プロフィール

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像から北朝鮮を見る


ゲスト 吉田康彦(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員教授)
受講料 : 2回 4000円(MediR・APC会員3000円)

[1] 5月12日(火) 19時~21時 
 「北朝鮮の核・ミサイル開発の狙い、真意はどこにあるか」

繰り返し放映される北朝鮮人民軍の軍事パレードや10年前の「光明星1号」発射映像と写真。メディアで氾濫するこの手の映像や断片情報、願望情報が日本人の北朝鮮観を形づくる上で重要な役割を果たしてきた。ではどのようにしてデマや目くらまし情報を見抜き、冷静に北朝鮮の動向を見きわめることができるのか。今春のミサイル騒動を中心にゲストともに考えます。

[2] 5月19日(火) 19時~21時 
 「拉致問題の”解決”とは何か」

 日本では大々的に報じられたキム・ヒョンヒ元死刑囚の記者会見は記憶に新しい。しかし、日朝平壌宣言以来、拉致問題の解決は何の進展も見せていない。逆に北朝鮮への経済制裁の延長や人工衛星積載ミサイルの撃墜を日本政府が公言したことから、日朝関係全般が凍結したままだ。映像の目くらまし効果のなかで、拉致問題の解決を阻んでいる映像効果や問題点を検証します。


スポンサーサイト
「アフガニスタンで命の水を求めて~アフガンからみた憲法九条~」

KHC九条の会(慶應大学九条の会)
「キャンパスから九条の大切さを発信していこう」という思いを持って、少人数ではありますが、学習会や講演会などを行っています。
今までには、作家の雨宮処凛さんと東大教授小森陽一先生の対談企画や、靖国ツアーなどを行ってきました。
お時間があればぜひお越しください。

日時 5月2日(土)14:30~ ビデオによるミニ学習会
15:00~ 講演会
場所 慶應義塾大学 日吉キャンパス
-横浜市港北区日吉4-1-1、・東急東横線、東急目黒線、横浜市営地下鉄グリーンラインの日吉駅下車、徒歩1分

講師 ペシャワール会事務局長 福元満治さん

アフガニスタンで、医療・農地改革など人々の死活にかかわる分野で復興支援を続け、 国際的に名高い評価を受けているNGO団体ペシャワール会。昨年は伊藤和也さんが殺害されるという痛ましい事件が起こりました。今回は、渇水や外国軍による激しい軍事行動に苛まれる人々を命がけで支援してきた同会の福元満治氏をお呼びし、お話を伺います。

5月1日 「ムービーメーデープロジェクト--自由と生存のメーデー09前夜」

[時間] 19時30分-23時30分
[場所] Asagaya Loft A (杉並区阿佐谷南1-36-16-B1)
[交通] JR中央線阿佐谷駅パールセンター街徒歩2分
[内容]
○ 第1部「『黄金の旅団と路上の星』ワールドプレミア」

2008年「ゴールデンメーデーウィーク」に全国の独立系メーデーを旅した「黄金の旅団」の記録を上映し、監督・出演者+ゲストによるトーク。

出演:朴ゆん(映画『黄金の旅団と路上の星』監督)/yoshiya(黄金の旅団・カンガルー担当)/たま(黄金の旅団に乗った野良猫)/鈴木剛 a.k.a QT(フリーター労組副執行委員長)/松本哉(素人の乱5号店店主)
※ミラノ、ソウルのメーデー中継あり

○ 第2部「映像の力/悲惨な<自由>」

労働者運動・社会運動にとって役割は増しつつある映像。その可能性と限界、と同時にメディアアクティビストたちが抱える困難を切開するトークセッション。

出演:イルコモンズ/藤井光(ムービーユニオン)/園良太(フリーター労組)

[チャージ] 1500円(前売 1000円)
Asagaya/Loft A 電話予約: 03-5929-3445

★ 5月2日(土)「六十億のメーデー集会」

[時間] 14時半-21時(14時開場)
[場所] 東京ウィメンズプラザ・ホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
[交通] JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
[内容]

○15時-16時半 「居住」をめぐるパネルディスカッション
求めるのか、奪うのか、作るのか。「居住」をめぐるさまざまな論点を話し合うディスカッション。

パネル:稲葉剛(住まいの貧困に取り組むネットワーク)/中島和之(山谷争議団・反失実)/菊地謙(「自由と生存の家」実行委員会)

○17時-18時半 自由と生存のワークショップ
それぞれに身体と頭を動かして、民主主義と生存とたたかいを経験する。

ブース:民主主義の実践/生活保護取得/労働組合の作りかた

○19時-20時半 「生きることは『迷惑』か!?」ラウンドテーブル
全国の独立系メーデーをたくらむ人々のほかに、労働組合も労働組合ではないモノも集合。生きることが「迷惑」とされ退けられる社会について議論する。

出演:多数

続きを読む »

 JCJ機関紙「ジャーナリスト」09年4月号は、明日、会員に発送します。
 4月号に掲載された記事です。

小島明将さん死去

JCJ神奈川支部の小島明将さんが4月3日、前立腺癌で亡くなった。75歳。
小島さんは日経労組出身、1968年~79年、新聞労連書記長・副委員長を務め、この間、相次ぐ地方紙の経営危機、労組潰し、不当解雇などの長期にわたる労働争議解決の先頭に立った。
故・岩切信(当時・東京労組委員長)元事務局長・代表委員に対する中日新聞社の不当解雇撤回闘争もその一つ。学者・研究者の協力を得て産業政策を前面に掲げた新しい運動構築にも貢献した。ご冥福を祈ります。 (神奈川支部)


絵画展“子どもの目に映った戦争” 同時開催「キルトで0条を」展

日時 2009年4月22日(水)~4月25日(土)。10時~20時。
    ただし、22日は14時開場、25日は16時閉場。

場所 かながわ県民センター

参考

JCJの6月集会のお知らせです。

「新自由主義経済」の破綻とマスコミの責任を問う

講師 二宮厚美氏(神戸大学教授)
日時 6月6日(土)午1時開場、同1時半開会
場所 岩波セミナールーム
    千代田区・神保町
参加費 千二百円(会員・予約千円、学生八百円
第40回市民憲法講座
「いま、学校はどうなっているのか」
 ~私の経験を中心に~

お話 湯本雅典さん(元小学校教師・ビデオジャーナリスト、学習塾「じゃがいもじゅく」主宰) 
 
「教育改革」が叫ばれる中、心身症や「うつ病」など心の病に苦しみ休職を余儀なくされる教師が増えています。いま、学校現場では何が起こっているのでしょうか。今回の講座では、2006年まで小学校教師をされ「学校を辞めます 51歳・ある教員の選択」(合同出版)・ を発表された湯本雅典さんのお話と作品( 「学校を辞めます-51才の僕 の選択」(東京ビデオフェスティバル2007優秀賞受賞)、「憲法が消えた 東京都の小学校でおきたこと」など)の上映を行います。

日 時 2009年4月18日(土)6時半開始
場 所 文京区民センター 3C会議室
参加費 800円

主催 許すな!憲法改悪・市民連絡会
    東京都千代田区三崎町2-21-6-301
03-3221-4668 Fax03-3221-2558
タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド上映会&トーク

 「テロとの戦い」の闇に切り込む衝撃のドキュメンタリー
 2008年度 第80回アカデミー長編ドキュメンタリー賞 
 2007年度 トライベッカ映画祭ベストドキュメンタリー賞

 日時 4月22日(水) アースデイ東京2009参加企画
 会場 阿佐ヶ谷ロフトA TEL03-5929-3445
 開場 午後6時30分 開始7時30分
 参加費 予約 900円 当日1000円 (プラス1ドリンク)
出演 川上園子(アムネスティ・インターナショナル日本9
     青山敬子&鈴木理栄(『グアンタナモ基地で何が起きているのか』編者) 他

  第80回アカデミー長編ドキュメンタリー賞受賞の一方で、米ディスカバリーチャンネルが「激しい論争」を危惧し放映を中止した問題作である『タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド』(アレックス・ギブニー監督)を上映後、トークディスカッションを開催。

 電話 ホームページで予約受付中
 TEL 03-5929-3445
 http://www.loft-prj.co.jp/lofta/


 カルデロンさん一家の問題で反発する人々が、デモを計画しているのは聞いていました。

  在日特権を許さない市民の会 

 その対抗アクションが行われるといいます。


 「生きることは犯罪じゃない」 in わらび行動

日時 4月11日(土)13時
場所 JR京浜東北線「蕨」駅西口「TSUTAYA」前集合
主催 外国人排除デモに反対する会

4月11日、埼玉県の蕨(わらび)でとんでもない悪質なデモが行われます。
デモの主催者たちは、最近、よくメディアで報道されているフィリピン人カルデロン親子を例に上げ、外国人は犯罪者と言いふらしています。

  カルデロン親子は、法務省の残酷な決定により、娘ののりこちゃんは1人日本に残れますが、両親はフィリピンにやむなく帰国することが決定しています。
それでも彼らは「怒りがおさまらない」などと勝手に言い放ち、カルデロン親子や、多くの外国人が住む蕨で、外国人排斥の声を挙げると言うのです。
また信じられないことに、のりこちゃんの通っていた小学校、そして現在通っている中学校の前をわざわざデモコースに入れているのです。

外国人だからといって差別せず、様々な人々とともに助け合って生きていくことこそが、私たちの未来をつくっていきます。
それを逆行させるような卑劣なデモは許せません。みんなで怒りの声を上げましょう。
(※できればバナーを1人1枚持参してください。布または紙)

  参考サイト 「カルデロン・アラン・クルズ一家に在留特別許可を!

スラップ・訴訟乱用を考える!
──烏賀陽さん(オリコン裁判)と横山さん(元新銀行東京)を招いて──

最近、企業が出版社・雑誌社を訴えるのではなく、いきなり雑誌にコメントした個人を訴えたり、
または企業の内部告発者を、企業が提訴することが起こっています。

こんなことがまかり通ったら、企業への批判はできなくなるし、表現の自由は危機に瀕します。
このような弱いものいじめ、訴訟の乱用はアメリカではスラップ(SLAPP)ととよばれ、その乱用を防ぐ法律が生まれています。
まず、その乱用の実態を勉強したいと思います。

今回は、新銀行東京の元行員・横山さんと烏賀陽さんを招きます。
横山さんは、テレビ番組や週刊誌で機密情報にかかわる内部告発をしたところ、銀行側が報道したメディアを提訴せず、守秘義務違反として、情報漏洩禁止と1,320万円の賠償を求められ、東京地裁に提訴されました。

日時/4月17日(金)18時30分から
場所/文京区民センター 3F・3B会議室
講師/ 横山剛氏 (新東京銀行元行員/新銀行東京裁判)
     烏賀陽弘道氏 (ジャーナリスト)
参加費 1000円(会員社500円)

問い合わせ 流対協        03-6279-7103



連合通信社・情報懇話会21】例会

テーマ=「“テポドン騒動”から学ぶべきこと」
   ──神浦元彰氏がひも解く、政治と軍事の常識

講師 神浦 元彰氏 (軍事ジャーナリスト)

日時 4月16日 (木) 午後6時30分から

会場 港区立商工会館 (東京都産業貿易会館 6階)
       (東京都港区海岸1-7-8/JR「浜松町駅」から徒歩7分)

資料代 1,000円  
       

続きを読む »

【日時】  4月8日(水) 14:00~15:00
【場所】  衆議院第二議員会館 第二会議室
       (1階ロビーにて通行証をお渡しします)
【主催】  「在留カードに異議あり!」NGO実行委員会(構成団体は以下を参照)

◆ますます広がる批判と不安の声に耳を傾けて!
今回のテーマ:「どうなる? 外国籍住民~難民申請者を中心に」

 ・ NGOからの問題提起 
    アムネスティ・インターナショナル、難民支援協会 予定
 ・ 当事者の声(予定)
 ・ 各党議員からの発言 他

早ければ4月中旬から衆議院法務委員会で入管法改定案の審議がスタートします。すでに多くの市民団体が、改定案に対して具体的な問題点を指摘し始めました。改定案は、「新たな在留管理制度」を導入するとしています。これによって、これまで自治体が交付していた外国人登録証が廃止され、入管が『在留カード』や『特別永住者証明書』を交付することになります。一方、住民基本台帳に記載される「外国人住民」であるかどうかも、入管法の在留資格によって判断されます。この中で難民申請者の多くと非正規滞在者は「自治体の住民」から差別・排除され、社会の片隅に追いやられ、ますます「見えない存在」になると危惧されています。また、在留資格の届出の義務を過剰に課したり、曖昧な法規定で在留資格の取り消しの適用を拡大するなどの問題が指摘されています。

多くの国会議員と報道関係者に具体的な問題点を知ってもらうため、上記のテー
マで院内集会を開催します。奮ってご参加ください。

◆「改定法案」批判の詳細は⇒ http://www.repacp.org/aacp/
◆次回院内集会は 4月22日(水)
  衆議院第二議員会館 第二会議室 14時~15時
◆お問合せ先
移住労働者と連帯する全国ネットワーク(移住連) 
TEL:03-5802-6033   fmwj@jca.apc.org
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 
TEL:03-3518-6777 

移住労働者と連帯する全国ネットワーク(移住連)/在日韓国人問題研究所(RAIK)/社団法人アムネスティ・インターナショナル日本/(社)自由人権協会/日本カトリック難民移住移動者委員会/反住基ネット連絡会/在日大韓基督教会関東地方会社会部/フォーラム平和・人権・環境/外登法問題と取り組む全国キリスト教連絡協議会/カラバオの会/在日本朝鮮人人権協会/中崎クィアハウス/山谷争議団 反失業闘争実行委員会/山谷労働者福祉会館活動委員会/在日アジア労働者と共に闘う会/在日コリアン青年連合(KEY)/聖公会平和ネットワーク

続きを読む »

経済恐慌下、日本の貧困はここまできている

東海林智さん(毎日新聞社会部記者)

日時 4月16日(木)18時45分~
場所 渋谷区勤労福祉会館(第一洋室)
     東京都渋谷区神南1-19-8 渋谷駅徒歩7分ほど

参加費 会員・学生1000円、ビジター1500円、ワーキングプア(自己申告)1000円

※予約不要 ※どなたでも参加できます 
※会場へのお問い合わせはご遠慮ください

続きを読む »

平和の花を咲かせよう!
いらない!原子力空母 春パレード4.12

日時  2009年4月12日(日) 雨天決行
集合場所  ヴェルニー公園 
       (京急汐入駅から徒歩分・JR横須賀駅から徒歩1分)

プログラム
  オープニング13・30
  パレード 14.00
   花一輪、風船などをもって、謳いながら楽しく歩きましょう。
   マイメッセージをお持ちください。

主催 「いらない!原子力空母」

連絡先 横須賀市本町3・27 ベイスクエア横須賀1番館 サポートセンターレターケース81
     045-788-0838(中森) 046-852-7552(荒井)
 


6月の横須賀市長選挙に「原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会」の呉東正彦弁護士が立候補しますね。
 原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会 

 JCJ神奈川支部では、例会で呉東弁護士にお話をうかがったことがあります。
 08年3月には、JCJ機関紙でインタビューをしました。 

 JCJ機関紙の呉東氏インタビュー

 原子力空母配備の問題が、横須賀市長選挙を通じてもっと関心をもたれればと思います。
 
今こそ声を上げよう! 教育を子どもたちのために4・25集会

日時  4月25日(土) 午後1時30分開場、2時開会
場所  九段会館
資料代 800円(高校生以下無料)
主催  教育を子どもたちのために4・25集会実行委員会

特別講演 益川敏英(2008年度ノーベル物理学賞受賞、「九条科学者の会」呼びかけ人)     
          「教育と自由-私の研究生活から-」

現場からの報告

パネルディスカッション
コーディネーター 小森陽一(東京大学大学院教授)
パネリスト  木附千晶(ジャーナリスト、DCI日本支部運営委員)
        藤田英典(国際基督教大学教授)
        本田由紀(東京大学大学院教授)

連絡先 学校に自由の風を!ネットワーク

どもと教科書全国ネット21

東京・教育の自由裁判をすすめる会



続きを読む »

 JCJ機関紙「ジャーナリスト」09年1月号に掲載された記事です。

 いすゞ途中解雇 裁判闘う当事者に聞く
 世論の関心の高まりが支えに 佐藤さん
 組合に労働者文壇の会社提案 鵜養さん


昨年11月、いすゞ自動車は期間工、派遣社員1400人に12月26日で解雇すると予告した。契約期間の途中の解雇という違法な暴挙は社会の反発を招き大きく報道された。
 JMIU(全日本金属情報機器労働組合)いすゞ自動車支部が結成され派遣先や派遣会社との団交、司法提訴と運動が広がっている。藤沢工場で働いて解雇された派遣社員の佐藤良則さんとJMIU神奈川地方本部執行委員長の鵜飼孝さんに聞く。

 まず派遣労働者の佐藤良則さんから。工場ではどんな仕事を?
 トラックのエンジンの組み立てです。私のラインはエンジンとしては最後の工程でした。ラインは1分12秒で流れています。その間にパーツの締め付け作業をする。日勤です。
 藤沢工場にきて最初の1年半はV6というエンジンの組み立てラインでした。一人で4工程から5工程で、ラインは6分で動いていました。こちらは日勤、夜勤の2交代です。
 慣れない作業だと大変です。夜勤の時、所要で社員の人と交代してもらったことがありますが、後から聞いたら、社員が2人で私一人分の作業をしていたそうです。
 社員の方とは普段から分け隔てなく話せ、職場の雰囲気は和気藹々でしたね。
 人数はぎりぎりでポカ休みがあるときつい。私は最低でも2週間前に休みの申告をしていました。始業の1時間前には出社して朝礼の前に段取りをした。 
 真面目に勤務していれば社員になれるのではと希望を持って働いていました。

続きを読む »

-憲法のつどい2009鎌倉
「語り合う 人間らしく生きられる社会を!」
-鎌倉・九条の会発足4周年-

日時 2009年5月30日(土)18:30開場、19時開演、21時15分終演
場所 鎌倉芸術館 大ホール (1.500人席)  大船駅徒歩10分
講師 湯浅 誠 (「年越し派遣村」村長、自立生活支援センター・もやい事務局長)
        反貧困~貧困スパイラルを止めよう~ 
   内橋克人 (経済評論家、鎌倉・九条の会呼びかけ人)
          F(食料)、E(エネルギー)、C(ケア)を自給し、そこに雇用を創り出す社会を!
   小森陽一 (東京大学大学院教授、「九条の会」事務局長)
          「格差」と貧困こそが戦争を欲望する社会の最大の原因です

入場券500円。
fax, メールにてお申し込みを。予約はがき、予約メール返信を差し上げますので、当日それをお持ちください。
fa0467-60-5410 ,0467- 24-6577、メール iza(アットマーク)kamakura9-jo.jp

 

続きを読む »

 憲法フェスティバルのチラシをもらいました。

 第23回憲法フェスティバル

日時 09年5月23日(土) 
開場 午後1時 開演1時30分 終演 午後5時30分(予定)
場所 九段会館  地下鉄 「九段下」駅 
参加券 前売り2000円 当日1500円 大学生1500円 障害者・付添人各1000円
チケット購入  ①郵便振替  00180-9-650447 ②電話 FAX HPの購入フォーム


 テーマ  活かせ!憲法

 出演
 金子勝(慶応大学経済学部教授)
 竹内一郎(『人は見た目が九割』著者・劇作家)
 普天間かおり(シンガーソングライター)

 主催  
 憲法フェスティバル実行委員会 
  TEL&FAX 03-3263-6264
  〒102-0071 東京都千代田区富士見2-7-2 ステージビル1706号室 南北法律事務所気付 憲法フェスティバル実行委員会

 



 
 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。