プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


迫る横浜市長選の問題点と裏で操る国政の影
      横浜市政に影を落とす日本会議

日時 7月1日(土)午後3時~5時
会場 もみじざか・じょいぷらざ(神奈川婦人会館)1階第1会議室
〒220-0044 横浜市西区紅葉ヶ丘2   電話 045-231-2567 
テーマ 「迫る横浜市長選の問題点と裏で操る国政の影」
講演   後藤仁敏 九条かながわの会事務局長 (鶴見大学名誉教授)
参加費  500円       
主催   日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
問わせ  保坂 080-8024-2417

スポンサーサイト
4月7日の例会の会場、横浜市健康福祉総合センターは桜木町駅のすぐ前です。
( 関内方面に向かうと右側)


桜木町会場 web

「あなたも監視される?共謀罪」
 ~横浜事件から考える治安維持法と繋がる「共謀罪」~

日時   4月7日(金) 午後6時30分~9時
会場   横浜市健康福祉総合センター8階8B会議室 
      横浜市中区桜木町1-1 TEL201-2060


 横浜事件をご存知でしょうか。太平洋戦争中に新聞記者や編集者、知識人などが治安維持法違反のでっち上げで逮捕され、拷問を受けて死者も出ました。戦時下における言論弾圧事件として、戦後も裁判で争われた事件です。
 小泉政権の時に三度にわたり国会に提出されたものの、労働組合など様々な団体や法律家などから猛反対を受けて廃案になった「共謀罪」。安倍内閣は昨年になって国会提出をめざし、「テロ等組織犯罪  横浜事件で証拠とされた出版記念旅行の写真準備罪」と名前を変えて、今度の国会に提案しました。2020年の東京五輪を控え、テロ対策を名目として掲げたものの、成案が提示されると条文中に「テロ」という言葉がなく、公明党の協力を得るためにあわてて「テロ」の語を付加した政府の対応は、その意図に疑念をいだかせるものです。
 4月の神奈川支部例会では、違法行為の準備段階であるとして編集者などが罪に問われた横浜事件を例にとってビデオも見ながら、永田浩三武蔵大学教授に言論の自由を弾圧する権力の怖さ、共謀罪の危険性を語っていただきます。

日時 4月7日(金) 午後6時30分~
会場 横浜市健康福祉総合センター8B会議室 
   (JR・地下鉄 桜木町駅前)TEL201-2060
講師  永田浩三 武蔵大学教授 (元NHKプロデューサー)
参加費  500円
主催   日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
連絡先  保坂 080―8024―2417 

  関連記事

 追記
  第四次再審請求が認められた時のブログ記事
  米英旧秩序ノ根幹ヲ為ス民主主義・・・ヲ覆滅シ

続きを読む »

「時代の正体」の拓く地平
2016年度JCJ賞を受賞して

 神奈川新聞の連載「時代の正体」が2016年度のJCJ賞を受賞しました。
全国紙の中で格闘している神奈川の地方紙がその存在感を示し、暴走する政権に対してジャーナリストとして何が言えるのかに挑戦するために、従来の客観報道から一歩踏み込んだ主体的な報道姿勢が評価されました。
諌山修JCJ賞選考委員は「全員一致で選ばれた」と語り、この連載への高い評価を明らかにしました。
安保法制、ヘイトスピーチ、米軍基地、日本会議、権力のメディア規制、自民党改憲草案……。いま尖鋭なテーマを気鋭の論者が語っています。
2014年の連載開始以来評判をよび書籍化もされ、二冊目が刊行されたこの連載のすばらしさと特色は、記者個人の感性や問題意識をためらわず表に出して記事にしているところです。
今回はJCJ賞受賞を記念して、この取材班メンバーの田崎基記者に語ってもらいます。

日時 10月22日(土) 午後3時~5時
会場 もみじざか・じょいぷらざ(神奈川婦人会館)3階第4会議室
〒220-0044 横浜市西区紅葉ヶ丘2   電話 045-231-2567 

講師 田崎 基(たざき・もとい)神奈川新聞報道部記者(時代の正体取材班)

参加費  500円
主催   日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
連絡先  伊東 090―2753―8012  保坂 03-3726-0680

JCJ8月集会

16/8月集会

 | ホーム |  前のページ»»