プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JCJ神奈川支部が運営に関わる分科会です。

九条かながわの会大集会2016in湘南ちがさき
覚悟を決めて政治をかえて戦争を止めよう

分科会  戦争法とメディア
講師  岩崎貞明(メディア総研) 今井潤(放送を語る会)
 
日時 2016年6月4日(土)午前9時30分
会場 茅ヶ崎市民文化会館第2会議室(3階)
    茅ヶ崎駅北口 徒歩8分

参加費(全体会と分科会) 一般1000円 障がい者・学生500円

http://homepage2.nifty.com/article9/64bira1.pdf

続きを読む »

スポンサーサイト
2016平和のための戦争展inよこはま

日程  5月28日(土)~6月1日(水)
会場  かながわ県民センター2階ホール・1階展示場(横浜駅西口)

講演・報告
日時  5月28日(土)13時開場 13時30分~16時
会場  かながわ県民センター2階ホール
内容  挨拶と講演「世界中の次の世代のために」
     小山内美江子実行委員長(脚本家)
     講演  「奇跡の船・氷川丸からのメッセージ」
     伊藤玄二郎さん(アニメ映画「氷川丸ものがたり」原作者・星槎大学教授)
     報告  「高校生が歩いて考えた横浜の空襲」グローカリー(Y校生)
     報告  「戦争捕虜へのメッセージ」桐蔭学園高校女子部(TEAM P.O.W.)

朗読劇・講演
日時 5月29日(日)13時開場 13時30分~16時
会場 かながわ県民センター2階ホール
内容 講演「若者たちへ、人はみな歴史の中継ランナー」
    ジェームス三木さん(脚本家・演出家)
    朗読劇「証言・横浜大空襲」横浜市立日吉台中学校演劇部

③展示 横浜大空襲他500点
日時  5月30日(月)~6月1日(水)
     10時(5月30日は13時から)~19時(6月1日は18時まで)
会場 かながわ県民センター1階展示場

2 参加費 講演会(5/28および5/29)500円、展示は無料 
緊急集会を開催します。ぜひ、ご参集ください。

日時 2015年5月20日(水)13:00~15:00
場所 衆議院第一議員会館 第二会議室
内容 
・避難先住宅の無償供与の打ち切り~何が問題か
・関東、関西などの自主避難者からの発言

資料代 500円
主催  原発事故子ども・被災者支援法 市民会議
連絡先 
国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel 03-6909-5983  Fax 03-6909-5986


FoE Japanが緊急オンライン署名を行ってくださっています。
ご賛同くださいましたら団体・個人ともご署名をお願いいたします。

自主的避難者の住宅無償提供2016年度終了の方針。
【緊急反対署名】
説明 http://bit.ly/1HojiXG
オンライン署名 http://bit.ly/1QTnksN
団体賛同  http://bit.ly/1cHS4hk

署名の〆切→ 【一次締切 2015年5月19日 朝10時/二次締切 2015年5月末日】
オンライン投稿が難しい方は、info.hsink@gmail.comまで、お名前、ご住所、メッセージをお寄せください。

2015平和のための戦争展inよこはま

日程 5月29日(金)~5月31日(日)
会場 かながわ県民センター1階展示場・2階ホール

(1)講演
 日時 5月30日(土)13時開場 13時30分~15時30分
 会場 かながわ県民センター2階ホール
 挨拶と講演 「いのち・環境・地球を大切にする平和な未来を」
       小山内美江子実行委員長(脚本家)
      講演「美ら島・沖縄から横浜へ」山里盛智さん(琉球新報元記者)

(2)講演・朗読劇・報告
 日時 5月31日(日)13時開場 13時30分~16時
 会場 かながわ県民センター2階ホール
 講演「若者たちへ、100歳・ジャーナリストからのメッセージ」
    むのたけじさん(ジャーナリスト)
 中学生たちの朗読劇「証言2・横浜大空襲」横浜市立川和中学校演劇部
 報告「高校生が歩いて、考えて、発信する」グローカリー(Y校生)
       
 (3)展示 横浜大空襲ほか展示約500点
  日時 5月29日(金)~5月31日(日)
  10時~19時(5月31日は18時まで)
  会場 かながわ県民センター1階展示場
  横浜大空襲から70年/学童疎開/教科書/横浜の戦跡/日吉台地下壕・野島掩体壕・登戸研究所/船と戦争/アジアでの戦争/被爆70年/原発事故/占領下の横浜/横浜・沖縄の米軍基地/米軍機墜落事故/憲法9条/平和のバラ/WFP/沖縄戦新聞/戦後70年etc

 参加費 講演会(5/30及び5/31)500円
 展示(5/29~5/31)無料  

 主催 平和のための戦争展inよこはま実行委員会(連絡先電話045-241-0005)

バウラック出版記念セミナー
 -戦後70年・植民地解放70年を考えるー
 日本人「慰安婦」-愛国心と人身売買とー

 戦後70年、植民地解放70年を迎えた今も、未だに「強制性」「性奴隷」を否定し、「慰安婦は性奴隷ではなく、親に売られた売春婦だ」とする言説が後を絶ちません。
 最近では安倍首相が米ワシントンポスト(2015.3.27)のインタビューで「慰安婦」を「人身売買の犠牲(者)」と語っています。
 首相がこの言葉を使った意図が、「慰安婦」問題の責任を、日本軍ではなく「売った親」と「買った業者」にかぶせようとしているのかどうかは定かではありませんが、軍による徴集の指揮命令系統と共に、軍の手先となった人身売買業者の実態を考えることが重要です。 
 こうした問題意識でバウラックでは今年3月、『日本人「慰安婦」―愛国心と人身売買と―』を現代書館から刊行しました。
 そこで、この本の執筆者の方々を中心に、日本軍の、そして人身売買と愛国心の被害者だった日本人「慰安婦」の問題を考えてみたいと思います。また、執筆者以外に、吉見義明さんと横山百合子さんをお呼びし、日本人「慰安婦」問題の探求はどのような新しい地平を拓いていく可能性があるのか、日本人「慰安婦」の前提となっている遊郭の世界とはどのようなものだったのか、といったことについてお話いただきます。

 当日は『日本人「慰安婦」―愛国心と人身売買と―』を税抜きで販売します。

日時 5月9日(土) 14:00~17:00 (13:30開場)
会場 立教大学池袋キャンパス 本館1203教室
アクセス JR各線・東武東上線・西武池袋線・東京メトロ丸ノ内線/有楽町線/副都心線 「池袋駅」下車。 西口より徒歩約7分
資料代 800円(会員700円)
    
主催「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)
問い合わせ  TEL&FAX 03-3818-5903 
e-mail vaww-net-japan@jca.apc.org

続きを読む »

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。