FC2ブログ

プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


東京都目黒区で船戸結愛ちゃん(5歳)、千葉県野田市では栗原心愛さん(10歳)。痛ましい児童虐待事件が相次いでいます。子どもの書き残した「もうおねがい ゆるしてください」の声は痛切です。
児童相談所が対応する児童虐待件数は、28年連続で増加しています。
 JCJ神奈川支部では、児童虐待問題に早くから取り組み、少年サンデー連載「ちいさいひと」「新・ちいさいひと」の取材・企画協力もしてきたフリージャーナリストの小宮純一さんに、日々の取材で接する現状や、48時間以内に安全確認を行うルールの背景などを話してもらいます。


集会名 「児童虐待」取材の現場から

日時  10月4日(金) 午後6時30分~8時30分

会場  横浜市健康福祉総合センター8階8F会議室 
横浜市中区桜木町1-1 TEL045-201-2060

講師  小宮 純一氏 (フリージャーナリスト)
    ジャーナリスト、NPO法人埼玉子どもを虐待から守る会理事。1958年、新潟県生まれ。 1980年埼玉新聞編集局入社。83年から県庁記者クラブ(教育局担当)、文化部(教育問題担当)、地域報道部デスク、地域報道部長、編集局ニュースセンター次長などを経て、2009年末に退社。2010年1月からフリーランス。

参加費  500円

主催   日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
スポンサーサイト



望月衣塑子記者と南彰新聞労連委員長①

 JCJ神奈川支部例会
官房長官会見の質問制限
首相官邸で何が起きているのか

 神奈川支部は4月13日、「首相官邸の質問制限」をテーマに例会を開く。午後2時から、JR線桜木町駅前の横浜市健康福祉総合センター8A会議室で。
 官房長官会見での東京新聞・望月衣塑子記者の質問を、首相官邸は事実誤認と決めつけ、質問制限を正当化する閣議決定をするなど、国民の知る権利を妨害する姿勢を強めている。
 この動きに対して抗議声明を発表し、3月14日に官邸前行動を行ったMIC(日本マスコミ文化情報労組会議)議長で、新聞労連委員長の南彰さんが講演する。
 参加費は500円。問い合わせは神奈川支部080(8024)2417

JCJ神奈川支部例会
これでいいのか代替わり~憲法・象徴天皇制・メディア~

今年の4月末日に現天皇が退位、翌5月1日に新天皇が即位します。天皇の代替わりに伴い、4月1日には新元号が発表され、5月1日に施行されます。
 前回の代替わりは昭和天皇の病気に伴う長期間の自粛、大規模な葬礼と即位の儀式を伴いました。今回は近代国家になって初めての譲位であり、天皇家の祭式と国家行事との関わりが注目されます。
 大嘗祭や即位の礼など天皇の代替わりに伴う儀式は、日本国憲法の政教分離原則と抵触する疑念がぬぐえません。朝日新聞で憲法問題を取材している豊秀一氏を講師にあらためて象徴天皇制、代替わりの儀式やそれを報道するメディアの問題を考えてみたいと思います。

日時 2019年2月9日(土)午後2時30分~午後4時30分
会場 横浜市開港記念会館7号室
    横浜市中区本町1-6 TEL045-201-0708
講師 豊  秀一氏 (朝日新聞編集委員)
   参加費  500円 
主催 JCJ神奈川支部
問い合わせ 保坂  080-8024-2417

 開港記念会館
日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部10月例会
若者は今の沖縄をどう見たか
       
2017年9月、集団自決の悲劇で知られる沖縄・読谷村のチビチリガマが、沖縄の少年たちにより荒らされるという事件が起こった。平和教育に取り組む沖縄でさえ歴史の継承がされないのかと大きな衝撃を与えた。

東海大学文化社会学部広報メディア学科の羽生浩一教授のゼミでは、17年の12月6日から9日に沖縄を訪れ、平和ガイドや現地の学生などを取材し、その思いを聞いた。また琉球新報の政治部長にもインタビュー、沖縄に向けられたヘイトスピーチの深刻さを学んだ。

また学生たちは新基地建設工事が強行されている辺野古を訪れ、反対運動に参加する市民の声を取材した。
羽生ゼミでは、この沖縄取材を映像にまとめて「歴史記憶を伝え続ける難しさ」というDVDを制作した。
神奈川支部の10月例会は、このDVDを視聴し、取材した大学生や、沖縄の新聞社にインターンシップ(体験入社)した大学生たちに取材や体験を通して感じた“沖縄の今”について語ってもらう。

日時 10月6日(土)午後5時~7時30分
会場 かながわ県民センター 301会議室
   (横浜駅西口徒歩5分、ヨドバシカメラ裏)
テーマ 「若者は今の沖縄をどう見たか」 
お話と報告 
     東海大学文化社会学部・羽生浩一教授と羽生ゼミ学生とOB
     沖縄の新聞社にインターンシップ参加の東海大学・専修大学の学生
参加費  500円(学生は無料)
主催  日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
連絡先 保坂 080-8024-2417
 8月20日から24日まで、湘南信用金庫久里浜支店4階ギャラリー。

中村梧朗写真展


中村梧朗写真展 裏


続きを読む »

 | ホーム |  前のページ»»