プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ダカーポ休刊・緊急討議
古木杜恵の“闘う!居酒屋”第六夜「雑誌の危機!!」



高額訴訟による記事つぶし、検閲とも言える権力の介入、個人情報保護法の乱用、そして突然の「ダカーポ」休刊など、表現の自由とジャーナリズムを支える雑誌が今存亡の危機に瀕している!? 今、現場はどう考えているのか? 読者は何を求めているのか?

【出演】
吉岡忍(作家)
元木昌彦(オーマイニュース編集長)
吉田司(作家)
ほか週刊誌編集長多数予定
【総合司会】古木杜恵(フリーランスライター)

【日時】12月10日午後6時30分開場 7時開会
【開場】 阿佐ヶ谷ロフト

 阿佐ヶ谷ロフトスケジュール
 http://www.loft-prj.co.jp/lofta/schedule/lofta.cgi?year=2007&month=12

【費用】 ¥1,500(飲食代別)<当日のみ>
スポンサーサイト

アジア・太平洋戦争を忘れない! 証言集会(14回目)

証言者 『銃剣は母を貫いた』 簫文虎さん(マレーシア・当時7歳)

 パリティンギ村では、数百人が日本軍に虐殺されました。
 簫文虎さんは母親が抱いてかばってくれたので命拾いされました。
 母親を貫いた銃剣のあとが今も7箇所残っています。

講演 林博史さん(関東学院大学)       
 《シンガポール 華僑粛清》を出版されたばかりの林博史さんは、沖縄・集団自決に関わる教科書問題や慰安婦」問題、BC級戦犯問題、基地問題、その他多方面における第一線で活躍されています。
 マレーシア、シンガポールから沖縄の壮大な講演です。
 沖縄から見ることで、アジア侵略がより鮮明に見える… 今、ぜひお聞きいただきたい講演です。

日時 12月8日土曜日 午後3時~

場所 エル・プラザ(JR根岸線 石川町駅 徒歩3分)
参加費 1000円(高校生以下無料)
主催 アジア・フォーラム横浜
   (連絡先 090-9346-5884 吉池)
 JCJ機関紙の締め切りの週なので林博史さんの講演のまとめに手が回りませんでした。すみません。
 林さんの講演を順をおってまとめるのではなく、レジュメの項目ごとにまとめます。

 まず「おわりに」という項目にそって林さんが話したこと。講演趣旨につながるポイントです。後ろにレジュメを転記しておきます。

 「慰安婦」問題は過去のことを持ち出して日本を非難するととる人もいます。林さんは慰安婦がなぜ問題になってきたか。そして米下院決議がなされるようになったか、歴史的推移を説明しました。
 日本軍従軍慰安婦が名乗り出たのは90年代の初め。韓国の軍事独裁政権がなくなり民主化の進展で、元慰安婦が証言するようになりました。
 その後、世界では旧ユーゴ内戦で集団的なレイプが起こり世界に衝撃を与えます。戦場で性暴力は起こりがちだと言っても、組織的な性暴力が目立ってきた。ルワンダ内戦などでも同様です。そうした組織的な戦時性暴力が繰り返されるのは、性暴力に対する不処罰がある。遡れば、日本軍による従軍慰安婦制度があって、東京裁判でも責任が問われなかった。そういう考え方のうえに開かれたのが2000年の国際女性戦犯法廷です。

 日本の戦争犯罪の追及が不十分なのは、現在の支配層が戦争犯罪の責任者の子どもや孫であるなど、支配層の連続性も原因だと林さんは指摘します。日本人の売春婦(当時は醜業婦という)を中国へ送るには、海外渡航として、出身地の警察の許可が必要で、その書類には町村金五の署名があるそうです。今の官房長官の父親ですね。
 韓国や台湾など日本統治下の国では、直接に住民を管理したのは現地の人で、女性を騙して集めてきた者も朝鮮人が多かった。慰安婦制度を問題にすることは韓国社会も断罪することになるので、長く抑圧されてきた。民主化、人権意識の発展によって過去の見直しが行われるようになった。

 「なぜ、今頃になって」という疑問に、林さんは、女性への戦時性暴力は今もある現代的な問題であること。民主化によって被害女性のカムアウトが可能になったことを説明しました。

 林さんはまた、過去の歴史責任を否定する日本の頑なな姿勢は、アメリカの東アジア政策でも障害になっていることも指摘しました。
 続き、にレジュメを転記したのでお読みください。
 

続きを読む »

 マスコミ九条の会主催の講演会に参加しました。林博史関東学院大学教授が「なぜいま日本軍「慰安婦」問題なのか」と題して講演。

 あす以降、内容を報告します。

 レジュメのタイトルだけ記載。

はじめに

1、慰安所は誰がどのような目的で作ったのか?

2、 「慰安婦」は誰が、どのようにして集めたのか?

3、誰がどのように管理・運営したのか?

4、戦後、「慰安婦」制度は裁かれたのか?

5、慰安所での生活実態

6、沖縄戦の「集団自決」の日本軍強制削除の教科書検定

おわりに

 オーマイニュース

 日刊ベリタ

 JANJAN 

 ライブドアニュース
 PJニュース

 アジアプレス・インターナショナル

 APF NEWScom

 | ホーム |