プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


JCJ神奈川支部6月例会
憲法に明記されると自衛隊はどう変わる

 憲法9条に自衛隊の存在を書き加える改憲案が、3月末に自民党改憲推進本部で決定された。「陸海軍その他の戦力は、これを保持しない」「国の交戦権は、これを認めない」という憲法9条2項の規定の後に自衛隊の存在を書き加えるもので、安倍首相はこの改憲が実現しても「現在と何ら変わらない」と強弁している。
 自衛隊の現状が変わらないのなら、なぜわざわざ憲法の文言を変える必要があるのか。2015年に強行された集団的自衛権行使容認は、今回の九条改憲とどうか関わるのか。疑問と不信は尽きない。  
 JCJ神奈川支部では、川崎合同法律事務所の篠原義仁弁護士にお願いして、憲法9条に明記することで、自衛隊はどう変わるのかを語っていただく。

日時 2018年6月30日(土) 午後2時30分~4時30分
会場 かながわ県民センター 301会議室
    (横浜駅西口徒歩5分、ヨドバシカメラ裏)
講師 篠原義仁弁護士(川崎合同法律事務所)
参加費  500円
主催  日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
連絡先 保坂 080-8024-2417
 

スポンサーサイト
 JCJ神奈川支部例会
国民投票法とメディア
自民党の憲法草案策定が大詰めです。2020年までの改憲を企図する安倍政権は、来年2019年の天皇の代替わり(4月~5月)、参院選(7月)の前に、国民投票を終えようとすると予想されます。
 現在の国民投票法では、投票日の前14日間を除いて無制限に宣伝ができることから、潤沢な資金を投入できる改憲派に有利。最低投票率の規定がなく、投票総数の過半数では国民多数の意見が反映されるとは言えないなどの点が危惧されています。
 国民投票法の問題点とマスメディアの関りを考えます。

日時 2018年4月14日(土)午後2時~午後4時30分
会場 横浜市開港記念会館7号室
   横浜市中区本町1-6 TEL045-201-0708
http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html
講師 渡辺登代美氏 (川崎合同法律事務所)
   岩崎貞明氏  (放送レポート編集長)
参加費  500円 
主催 JCJ神奈川支部
問い合わせ 保坂  080-8024-2417 

 (まで)
日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部1月例会
神奈川選挙区から野党共闘の可能性を考える


先の衆議院選挙では民進党が分裂するなかで、新たに誕生した立憲民主党が野党共闘の成果もあって、健闘しました。
 野党共闘の接着剤の役割を果たしているのが「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(略称:市民連合)です。市民連合は2015年12月に、安保関連法案阻止の運動の中から組織された団体で、野党統一候補の推進や支援を行っています。2016年7月の参議院選挙では、32の一人選挙区すべてで市民連合推薦の野党統一候補の擁立を果たしました。
 各地に市民連合が作られ、神奈川や横浜でも組織を立ち上げて活動しています。
 今後、市民連合は何ができるのか、そして野党共闘はどう進んでいくのか、その核となる立憲民主党は期待に応えられるのか。
JCJ賞を受賞し、鋭いジャーナリズム性に定評ある神奈川新聞の連載、「時代の正体」で取材を続ける田崎基記者と市民連合横浜で活動している廣井丈二氏に、神奈川選挙区を例に、野党共闘の可能性について語ってもらいます。

日時 2018年1月27日(土) 午後4時~6時

会場 かながわ県民センター 301会議室 (横浜駅西口徒歩5分、ヨドバシカメラ裏)

講師 田崎 基 氏(神奈川新聞報道部・時代の正体取材班) 
   廣井 丈二 氏(市民連合横浜・事務局)

参加費  500円
主催  日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
連絡先 保坂 080-8024-2417

緊急2月集会

緊急2月集会
安倍政権、憲法改悪を国会に発議のかまえ

講師   中野晃一上智大教授  望月衣塑子東京新聞記者
日時   2月3日(土)午後2時
場所   エデュカス東京7階ホール
資料代  800円
主催   日本ジャーナリスト会議(JCJ) マスコミ9条の会

8513-1.jpg
JCJ神奈川支部10月例会
誰も排除されない社会をめざして
  ~津久井やまゆり園殺傷事件を考える~

 2016年7月26日未明、相模原市緑区にある障がい者施設「津久井やまゆり園」で起きた障がい者大量殺傷事件は大きな衝撃でした。
犯人は元施設の職員で、以前から「障がい者は不幸しかつくれない」「いないほうがいい」とする考えを公言していました。
 事件後にはインターネットなどに犯人の主張に共感する意見が書きこまれたりしました。社会に不要だとして障がい者を殺害したナチスの優生思想に通じるものを感じさせます。事件が起きた背景には何があったのでしょうか。
 神奈川支部ではこの事件を取材してきた神奈川新聞の成田洋樹記者と、身体に障がいがある脳性マヒ当事者で障がい者運動に取り組んで来られた、作業所とグループホームを運営するREAVA(ラーバ)理事長の渋谷治巳さんにお話をうかがいます。

日時  2017年10月7日(土)17時~19時30分
会場  Lプラザ〈かながわ労働プラザ〉第5会議室
     横浜市中区寿町1-4 TEL045-633-5413
     JR石川町駅から徒歩3分
講師  神奈川新聞社記者 成田 洋樹さん
     一般社団法人REAVA(ラーバ)代表 渋谷治巳さん

主催 JCJ神奈川支部
問い合わせ 080-8024-2417 保坂
  

 | ホーム |  前のページ»»