FC2ブログ

プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム



JCJ神奈川支部例会
これでいいのか代替わり~憲法・象徴天皇制・メディア~

今年の4月末日に現天皇が退位、翌5月1日に新天皇が即位します。天皇の代替わりに伴い、4月1日には新元号が発表され、5月1日に施行されます。
 前回の代替わりは昭和天皇の病気に伴う長期間の自粛、大規模な葬礼と即位の儀式を伴いました。今回は近代国家になって初めての譲位であり、天皇家の祭式と国家行事との関わりが注目されます。
 大嘗祭や即位の礼など天皇の代替わりに伴う儀式は、日本国憲法の政教分離原則と抵触する疑念がぬぐえません。朝日新聞で憲法問題を取材している豊秀一氏を講師にあらためて象徴天皇制、代替わりの儀式やそれを報道するメディアの問題を考えてみたいと思います。

日時 2019年2月9日(土)午後2時30分~午後4時30分
会場 横浜市開港記念会館7号室
    横浜市中区本町1-6 TEL045-201-0708
講師 豊  秀一氏 (朝日新聞編集委員)
   参加費  500円 
主催 JCJ神奈川支部
問い合わせ 保坂  080-8024-2417

 開港記念会館
スポンサーサイト
日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部10月例会
若者は今の沖縄をどう見たか
       
2017年9月、集団自決の悲劇で知られる沖縄・読谷村のチビチリガマが、沖縄の少年たちにより荒らされるという事件が起こった。平和教育に取り組む沖縄でさえ歴史の継承がされないのかと大きな衝撃を与えた。

東海大学文化社会学部広報メディア学科の羽生浩一教授のゼミでは、17年の12月6日から9日に沖縄を訪れ、平和ガイドや現地の学生などを取材し、その思いを聞いた。また琉球新報の政治部長にもインタビュー、沖縄に向けられたヘイトスピーチの深刻さを学んだ。

また学生たちは新基地建設工事が強行されている辺野古を訪れ、反対運動に参加する市民の声を取材した。
羽生ゼミでは、この沖縄取材を映像にまとめて「歴史記憶を伝え続ける難しさ」というDVDを制作した。
神奈川支部の10月例会は、このDVDを視聴し、取材した大学生や、沖縄の新聞社にインターンシップ(体験入社)した大学生たちに取材や体験を通して感じた“沖縄の今”について語ってもらう。

日時 10月6日(土)午後5時~7時30分
会場 かながわ県民センター 301会議室
   (横浜駅西口徒歩5分、ヨドバシカメラ裏)
テーマ 「若者は今の沖縄をどう見たか」 
お話と報告 
     東海大学文化社会学部・羽生浩一教授と羽生ゼミ学生とOB
     沖縄の新聞社にインターンシップ参加の東海大学・専修大学の学生
参加費  500円(学生は無料)
主催  日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
連絡先 保坂 080-8024-2417
 8月20日から24日まで、湘南信用金庫久里浜支店4階ギャラリー。

中村梧朗写真展


中村梧朗写真展 裏


続きを読む »

JCJ神奈川支部6月例会
憲法に明記されると自衛隊はどう変わる

 憲法9条に自衛隊の存在を書き加える改憲案が、3月末に自民党改憲推進本部で決定された。「陸海軍その他の戦力は、これを保持しない」「国の交戦権は、これを認めない」という憲法9条2項の規定の後に自衛隊の存在を書き加えるもので、安倍首相はこの改憲が実現しても「現在と何ら変わらない」と強弁している。
 自衛隊の現状が変わらないのなら、なぜわざわざ憲法の文言を変える必要があるのか。2015年に強行された集団的自衛権行使容認は、今回の九条改憲とどうか関わるのか。疑問と不信は尽きない。  
 JCJ神奈川支部では、川崎合同法律事務所の篠原義仁弁護士にお願いして、憲法9条に明記することで、自衛隊はどう変わるのかを語っていただく。

日時 2018年6月30日(土) 午後2時30分~4時30分
会場 かながわ県民センター 301会議室
    (横浜駅西口徒歩5分、ヨドバシカメラ裏)
講師 篠原義仁弁護士(川崎合同法律事務所)
参加費  500円
主催  日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
連絡先 保坂 080-8024-2417
 

 JCJ神奈川支部例会
国民投票法とメディア
自民党の憲法草案策定が大詰めです。2020年までの改憲を企図する安倍政権は、来年2019年の天皇の代替わり(4月~5月)、参院選(7月)の前に、国民投票を終えようとすると予想されます。
 現在の国民投票法では、投票日の前14日間を除いて無制限に宣伝ができることから、潤沢な資金を投入できる改憲派に有利。最低投票率の規定がなく、投票総数の過半数では国民多数の意見が反映されるとは言えないなどの点が危惧されています。
 国民投票法の問題点とマスメディアの関りを考えます。

日時 2018年4月14日(土)午後2時~午後4時30分
会場 横浜市開港記念会館7号室
   横浜市中区本町1-6 TEL045-201-0708
http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html
講師 渡辺登代美氏 (川崎合同法律事務所)
   岩崎貞明氏  (放送レポート編集長)
参加費  500円 
主催 JCJ神奈川支部
問い合わせ 保坂  080-8024-2417 

 (まで)

 | ホーム |  前のページ»»