プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 1997年の5月に設立総会を開いた後、7月5日に例会を開催し、JCJの香港取材ツアーに参加した支部会員の話を聞きました。

 9月の例会では、平和委員会の松尾高志さんが「日米ガイドラインの見直し」について講演、11月には、横浜弁護士会の間部俊明さんに「「BC級戦犯裁判 何がどうさばかれたのか」と題して講演していただきました。

 98年の例会は、4月 田立耕蔵氏の「わたしは731部隊員だった」という話を聞き、5月16日の支部総会では支部代表の石埼一二さんの「ビッグバン 規制緩和 アジア金融危機 それでどうなる?日本経済」講演を行いました。

 10月には神奈川新聞記者の池添徳明さんが「書くべきことを書くということ」という講演を、11月には「豊島の環境問題を考える」という明治学院大学大学院生の桑垣玲子さんの話を聞きました。
スポンサーサイト
 JCJ神奈川支部は97年の5月10日に設立総会を開きましたが、その前に2年ほど、準備会として活動しました。
 95年1月に有志が集まって懇話会を開きました。そのあと、4月には「放送レポート」の編集に携わっていた元テレビ朝日のJCJ会員の話を聞く機会を持ちました。
 その後も、神奈川の憲法劇実機委員委員会の弁護士さん、神奈川平和委員会の人などを講師に集まりを開きました。
 インターネットが普及しだした時代ですので、JCJのインターネット部門を担当していた支部のメンバーン話も聞きました。
 横浜らしい企画としては、大川隆司弁護士に「横浜事件の今日的意味」という話を聞きました。講演というほど大規模な催しではなく、小さな部屋で話をしてもらいました。今にして思うと贅沢ともいえるかもしれません。
 そうして集会を積み重ね、JCJの会員で横浜に住んでいたり、職場があったりする人に参加するかを問い合わせて支部を立ち上げ、97年の設立総会では、JCJ代表委員の茶本繁正さんにお話ししていただきました。
神奈川支部のこれまでの活動家ら、安保、基地関係のものを抜き出してみました。


95年10月30日
 大和市平和委員会事務局長の蒲谷俊郎氏「安保再定義と神奈川の軍事基地―深刻な基地被害〈爆音〉NLPの実態」
96年の8月25日 米軍横須賀基地基地見学会 (一般公開日)
97年9月16日、松尾高志氏(ジャーナリスト)講演
「日米防衛協力指針の見直しは何を意味するのか」
99年3月14日・15日、埼玉新聞支部と泊まり込み交流会 逗子市池子の米軍住宅建設予定地跡地見学。
99年10月9日・10日 JCJ全国交流集会 米軍横須賀基地海上見学
2001年12月8日 「原子力空母横須賀基地母港化問題を考える会」代表呉東正彦氏講演
2003年2月1日 非核都市宣言運動ヨコスカの新倉裕史共同代表講演
2003年10月23日 池子米軍住宅追加建設予定地の見学会
2005年6月4日、キャンプ座間視察
2005年10月26日、神奈川新聞報道部長 中村卓司氏の講演
2007年3月4日、「米軍再編 岩国の選択」上映会西山正啓監督講演
                (肩書きは当時)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。