FC2ブログ

プロフィール

JCJkanagawa

Author:JCJkanagawa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最新の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 日本マスコミ文化情報労組会議(通称MIC。構成団体:新聞労連、全印総連、民放労連、出版労連、映演共闘、映演労連、広告労協、音楽ユニオン、電算労)は、3月14日18:45~より「FIGHT FOR TRUTH!私たちの知る権利を守る3.14首相官邸前行動」を実施します。

  MIC声明(2月18日)
スポンサーサイト
辺野古の海を土砂で埋めるな! サンゴを壊すな!3.11横浜集会

 沖縄の民意を踏みにじり、辺野古の海に土砂が投入され続ける。沖縄県の再三にわたる行政指導、いくつもの法手続きを無視して、米軍基地建設のために、生物多様性に富んだサンゴの海が壊されていく。こんな無法が、なぜ許されるのか!
  集会では、二月二四日に予定されている「県民投票」直 後の沖縄現地から、報告と問題提起を受ける。またサン ゴの生物学者が、政府・防衛省の「環境保護対策」のウソを暴く。多くの参加を!

日時 3月11日(月)18時半から
会場 横浜市開港記念会館2階6号会議室
最寄り駅 JR関内駅南口10分 みなとみらい線日本大通り駅1番出口1分

お話 ①沖縄からの訴え 高里鈴代さん(オール沖縄会議共同代表、基地・軍隊を許さない行動する女たちの会共同代表)
   辺野古のサンゴは今 大久保奈弥さん(東京経済大学経済学部准教授、サンゴ等海洋生物研究)

資料代 800円
主催 島ぐるみ会議と神奈川を結ぶ会
    代表世話人 仲宗根保(鶴見沖縄県人会元幹事長)  高梨晃嘉(元横浜市議)
後援 神奈川平和運動センター
    基地撤去をめざす県央共闘会議
連絡 090-4822-4798深沢(沖縄講座@横浜)

沖縄講座Ⅱ
チラシ 
宋連玉さん 講演会 S


講演会 3・1独立運動を闘った女性たち

2月23日(土) 18:00~  横浜中央YMCAYMCA(関内駅5分) 501会議室
参加費 800円 (会員500円 学生無料)
講師  宋連玉さん (青山学院大学名誉教授 文化センター・アリラン館館長)
主催  関東大震災時朝鮮人虐殺の事実を知り追悼する神奈川実行委員会
  
連絡先  FAX  045―942―7728
共催  公益財団法人横浜YMCA 一般社団法神奈川人権センター  神奈川県朝鮮人強制連行真相調査団
戦争の加害パネル展

場所  かながわ県民センター(横浜駅西口5分)  1階展示室
日時  2019年2月10日(日)~16日(土) 10:00~20:30
入場無料

パネル
重慶無差別爆撃、南京大虐殺、731部隊、マレー半島侵略、毒ガス戦
日本軍「慰安婦」、朝鮮人・中国人強制連行、沖縄戦と棄民化された人々

 https://xa0007.blogspot.com/2018/12/blog-post_79.html
「成功させる会」シンポジウム・全体会
イージス艦の連続事故と原子力艦の安全性

報告  呉東正彦共同代表

コメンテイター  橋本進(元日本政府中東派遣船船長)
           新倉裕史 (ヨコスカ平和船団)

第2部  10年を振り返り、あらたな10年を展望する

日時  11月23日(祝)午後1時開場 1時30分開会

会場 産業交流プラザ第一研修室
    京急汐入駅前 よこすか芸術劇場ビル3階

資料代  500円

 横須賀を母港としているイージス艦の事故が連続しています。いずれも人為的なミス、コミュニケーション不足が指摘されていますが、9月8日の時事通信は、米議会会計検査院の高官が、横須賀を母港とするイージス艦の事故に関して、下院軍事委員会で次のように述べたと伝えました。「同艦隊の乗組員の4割近くが提起訓練を受けていなかった。任務が増える中で人員が減ったため、十分な訓練時間を確保できなかった。過度な負担や訓練不足が事故につながった可能性がある。
 連続する事故には構造的な背景があると、検査院高官は言っています。狭い浦賀水道で原子力艦が衝突事故を起こしたらどうなるか。関連する事故の調査報告書や、過去の事例から、その危険性を探ります。
 第2部では、これからの取り組みについての意見交換を行います。ぜひ、ご参加ください。

原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会
        046-827-2713  FAX 046-827-2731


  


 

 | ホーム |  前のページ»»