介されたあと参加者が発言して閉会しました。
 
 DVDで見たところ、30歳~50歳ぐらいの年配の男性が、校門のところへサッカーのゴールポストを持ってきて置いたり、フェンスに登ってスピーカーを外そうとしていました。品のよくない言葉で公園を勝手に使うなという趣旨のことを怒鳴っていました。
 続いて朝鮮学校の校長が、4日当日の事情を報告、前田朗さんがこの報告会開催までの経緯とヘイトスピーチ、ヘイトクライムについて説明。在日本朝鮮人人権協会の人がこれまでの民族教育の歴史について語りました。

続きを読む »

 神奈川支部では、明日、16日の午後7時から、横浜市従会館3階第3会議室で、今年最後の集いを開きます。
 最後と言っても、今年は例会を1回ぐらいしか開けなかったのですが。
 神奈川支部は毎年、「納め会をかね、新酒を楽しむ会」として、数種類のお酒を飲み比べる会をしています。日本酒(地酒)を飲み比べながら、その説明をお酒に詳しい人に聞きます。その前に、情勢や活動についても自由の討議します。
 ことしは政権交代して、それをどうとらえるのか話は尽きないと思います。
 別に、閉じた会ではありませんので、よろしければおいでください。
 会費は1500円。(お酒の費用です)


 会場の地図 

続きを読む »

 明日はJCJの12月集会。
 本多勝一氏の講演です。

日時 12月8日(火)午後6時半から
会場 自動車会館
     (市ヶ谷駅 電話03・3264・4719)

講師 ジャーナリスト・本多勝一氏
(元「朝日新聞」編集委員、現在「週刊金曜日」編集委員)
朗読 『戦場の村』 宮崎絢子さん
(元テレビ東京・アナウンサー)
 参加費 1000円(会員800円・学生500円)/定員150人 

  イラクへの米軍侵略、アフガニスタンへの米軍増派など、米国を中心とした戦争は「テロとの戦い」を大義名分に広がる一方です。これに対し、新聞や放送を見ても戦場の実態を市民に知らせる報道が極端に少なくなっています。この時代にジャーナリストは何をすべきか、その課題をジャーナリストの本多勝一氏に聞きます。

 日本ジャ-ナリスト会議(JCJ)
〒101-0064東京都千代田区猿楽町1-4-8松村ビル401
問い合わせは電話かファクスで/TEL03・3291・6475 FAX03・3291・6478

続きを読む »

マレーシアからの声 アジア・フォーラム横浜証言集会
私は、日本軍の蛮行を見た!

証言 王家昆さん (マレーシア 78歳)

講演 高嶋伸欣先生(琉球大学名誉教授)

日時 12月5日(土)午後3時(開場2時半)

場所 かながわ県民センター2Fホール(横浜駅西口徒歩5分)

資料代 1000円(大学生以下無料)

主催 アジア・フォーラム横浜

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。