プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


JCJ神奈川支部の機関紙「JCJ神奈川」30号(2015年12月25日付)から再録します。

 副読本「わかるヨコハマ」改変回収問題
 図書館閲覧も制限

 12月6日、かながわ県民センターで開かれた「わかるヨコハマ」の改変・回収を考える集いに参加した。主催は歴史を学ぶ市民の会。50人以上入る会場は満席だった。
 「わかるヨコハマ」は中学1年の社会で使用する横浜市の副読本で、個人配布されてきた。2012年6月に内容を問題視する産経新聞記事が掲載され、7月には市議会で横山正人議員(自民党)が、12年版の副読本の記述について質問した。質問は関東大震災時に「軍隊や警察が虐殺した」という表現を難じ、改訂の手続きも不備とするものだ。
 それに対し山田巧教育長は、当該部分は誤解を招く表現として改訂を表明、12年度版は回収することを約束した。
 その後、横浜市は回収だけでなく市民情報センターや市立図書館での市民の閲覧も制限するなど過剰な反応をしている。
 問題の経過を説明した後藤周氏は、現在の中学校歴史教科書でも、軍隊・警察が虐殺したという表現のものがあることを指摘。そのうえで関東大震災での迫害・虐殺を教えられず、反省できなかった少年たちが成長し、日本はアジア太平洋戦争を起こす国になっていったと、教育の重要性を語った。
 改訂された2013年では、「軍隊や警察」の語は除かれ、久保山墓地にある朝鮮人殉難者の慰霊碑の写真も差し替えられている。
 集いの後半は神奈川新聞の石橋学記者の講演。
 石橋記者は新人として阪神淡路大震災の取材からスタートしたという。震災で大きな被害に遭ったのは低所得の地域で、災害は弱者を直撃すると感じたという。
 川崎支局やベイスターズ担当も経験し、2013年からは報道部デスクとして川崎版と特報面を担当している。
 石橋氏が特に力を込めて語ったのは、在特会などの団体が横行している状況の危うさ。在特会のデモを特殊な人たちの行動と見るのは間違いだと石橋さんは語った。 保坂義久


慰霊碑 携帯

 久保山墓地の関東大震災殉難朝鮮人慰霊之碑 
スポンサーサイト
  横須賀の8月定例デモに参加

 8月31日、「非核市民宣言運動・ヨコスカ」が毎月最終日曜日に行っている定例デモに参加した。集合場所のウェルニー公園に集合時間の午後4時に行くと、20人ほどの人が集まっていた。小さな増幅装置とスピーカーがあって、電子ギターとクラリネットの伴奏で歌っているのは「よろずピースバンド」だ。「バナナボート」の替え歌や、平和を訴える歌を歌っている。持参のチラシを配ったり挨拶したりして、なんとなくだらだらと集会が始まる。以前、神奈川支部例会で話を聞いたこともある新倉裕史さんがスピーチ。新倉さんは、「2015年に原子力空母が『ジョージワシントン』から『ロナルドレーガン』に交代する。単なる交代ではなく、このまま横須賀が原子力空母の基地であり続けることを意味する。市民投票で市民の意思を聞くべきだが、この年は統一地方選もあり、それも考慮しなければならない。ビラを市民に全戸配布しようと思う」と、今後の課題を説明した。
  
 
 

続きを読む »

 「JCJ神奈川」22号から転載します。

 機関紙大賞に5紙
建設プラザで機関紙コンクール表彰式
JCJ神奈川賞は2紙

 日本機関紙協会神奈川県本部主催第45回機関紙ミニコミ紙誌宣伝コンクールの表彰式が、9月6日に建設プラザかながわで開かれた。
 佐藤充泰審査委員長に続き、伊東良平JCJ神奈川支部代表など後援団体が挨拶した。
 伊東代表は、JCJ神奈川支部賞を受賞した機関紙の内容に具体的に言及して、その水準の高さを称え、また今年度のJCJ賞に東京新聞の論点明示報道が選ばれたことを紹介した。
 その後各賞の表彰に移った。
 今年の機関紙大賞は『北央医療』『ほくぶ』『通信労組かながわ』『年金の仲間』『大樹』の5紙。JCJ神奈川支部賞は神奈川建設労連発行の『けんせつ通信』と県職労湘南支部の『湘南支部ニュース』が受賞した。
 贈賞の後、審査委員会を代表して今井精一事務局長が今年の審査全体の報告をした。
  

続きを読む »

「JCJ神奈川」 21号から転載します。

2014年度神奈川支部総会と例会
 避難生活の苦労に共感
 理解されにくい自主避難

神奈川支部では2014年度の総会と例会を、7月5日の午後、桜井町の「もみじざか・じょいぷらざ」で開いた。
 2時からの総会では、前年度活動報告・決算と今年度の活動方針・予算を討議。14年度の人事案とともに採択した。
 3時から開かれた例会「福島原発事故から逃れて・3年目の避難生活」は、講師の3人を含め、48人の参加者があった。集会は神奈川新聞と朝日新聞横浜版で報じられ、また横浜市民放送局も取材・録画した。
 避難住民の声を聞く
原発被災地からの避難生活について話してくれたのは、避難・支援ネットかながわの代表の坂本建さん。「母ちゃんず」で保養活動に取り組んでいる鹿目(かのめ)久美さん。「ひなん生活を守る会」代表の鴨下祐也さんの3人。坂本さんは指定区域内の富岡町から旭区に避難した。現在、避難住民のネットワークづくりに取り組んでいる。
相模原出身で結婚後に福島県大玉村(区域外)に居住していた鹿目さんは、実家のある相模原に母子で戻ってきた。
鴨下さんは福島工業専門学校教員で、職場や自宅のあるいわき市から東京に避難した。自然豊かな環境に惹かれていわき市に移り住んだという。
分断される避難住民
 坂本さんが指摘したのは、個人情報の壁があり避難住民の名簿を作ることが難しい点。避難先の自治体が避難住民の情報を把握していても、そのルートでは原発再稼働への疑問などは流しにくいという。
 自主避難者については数も把握されていない。
 鴨下さんは、指定区域外の放射線リスクについて説明した。福島県を中心とする広い地域が、病院などで指定されている放射線管理区域の基準値を超えてい。しかし国は業務では長時間いることができない線量の場所も、そこで住民が生活する危険性を認めていない。
 鹿目さんは、事故直後、子どもにマスクをさせ、肌を出さないようさせてきた。しかし、周囲では次第にマスクをさせる親が減ってきた。このまま子育てする自信がないと思い、母子避難を決意したという。
 後半は会場からを受けた。
 3・11事故前に原発のことをどう見ていたのかという質問に、原発の危険性を言うと変わり者とみられる、夏休みの宿題に原発のポスターが課題として出される、不安に感じても外へ向かって言うことはしなかったなど地元と原発との関係が証言された。
 地震・津波被害の一部として、原発独自の被害を認めたがらない国の姿勢や、被災後3年たち、子どもの成長で住宅が手狭になる問題や、行政サービスの情報や選挙権行使など様々な課題が浮き彫りになり、コーディネーターの鈴木賀津彦さん(東京新聞)が冒頭に語ったようにに「現況を見つめ直し、一緒に考える」集会となった。
 
 JCJ神奈川支部の機関紙、「JCJ神奈川」20号から転載します。

右派の議論に徹底論駁
 林博史関東学院大教授が講演

 慰安婦制度は人権蹂躙
  例会に53人が参加

 4月18日、神奈川支部例会を桜木町の横浜市健康福祉総合センターで開いた。林博史関東学院大学教授が「安倍政権の日本軍『慰安婦』認識と歴史修正主義」と題して講演。53人の参加者があった。
 慰安婦問題では、「暴力的な慰安婦の連行はなかった」とか、「売春は当時には合法だった」など、右派の議論が社会的に影響力を持っている。林氏はそうした議論に反論した。
 北朝鮮による拉致と同様に、慰安婦も殆どが女性をだまして連行し、現地で監禁する。拉致について暴力的な「拐帯」(刑法上の用語)と誘拐とを区別しないように、慰安婦連行の強制性も明白だ。
 軍の意向を汲み、警察が業者の要望を装って女性集めを県知事に指示する文書等も残されている。
 林さんは資料の存在を具体的にあげ、また戦後に起こされた慰安婦をめぐる裁判では、日本の裁判所は被害の事実を認定していることを指摘した。
 慰安婦連行について「軍の命令書がない」と右派は主張するが、拉致問題は命令書の存在が明らかでなくても事実認定されている。
 公文書を破棄する命令も出され、海外の部隊に打電した電文を傍受した記録がアメリカに残っている。
 林氏によると法務省にはまだ膨大な資料が残されている。日本の戦争責任資料センターでは、その資料を解読する作業を続けている。
 「慰安婦はどこの国にもいた」という間違い。軍隊の周辺に売春施設があることは多いが、アメリカ軍の場合、従軍牧師がいて、本国に兵士の不品行を通報する。軍の経理学校で慰安所の経営について教える軍隊は日本軍しかない。ナチスドイツについては研究途中だ。
 日中戦争開戦当時の日本でも、公娼制度の廃止を議決や討議した県議会は29にのぼり、1930年代の日本で、公娼制度が当然視されていたわけではない。
 林さんは日本軍の従軍慰安婦制度が、女性の人権を蹂躙する戦争犯罪であり、その不処罰が現在の戦時性暴力につながるという、国際社会における歴史認識の変化を説明した。
 最後に会場からの質問を受け付けた。韓国人慰安婦がとりわけ問題になっていることについて、林さんは日本政府が意図的に韓国人慰安婦のついて聞き取り調査をしていることを指摘した。
     保坂義久





 | ホーム |  前のページ»»